風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS マッカーサーの遅すぎた悔恨

<<   作成日時 : 2009/10/26 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 5 / コメント 22

先日、ネットを閲覧していると、政治ブログ、「日本が好きなだけなんだよ」で、
清水馨八郎著の「侵略の世界史」という本の内容が紹介されていた。

読んでみると、とても興味深く、自虐史観に陥っている人たちには、
目から鱗、衝撃的な内容なので、その一部を下方に貼り付けておく。

しばらく前に、海外の評論家が書いた同じような内容の本(英文)があったと
記憶しているが、残念ながら著者と題名を思い出せないでいる。
[我々は、戦う相手を間違えた!(日本ではなくソ連であった。)という趣旨]


画像



=============================================================
侵略の世界史   〜この500年、白人は世界で何をしてきたか〜
=============================================================

マッカーサーの遅すぎた悔恨
 
マッカーサーの占領政策が、敵対から途中で同盟に大転換したのは、昭和25年に突如発生した朝鮮動乱からだ。日本に自衛隊の創設を認め、防衛の協力者にすることに方針が一変した。朝鮮戦争とは、共産国のソ連と中国が北朝鮮をそそのかし、韓国に侵入させたもので、中ソとアメリカの代理戦争であった。米国はそれまで中ソは連合国側で仲間と考えて、北に対して何の防備もしていなかった。ここで初めて、マッカーサーは、かつて日本が戦った日清戦争、日露戦争を一緒にしたものを、日本に代わって米軍が戦わされているということに気がつくのだ。そしてマッカーサーは、日本の過去の戦争がすべて中ソに対する自衛のためのものであったと、初めて確信するのである。

これを契機に、アメリカ自身も、スターリンの罠に掛かっていたことに気がつくのだ。
これから米ソ対立の冷戦が始まる。米国の真の敵は、日本ではなくソ連だったのだ。せっかくアジアの防共の一大勢力となっていた日本を米国が潰してしまった結果、支那大陸はほとんどすべて共産圏に編入され、朝鮮戦争とベトナム戦争という二つの戦争で、アメリカは、日米戦争以上の数十万人という手痛い被害を受けることになってしまった。朝鮮戦争の反省から、アメリカはサンフランシスコでの対日講会議にソ連の参加を拒否し、日本への賠償要求も放棄したのである。

なぜ当の日本だけが、カラクリに気づかないのか

このように、戦勝国側がその占領政策と東京裁判の非を悟り、さまざまな形で反省や謝罪の意を表しているにもかかわらず、いまだに進駐軍が残していった毒にどっぷりと浸かっているのが、当の日本である。その結果、刷り込まれた自国悪者史観(侵略戦争、植民地支配、戦時中の残虐行為を三本柱とする)を信奉し、謝罪を国是とする世界史上前代未聞の国が出来上がってしまった。しかも左翼マスコミ、進歩的文化人、日教組、左翼政党の“四人組”が、占領政策を改めることをガンとして拒み、偏向を煽動しつづけている。次に、いまだに残る謝罪体制の現実を列挙してみる。

一、 占領憲法が、いまだに一行も改められない。現行憲法は前文で謝罪の言い訳を述べ九条では今後一切「悪さ」はしませんと、世界に誓う償い憲法になっている。
敵が日本去勢化、愚民化を目的として押しつけた毒マンジュウ憲法を守っている限り、毒素は全身を侵し、あらゆる制度が金属疲労を起こすのは当然である。

二、 謝罪外交は戦後一貫して変わらず、近隣諸国に土下座して回っている。独立国家の自尊心をまったく失っている。

三、 ODA、G7で、お前は金持ちの戦犯国だからと煽られ、償いのため世界に金をバラマいている。国の財政は大赤字なのに、借金して恵んで歩く愚かな国だ。

四、 相も変らぬ自衛隊アレルギー、自衛隊いじめ、軍隊、戦争を極度に恐れるのは、謝罪国家としての恭順の姿を示すためである。憲法九条こそ国家を「窮状」に追い込んでいる元凶であることに気がついていない。

五、 GHQ命令による教育の反日化は、今にいたるまで徹底的に守られている。
修身、教育勅語を廃止し、反日は善、愛国は悪という反日教科書のひどさは、戦後一貫して変わらない。

六、 国旗、国歌、靖国神社軽視。首相が靖国神社を満足に参拝できない雰囲気をつくっている。

七、 日本の伝統文化、美俗の否定。家族制度の破壊、日本の心の喪失。

以上挙げた点について、謝罪国家の内側だけでいかに論じ合っても、憲法も反日教科書も永久に改まらない。それらに共通の根のある占領政策の虚構に気付かねば駄目なのである。日本人の心に深く注入された戦争犯罪贖罪意識を払拭しなければならない。キリスト教を信じると、原罪の思想を叩き込まれ、罪の償いの人生を送るように、戦後の日本人も、この戦争犯罪の原罪の虜にされてしまった。その償いのバイブルが平和憲法というわけだから、容易に改正できるはずがない。憲法改正には、原罪から脱する以外にない。

そのためには、原罪が占領政策で捏造された謀略であることに目覚めることである。
昭和27年の平和条約締結直後、なぜこのトリックから、日本は脱却できなかったのであろうか。それは前述の左翼偏向反日革命勢力が、「ゴケン、イケン」を声高に叫びながら占領政策を継承、強化し、反戦平和、反国家主義を貫いて本来の日本に戻ることを、妨げ続けたからだ。さらに「己を責めて、人を責めるな」という農耕民族特有の自責を美徳とする国民性が逆用され、自責を超えて自虐にまで国民を追い込んだのである。

敵を責めず怨まず、自身を責めている限り、米国にとってこれほど安心なことはない。その自虐病も最近では、自滅、集団自殺の末期の症状を見せはじめている。トインビーの「国家の滅亡は外敵より、内敵にあり」を、日本は実証しはじめて、危機の一歩手前にある。さらに悪いことに、占領時代に小中学校時代を過ごし、日教組によって原罪意識を強烈に刷り込まれた昭和二ケタ世代が、国家の中枢を占めるようになったことが、問題をさらにむずかしくしている。日本侵略発言の細川元首相をはじめ、羽田元首相、河野(洋平)、橋本元首相ら、みなこの洗脳された世代である。少し下って菅、鳩山、加藤(紘一)らにいたっては全共闘世代で、侵略と反日を学び、謝罪こそ国際正義と心底思うように飼い慣らされた気の毒な人々である。

西洋人は食肉動物的本性から性悪説となり、日本人は草食動物的で、性善説をとる。西洋人は人を見たら泥棒と思えが常識なのだ。日本では人は善意を示せば善意となって返ってくると考えがちだが、国際社会では通用しない。自責の美徳など世界にはないと知るべきだ。(P286〜P291)


=============================================================


Link:

田母神論 完全版
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_23.html

海の武士道
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_15.html

パラオ共和国と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_25.html

ビルマ独立と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_21.html

インドネシア独立と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_19.html

インド独立と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_18.html

世界から見た大東亜戦争
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_14.html

真実の日本史
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_12.htm



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


 

侵略の世界史―この500年、白人は世界で何をしてきたか (祥伝社黄金文庫)
祥伝社
清水 馨八郎

ユーザレビュー:
ギャグにしては感情的 ...
「鉄砲と十字架」侵略 ...
入門書としてオススメ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた 小学館文庫
小学館
櫻井 よしこ

ユーザレビュー:
ちょっと期待はずれで ...
沢山の人に読んでもら ...
日本人の自虐史観の原 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
小学館
田中 正明

ユーザレビュー:
パール博士でなく著者 ...
A級戦犯とは何か?小 ...
最早、「裁判」という ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



アメリカの鏡・日本 新版
角川学芸出版
ヘレン ミアーズ

ユーザレビュー:
オリジナルを!もうい ...
tu quoque  ...
学校の教材に !アメ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【国家】言葉狩りにうつつを抜かせる平和ボケ(嘲)【戦略】
asahi.comより http://www.asahi.com/politics/update/1026/TKY200910260251.html 戦争っぽい?今風? 「国家戦略局」あなたはどう感じる 2009年10月26日14時29分   鳩山政権が政治主導の目玉にする「国家戦略局」の名称から、どんな印象を受けますか 。軍事で使われる「戦略」が「国家」と並ぶと戦時中の苦い経験を思い出す人もいれば、すでに慣用語化し日本の将来にとって必要な言葉という人も。安易な名付けに、いまだ組織の具体像が定ま... ...続きを見る
サラリーマンやってる猫の一匹集会所
2009/10/26 23:05
戦士の休息・心霊で癒されよう!
 次から次へと話題を振りまく鳩山を筆頭とする便壺残りカス大臣共。  奴等とマスゴミの企む日本売り渡し計画阻止の戦いは、はじまったばかりです。  しかし、戦士?たるもの「休息」も大事。  今日は久々に違う話題を・・・・・。 ...続きを見る
「ゲスナメブログ」の逆襲
2009/10/26 23:55
地域主権と地方分権
民主党は、「地域主権」をうたっている。 ...続きを見る
丹国前向き新聞
2009/10/27 15:35
自衛隊の国際貢献への主体的判断可能な法整備を
25日、菅副総理は、鳩山首相の代理として相模湾での自衛隊観艦式に出席し、護衛艦「くらま」の艦上で訓示した。そしてその訓示で、『わが国の主体的判断と民主的統制の下で、(自衛隊を海外に派遣し、) 国際社会の平和と安定に(積極的に)貢献していくことを望む』と述べたそうである。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2009/10/28 03:46
普天間の結論一つしかない・移設先の見直しなんて有り得ないのに、鳩山や岡田らはどうして結論を出せないの...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2009/10/31 04:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
清水先生、靖国会館でお会いしましたが
とても熱い方です、尊敬いたします。
愛国
2009/10/26 22:57
愛国さん
それは凄いですね!
時間ができたらゆっくり読んでみたいです。
落武者
2009/10/26 23:13
 「平成」とは「平和を成す」ではなく「平和ボケ完成」という意味だと、どっかの書き込みで読んだ覚えかありますが、まさにそうですね。
 「平和ボケ」と「自虐史観」まず、この二つを何とかしないといけませんね。
 森永卓郎曰く「憲法9条は世界で一番美しい憲法」だそうです。
 何を言ってるんだか・・・・・。
 
吉桜
2009/10/26 23:54
トラックバックありがとうございます。やっとできたみたいですがURLにカーソル当てるとエラーで出るのはどうしてでしょうか。今度よろしかったら見てくださいませ。さて、私この本の一番最後の章を読んでいるところです。中々読みごたえのある内容でしたね。
yaegaki姫
2009/10/26 23:57
吉桜さん
本当にそうですね!
以前、討論番組で森永氏の平和ボケには絶句しました。
「世界で一番美しい・・・」と共産主義の宣伝工作に嵌ってます。美しいものは直に朽ち果てるとでも言ってやりましょう。平和ボケと自虐史観を洗脳しているのはマスコミと言えます。
落武者
2009/10/27 00:44
yaegaki姫さん、ようこそ!
「侵略の世界史」も、読んでみたいと思ってます。現在、歴史関連の本、10冊近く未読で買い込んでます。櫻井よしこ氏、田母上氏、平松茂雄氏などなど。最近、やっと入手できた「二つのアメリカの世界戦略」も良いですよ。
落武者
2009/10/27 00:50
こういった記事を読むと、日本人は重症だなぁ・・・と思いますね。

スポーツ政策からも窺える民主党の売国性
http://tanakataisyou.seesaa.net/article/131264951.html

民主党は、「スポーツを国威発揚に利用するな」という“平等主義”的発想の下、オリンピック選手の育成に否定的だそうです。
恐らく、「みんなで健康になろうよ〜アハハハ♪」的な国民体操やマスゲームの普及に努めたいのでしょう。
オリンピック冬の時代到来
2009/10/27 08:23
変な話で申し訳ありませんが、ネット政治欄で90位位に位置する「えんだんじ」さんの、「大東亜戦争は、アメリカが悪い」と言う、6センチほどの本を出して居られます。「砲艦外交」から「大東亜戦争の意義」まで22章、実に見ごたえの有るものです。
文明書では西尾幹二氏の「国民の歴史」も面白いですね。

2009/10/27 10:56
歴史にも政治にも興味の無い人が日本にはたくさんいますからね・・・。
本来なら学校の教科書で教えてもらいていもんですが・・。
黒猫
2009/10/27 12:51
オリンピック冬の時代到来さん、ようこそ!
スポーツ・ライターも反日でしたか・・・。
日本はのっぴきならない状態ですね。
落武者
2009/10/27 13:10
猪さん
早速、「えんだんじん」さんのブログを拝見しました。ご紹介ありがとうございます。
今度、引用させて頂きます。
落武者
2009/10/27 13:17
黒猫さん、以下ご参考まで。
川口ユディ氏×田母神敏雄氏の対談:
ハンガリー出身の川口ユディさんの発言。
『(中略)戦後教育の日本人は大体の場合、日本の歴史知らないですよね。私もハンガリー生まれだからそういう左翼系の教育に敏感です。主人以外の日本人に会うたび、「あれ?日本は社会主義かな」と思ってた。ハンガリーの教育もソ連(当時)でしょ、だからダメ。歴史は親とかおじいちゃんおばあちゃんから勉強しました。ハンガリー人はそういう人多いから、学校で教える歴史は嘘だってみんな知っている。
日本に来て、テレビを見てびっくりしました。
日本人が作っている番組とは思えなかった。
「これ、中国が作っているの?」そう思いましたよ。
それくらいアンチ日本に感じた。
ハンガリー人の知人が来日したとき、同じこと言っていた・・・。』
引用元:http://tanakataisyou.seesaa.net/article/130424007.html
落武者
2009/10/27 15:11
ユディさんのブログ、拝見しました。
日本人は真面目だから、学校の先生や教科書や新聞、テレビなどがウソを言うはずがない、と信じますね。
一番初めに言った人は、ウソとわかった上で言っているはずですが、それを聞いた人は、そのウソを真実と思って信じ、それを他の人に話して・・・、というわけで、今の日本人の多くは、ウソを真実と思い込んでいるわけですね。マインドコントロールされていますね。
黒猫
2009/10/28 10:22
黒猫さん
そうですね。櫻井よしこ氏の「眞相箱の呪縛を解く」を見ると、戦後の混乱で食うか生きるかの最中、GHQが巧妙に仕組んだWGIPにより、GHQが書いたラジオの脚本(シナリオ)通りに、日本人少年を使って洗脳しつづけた、とあります。
落武者
2009/10/28 11:34
清水先生は、むかしお会いしたことがあります(勿論皆の中で)。まだ、お元気なのでしょうか。立派な、ぶれない方ですね。時間があれば読んでみたいです。
秋桜
2009/10/28 16:05
秋桜さん、こんにちは!
そうですか。皆さんいろいろ講演会とか参加されているのですね。Youtubeで検索すると清水先生の動画がありますね。
落武者
2009/10/28 16:30
dam女史の所から飛んできました。

当時の米国政府は民主党政権でしたからスターリンの
「駆虎呑狼の策」にハマってしまったのは歴史の必然
と言えるでしょうなあ。逆に言えば素早い日本復興の
原因がそこにあったと言えます。
abusan
2009/10/29 08:57
abusanさん
当時、民主党ではなく共和党であったなら、日米開戦には至らなかっただろうと言われていますね。
落武者
2009/10/29 10:03
戦後体制の打破!
coffee
2009/10/31 04:00
coffeeさん、同感です!
落武者
2009/10/31 04:03
米国が建国当初の「美風」を保有し続けていたならば近代史はどんなにか変わった物になっていた事でしょう。

米国が富める上にもさらに「富み」を求め始め・・・。
貪欲な国家、覇権国家へと変貌して行った事は日本にとっては無論、世界的にみても不幸な出来事のように思えます。

我が国は戦後七十年近くになる今も自虐史観にどっぷりと浸かり、性悪の特亜には蔑まれ、金銭を絞られ続けて・・・。
この構図は私たちが余程頑張らないとオーバーな言い方ですが「未来永劫」続く事でしょう。

一刻も早く、憲法改正そして自衛隊を世界レベルの軍隊とし、我が日本国は正真正銘の「独立国」にならなければなりません。せめて私たちの眼の黒いうちに我が日本国を「その緒」に付けたいものです。
せーちゃん
2011/10/31 22:20
せーちゃんさん
同感です。
日本国民は早く気づかねば手遅れになります。
落武者
2011/11/01 00:42



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

マッカーサーの遅すぎた悔恨 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる