風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史は勝者によって作られる

<<   作成日時 : 2010/04/30 23:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 4 / コメント 6

今回も、清水馨八郎著の『侵略の世界史』から、引用してみよう。


画像



=============================================================
              侵略の世界史 (P57 〜 P59)
=============================================================

歴史は勝者によって作られる

事実として生起した過去の歴史は一つであっても、ある時間を経過した後世から記述された歴史は、書く者の立場や意図によって様々に変化するのもやむをえないことである。

書かれた歴史は一つではなく、多様であることを知ることが、まず大切である。

同じ物でも、表から見るのと裏から見るのとでは異なるように、右手からと左手から、近くからと遠くから、昼間と夜間とでは、明らかに異なって見える。

マルクス主義者の赤いガラスのメガネで見れば、殺人もウソも粛清もすべて善となって見える。

白人の白塗りのメガネで見れば、インディオ抹殺の赤い血も白く見える。それはキリスト教の神へささげる聖なるイケニエとなって、何の罪の意識も感じなくなるのである。

歴史はダブルスタンダードで見られているのである。このように同じ歴史事象でも、対立する国家間では正邪、善悪が全く相反することがある。

独立国の歴史は、国益中心に自己解釈権があるからである。

たとえばアメリカの初代大統領ワシントンは、米国史の上では最高級の英雄であるが、イギリスの教科書では、英国から植民地を奪った反逆者に位置づけられている。
   
また伊藤博文は四回も首相になった明治の元勲中の元勲だか、韓国の歴史では博文をハルビンで殺したテロリストの安重根を祖国の英雄に祭り上げ、伊藤博文は悪党にされている。

また、百年戦争でフランスを救ったオルレアンの乙女、ジャンヌ・ダルクは、フランスでは救国の英雄なのに、敵国のイギリスでは悪魔の化身、異端であるとして断罪し、火あぶりの刑が当然とされている。


求められる日本人主体の歴史観

昔から戦争では、「勝てば官軍、負ければ賊軍」にされることが当然のように繰り返されてきた。勝ち誇って乗りこんできたマッカーサーは、不当な東京裁判で軍人を戦犯として裁いただけでなく、日本の文化や歴史まで裁してしまった。

マ元帥は、日本去勢化の武器として歴史を歪曲し、傷つけてしまったのである。その東京裁判史観が、その後の日本社会を、青少年の教育を、どれほど深く傷つけたか、はかりしれない。

われわれは、一刻も早くこの作為による「騙し」の歴史観から目覚めなければならない。

今やっと民間から歴史教科書を正す運動や、歪曲された歴史の修正運動か起こってきたのは喜ばしい。同じ運動は、日本歴史だけでなく世界史の分野でも起こらねばならない。

世界史もまた、ヨーロッパ白人中心の西洋至上主義の著しく片寄った歴史観で貫かれているからである。
 
以上、見てきたように、一口に歴史と言っても、なかなか一筋縄でいかない厄介なものである。その歴史観となると国の数だけあり、百人百様である。

だから韓国の歴史認識と日本のそれを一致させることなど、できるはずかない。

それよりもまず、われわれは、謀略的な東京裁判史観を取り払い、次に当然のこととして歴史の主体性を取り戻し、自国の歴史をわれわれの手で書くことが焦眉(しょうび)の急である。



=============================================================
 
 

Link:

原爆より被害甚大な自虐史観 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_17.html

勝者の論理を押しつけられた歴史 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_16.html

マッカーサーの遅すぎた悔恨 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_21.html

捏造された南京大虐殺 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_24.html


 
報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


 
    


    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
電凸!画題「鮮人」差別的と抗議された愛知県美術館が「不適切な表現があります…」とただし書きを掲示・更...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2010/05/01 11:45
日本人よ勇気を持て!日本は中国に負けたことがない
中国は日本を現在進行形で侵略している。だが、恐れることはない。なぜならば日本は中国に負けたことがないからだ。日本を代表する愛国者の櫻井よしこ氏は語っている。「戦争に負けたのは事実だがそれは相手がアメリカであっただけ。中国には負けていない」と。 まったく.. ...続きを見る
愛国を考えるブログ
2010/05/01 22:41
日本語が不自由な鳩山総理大臣。 日本の端っこでユウアイを呟いた、奇人。
「私がお邪魔するか、先方が(首相官邸に)お邪魔していただけるか」鳩山総理大臣。視察先の熊本県八代市内で記者団の質問に答えた、鳩山総理大臣の発言です。 ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2010/05/05 09:16
米軍と日本つないだ竹宮さん死去
ミズーリ号での通訳を起点に、戦後の半世紀にわたって米軍で28人の司令官を補佐した竹宮帝次さんが死去しました。 5月3日付けで朝刊に原稿を出しましたが、竹宮さんのことを多くの方に知ってほしかったのは、普天間が大きく報じられているからでした。 日本と米軍の間で「縁の下の力持ち」の存在だった竹宮さんの半生を追うと、いま何が欠けているのかよく分かる気がします。 米軍の方たちは、竹宮さんが空母ミッドウェーの日本母港化が難航したとき、地元の説得にあたったことをよく指摘なさいます。 私自身は、横須賀通信部で取... ...続きを見る
東京中央郵便局を考える
2010/05/06 11:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、古代からの歴史です。特に大陸などは全権力者は全て消されてしまいます、日本では前権力者の造営物などが残されている稀な国です。
日本人も早くこの事に眼を向けて「東京裁判」など架空のモノとして見るべきでしょう。戦勝国の人間ばかりの裁判で裁判の値すらない事を知るべきです。
裁判の始まった「日」、判決を受けた「被害者」が死刑を執行された「日」だけを見ても復讐劇、アメリカの最大の汚点でしょう。

2010/05/01 10:23
それでも日本は事実と真実を主張し続けなければなりません。
自民党や民主党では駄目です。
新風を応援しましょう。
coffee
2010/05/01 11:44
猪さん
最近は、中国へ留学し、中国語と中国文化を学ぶ純粋な日本人の若者が多いそうです。しかし結果として、日本が中国と付き合うには、「歴史を真摯に受け止めないとならない」などと、中国の歴史観を洗脳されてしまうようです。残念ながら自虐史観に歯止めがかからない状態です。
落武者
2010/05/01 12:18
coffeeさん
いつもランクリありがとうございます。
真の保守政党が沢山たちあがって欲しいです。
落武者
2010/05/01 12:19
共和党のマッカーサーというより、周りを固めていた民主党の所為だとは思うのですが、マッカーサーも軍人で思想的にはよく分からなかったのでしょうね。マッカーサーも途中から強い日本の必要性が分かったようですが、遅かったのでしょうか?朝鮮動乱でも強硬に共産党殲滅に動きたかったようですが、司令官を辞めさせられてしまいましたからね、東アジアも共産化されてしまったのでしょうね。
私も、歴史は冷静に、しかし、正しいと思う事ははっきり主張すべきと思います。
秋桜
2010/05/01 13:27
秋桜さん
マッカーサーの日本占領当初は、民主党政権であり、その後、共和党へ変わりました。日本にとって、米国民主党は反日思想が強く、いつも日本は酷い目にあわされるようですね。マッカーサーの遅すぎた悔恨
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_21.html
もご参照ください。
落武者
2010/05/02 13:05



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

歴史は勝者によって作られる 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる