風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人よ、ありがとう!

<<   作成日時 : 2010/12/25 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 10 / コメント 12

1989年、クアラルンプールにて元マレーシア上院議員のラジャー・ダト・ノンチック氏が語った言葉がある。

最近、ブログ「ねずきちの ひとりごと」で紹介されていたので、当ブログでもエントリーすることにした。

ラジャー・ダト・ノンチック氏は、大東亜戦争中に南方留学生として来日、陸軍士官学校、東京帝国大学等で学ばれて、戦後はASCOJA(ASEAN元日本留学生評議会)の初代会長、マレーシア元上院・下院議員、ASEAN設立などでご活躍された方である。



≪日本人よ、ありがとう!≫

かつて日本人は清らかで美しかった。
かつて日本人は親切でこころ豊かだった。
アジアの国の誰にでも自分のことのように一生懸命つくしてくれた。

何千万人もの人のなかには少しは 
変な人もいたしおこりんぼや、わがままな人もいた。
自分の考えを おしつけていばってばかりいる人だっていなかったわけじゃない。

でもその頃の日本人はそんな少しのいやなことや不愉快さを越えて、
おおらかでまじめで希望に満ちて明るかった。

戦後の日本人は自分たち日本人のことを悪者だと思い込まされた。

学校も ジャーナリズムもそうだとしか教えなかったから、
まじめに自分たちの父祖や先輩は悪いことばかりした、
残酷無情なひどい人たちだったと思っているようだ。

だからアジアの国に行ったら、ひたすらペコペコあやまって、
私たちはそんなことはいたしませんと言えばよいと思っている。

そのくせ 経済力がついてきて技術が向上してくると
自分の国や自分までがえらいと思うようになってきて、

うわべや口先では済まなかった悪かったと言いながら、
ひとりよがりの自分本位のえらそうな態度をする。

そんな今の日本人が心配だ。

本当にどうなっちまったんだろう日本人は。
そんなはずじゃなかったのに。

本当の日本人を知っているわたしたちは、
今はいつも歯がゆくてくやしい思いがする。

自分のことや自分の会社の利益ばかり考えて
こせこせと身勝手な行動ばかりしているヒョロヒョロの日本人は
これが本当の日本人なのだろうか。

自分たちだけで集まっては、自分たちだけの楽しみやぜいたくにふけりながら、
自分がお世話になって住んでいる自分の会社が仕事をしているその国と
国民のことをさげすんだ眼で見たりバカにしたりする。
 
こんなひとたちと本当に仲良くしてゆけるだろうか。
どうして、どうして日本人はこんなになってしまったんだ。

by ラジャー・ダト・ノンチック 1989年 クアラルンプールにて



参考URL:

ねずきちの ひとりごと
[ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員の言葉]
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1109.html

歴史の一頁
[MALAYSIA]
http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page006.html


-------------------------------------------------------------


またラジャー・ダト・ノンチック(元上院議員)は、こんなことも語っている。


「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育をおこなってくれたのです。」


「世界史の中で、大東亜戦争くらい「正しい戦争」はなかった。アジアから、欧米勢力を追い払う戦争のどこに間違いがあるというのか。間違いがあるとするなら、日本人がこの理想を否定することである。ユダヤ民族は二千年の亡国の中にあっても、民族の理想を失わなかった。大東亜戦争は今も継続していることを忘れないでほしい。」



ラジャー・ダト・ノンチック作詞 
田中舘貢橘作曲 

一、みずからもひもじい時に配給の
わずかなパンを持ってきてくれた乙女ら 
ああ日本は美しかった
真白き富士の気高さと
歌う黒髪瞳清らか 

二、空襲のサイレン鳴れば真っ先に
僕らを壕に案内してくれた若者 
日本人はひたむきだった
アジアの為の戦いに
力尽くして彼等は散った 

三、戦いに敗れた後の生きるすべ
あてない街で励ましてくれた友らよ 
日本人は親切だった
独立のため生き抜けと
握り合う手に涙こぼれた 

四、あの頃は苦しかったがアジアには
平和おとづれ民はみな祖国を持った 
ああ日本の若人たちよ心を継いで
あたたかく共に栄える明日に進もう 
ああ日本の若き友らよ
心と心結び合い
豊かなアジア共に築こう
 


=============================================================


日本人よありがとう (マレーシア元上院議員・ラジャー・ダト・ノンチック)
http://www.youtube.com/watch?v=WrUHchsWwkg



日本人よありがとう
http://www.youtube.com/watch?v=abQKrx61A-A



大東亜戦争の真実
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0



=============================================================


ネットで検索していると様々な情報が飛び込んでくる。今回、ラジャー・ダト・ノンチック氏で検索をしている時に見つけたサイトも貼りつけておこう。


-------------------------------------------------------------

アメリカの青年詩人 コーエン氏

敗戦直後に近い1948年、アメリカの歴史学の権威である、チャールズ・ビアード博士は、米国の公式資料に基づいて「ルーズベルト大統領と第二次大戦」という著書を発表した。この中で、博士は、日米戦争は、好戦大統領のルーズベルトの周到な準備で日本を挑発し、仕掛けた謀略、つまりアメリカの侵略戦争であることを痛烈に告発しています。日本は「騙まし討ちという騙し」にのせられていたことが明白、アメリカ国民も日本国民も同時に騙していたのだ。

戦後、アメリカの青年詩人コーエン氏は、このビアード博士の本を大学の図書館で読んで仰天、大統領が戦争を仕組み、無実の日本の指導者を処刑したことに心から詫びたいと来日して、絞首刑場跡の、巣鴨処刑場の記念碑の前で次の詩を書き残しました。

「ああ、アメリカよ、法を曲げ、正義を踏みにじった! 
ジョージ・ワシントン、アブラハム・リンカーン
今や 黄泉(よみ)にて、汝の非道に、涙す」



戦後メディアや左翼が無視したこの事実
http://www.ncn-t.net/kunistok/daitoasensohyoka.htm


-------------------------------------------------------------

終戦五十周年国民委員会編「世界がさばく東京裁判」(ジュピター出版)の中に、アメリカの詩人、ウェン・コーエンの言葉が紹介されているところがあります。

彼は、大学に入って図書館でたまたまアメリカの歴史学の権威であるチャールズ・ビアード博士の、『ルーズベルトと第二次世界大戦』を見つけて読んだところ、それまで日本が一方的な侵略国と教えられてきたのが嘘であることを知り、目の覚めるような思いをしたそうです。

その後、彼は日本人の「A級戦犯」が処刑された処刑場跡を訪れ、「ルーズベルト大統領が勝手に戦争を仕組み、日本に押しつけた事を知り、仰天の思いであった。アメリカが無実の日本の指導者を処刑してしまったことに対し、一アメリカ人として心より日本人に詫びたい。日本に行ったら、是非とも処刑場跡を訪れ、処刑された人々の霊に詫びたいと思っていたが、今日それが実現できて、大任を果たした思いである」と語ったそうです。

さらに、「世界がさばく東京裁判」によると、「アメリカにおける東京裁判批判の決定打となったのは、歴史学の権威であったチャールズ・ビアード博士が1948年アメリカの公式資料に基づいて『ルーズベルト大統領と第二次世界大戦』なる著書を発表したことであった。博士はその著の中で戦争責任を問われるべきは日本ではなく、ルーズベルト大統領だと訴えたのである」、「アメリカの要人たちもビアード博士が学界の権威であるだけに弁解の余地もなく、『もしそうなら、戦犯も追放もあったものではない。アメリカから謝罪使を送らねばなるまい』と言う者や、『いまさら謝罪もできないから、この上は一日も早く日本を復興させて以前に戻してやらねばならぬ』と言う者もあったという」と書いてありました。



日米開戦の真相
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/F15.htm


=============================================================



Link:

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html

日本には侵略戦争はない  清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/201005/article_7.html

歴史は勝者によって作られる 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_18.html

原爆より被害甚大な自虐史観 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_17.html

勝者の論理を押しつけられた歴史 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_16.html

マッカーサーの遅すぎた悔恨 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_21.html

捏造された南京大虐殺 清水馨八郎著『侵略の世界史』
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_24.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!





大東亜戦争を見直そう―アジア解放の理想と花開く武士道物語
明成社
名越 二荒之助

ユーザレビュー:
どうしてこれを教えな ...
オーストラリアの海軍 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
小学館
田中 正明

ユーザレビュー:
パール博士でなく著者 ...
A級戦犯とは何か?小 ...
最早、「裁判」という ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く
文藝春秋

ユーザレビュー:
歴史は一つの流れとし ...
もっと広まってほしい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



アメリカの鏡・日本 新版
角川学芸出版
ヘレン ミアーズ

ユーザレビュー:
オリジナルを!もうい ...
tu quoque  ...
学校の教材に !アメ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
AKB48に弱いというシナ?これも中共工作員の自作自演です!
AKB48に弱いというシナも、中国共産党工作員の自作自演です! ...続きを見る
愛国の煙草
2010/12/26 01:58
浅田真央を貶めたフジTVが今度は浅田真央を応援?・世界選手権の代表選考会兼ねた全日本選手権・真央に復...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2010/12/26 06:51
民主党プロレス、小沢の空手形チョップを見よ!
昔、プロレスと云えば、力動山でした。毎試合、最初のうちは外人組にいいようにやられるけれど、後半、突如として怒り爆発。そして得意の空手チョップで反撃して、相手をブチ倒しちゃいました。日本中が熱狂し喝采したもんです。 その力道山、最後はナイトクラブでヤクザに刺されて、あっさり死んでしまいました。闇社会とのどろどろした付き合いや金銭トラブルもあったとか。力道山は世界一強いと信じていた子供達にとって、なんだかとても悲しく寂しい幕切れでした。 さて、自ら一兵卒と称し不自然に謙虚だった小沢さん、ついに反撃に... ...続きを見る
愛国画報 from LA
2010/12/26 10:22
「シナが入れば気分を害する」について
「シナが入れば気分を害する」について ...続きを見る
愛国の煙草
2010/12/26 17:13
おかげさまでシナが御理解いただけた。
反論すら出来ず、日本の礼節もわきまえず年の瀬に縁起の悪しきことばかりをのたまわり、挙げ句には、「同化」という本音が見え隠れするシナ。 ...続きを見る
愛国の煙草
2010/12/26 22:22
続きだ東京都青少年の健全な育成に関する条例改正その4
上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 今年の技能五輪↓ ...続きを見る
東京のばかやろーブログ
2010/12/27 01:05
もうなんでもありだ。
>もともと与謝野氏は「たちあがれ日本を民主、自民両党の接着剤にしたい」との思いがある。民主、たちあがれの両党が連立を組めば、大連立構想はさらに現実味を帯びる公算が大きい。 ...続きを見る
愛国の煙草
2010/12/27 05:13
[速報]民主党、西東京市議会選挙で惨敗
わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。民主党が西東京市議会選挙で惨敗した。msn産経ニュース/菅首相の地元、西東京市議選で民主惨敗 過半数が落選、政局に影響http://sankei.jp.msn.com/politics/election/101227/elc1012270155000-n1.htm<引用開始> 来春の統一地方選の前哨戦となる東京都西東京市議選が26日投票、即日開票された。菅内閣の支持率低迷を反映して、茨城県議選などで連敗した民主党は27日午前1時半現在、公認候補7人の過半数の... ...続きを見る
愛国学園 So-net分校
2010/12/27 08:49
来年こそは、報道しない事実によって情報操作してきたマスコミに致命的な打撃を与えようではないか!
今回は拙ブログの定番メニューとなっている、主要新聞社における不報道実績一覧(更新分)を半年ぶりに発表させていただく。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2010/12/27 14:58
「社会が悪い」という発想の根底には左翼思想がある
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 @武士道とスポーツ A丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち B歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない C戦争… ...続きを見る
日本の狂った反日スポーツライターたち
2010/12/28 23:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
>ユダヤ民族は二千年の亡国の中にあっても、民族の理想を失わなかった。

■非情かもしれませんが、沢山を生かすには沢山をあやめなければならないのです。

>大東亜戦争は今も継続していることを忘れないでほしい

■この一節につきます。まさに今も戦闘中です。

阿南龍子
2010/12/26 02:08
阿南龍子さん
いつもどうもです。
なるほど、そういう考え方もありますか。
戦後の日本は情報戦争で完敗してますね。特に米ソの冷戦が終焉して、日本も油断した途端に共産主義勢力と特亜の工作員にヤラれっぱなしという感じです。
落武者
2010/12/26 02:17
私は来年50歳です。私の代は完全に騙された歴史、いわゆる自虐史観教育により真実を塗りつぶされています。このような嘘八百の歴史を次世代に継がせることは犯罪です。私の代で正しゆかねばなりません。

自分(ユダヤ=真の日本民族)らは、次世代のことを考えて生きています。自分のことなどは、どうでもいいのです。次世代、子孫らを生きやすくしてこの世を去ります。

ややも早いかもしれませんが、今年はお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。

阿南龍子
2010/12/26 02:37
阿南龍子さん
私も同世代なので、米国製の日本史を学びました。一番酷かった年代は、団塊の世代だと言われていますが、それはまさに今の政権の中枢にいる人たちなのです。特に成績が優秀だった人たちは学校で習った歴史を信じて疑いません。沢山の正しい歴史の本が出版され、終戦直後にGHQによる発行禁止本でさえ、翻訳されて読めるようになりました。しかしながら占領軍なき占領が今も続いているようです。
落武者
2010/12/26 02:49
>特に成績が優秀だった人

話が逸脱しますが、この成績というのも全員ではないにしろ、一部ではありますが、先生という名の一部の詐欺師たちが、かなりの数をごまかしています。自分らの都合の良いように社会を創りました。ソースはいくらでもあります。受験シーズンになって急に成績が良くなった者などがそれです。成績が良くなった理由として、家庭教師を雇ったなどという誰しもが信じるに足りる理由付けがされています。

真実は一つです。おっしゃるとおり進駐軍が一番よく知っていると思います。
阿南龍子
2010/12/26 03:29
私のブログにも、「日本人よ、ありがとう」を掲載しています。
ランクリ
coffee
URL
2010/12/26 06:47
近隣諸国条項が最大の原因です。中・韓は嘘の歴史を教えても良い、日本は本当の歴史を教えると中・韓は都合が悪いから「抗議出来る」、日本は本当の事を教えるべからず・・マスコミ御注進ルートで遮断。

2010/12/26 10:01
世界史の中で、大東亜戦争くらい「正しい戦争」はなかった。
アジアから、欧米勢力を追い払う戦争のどこに間違いがあるというのか。
間違いがあるとするなら、日本人がこの理想を否定することである。

・・・日本人は否定しているのではなく、否定したいのでもなく、否定させられたのです。
そして今もずっと否定させられているのです。
でも私たちの世代でこれを終わらせなければなりませんね、次世代のために!
黒猫
2010/12/26 16:15
阿南龍子さん
戦後の日本は、マスコミ、政治、司法だけでなく、教育も左翼・共産主義者に乗っ取られてしまったと言われています。平和ボケの元凶は、左翼教師による教育だと思います。
落武者
2010/12/27 20:45
coffeeさん
貴ブログも拝見させていただきます。
落武者
2010/12/27 20:46
黒猫さん
本屋へ行けば、GHQが発刊禁止にしていた書物の多くが、すでに解禁となっているのに、日本のメディアは、その真実の歴史を一切報道しません。いつまでも戦勝国に都合のよい歴史ばかりです。最近はやりの池上章の番組も自衛の戦争であったという肝心な点や真実を全く報道していません。
落武者
2010/12/27 20:49
猪さん
今日も今日とて、NHKは捏造された自虐史観を放映し続けています。
落武者
2010/12/27 23:01



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

日本人よ、ありがとう! 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる