風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 支那・中国共産党の本質

<<   作成日時 : 2011/03/04 21:09   >>

驚いた ブログ気持玉 35 / トラックバック 16 / コメント 2

「政権は銃口から生まれる」と語った毛沢東。

日本の媚中・左翼マスコミは、中国の光の部分ばかりを報じて中国共産党の一党独裁による闇の部分は報道せず、そのため日本人は、中国が特異な国家であることをあまり意識していない。

マスコミが報道しない中国の本質と闇の部分を、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』から紹介しよう。



=============================================================
    『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』 (P370 〜 P372)
=============================================================

中国共産党の本質

さて911テロ降マスコミでは「これからは国家と国家の戦争ではなく、国家とテロ組織との戦争の時代だ」などと論評している。しかし反米テロ組織とは、中共を筆頭にイエメン・イラク・シリアその他の反米国家が援助し育ててきたものであり、テロの背後には結局のところ国家というキーワードが存在している。

1970年代、ニカラグアのサンディニスタ極左革命軍やパレスチナのPLO、英国のIRA暫定派など、反米英・反イスラエルのテロ組織に莫大な資金協力と武器援助を行ってきたのもリビアを始めとするアラブのイスラム教国だ。

カディロフ大統領を爆殺したチェチェン独立運動は、アルカーイダと連携しているのみならず、背後には中共の影がチラチラと見え隠れしている。

人類における「単位」は、今後もやはり国家が基準となり続けるのだ。そして国家とはそれぞれの文明を有しており、決して相容れない文明同士は世界のグローバル化によって対決を余儀なくされる。

グローバリズムを推進する国際ユダヤ資本と(米国)民主党政権のツケを、アイソレーショニズムを掲げる共和党政権が払わさせられることになったのは、実に皮肉な巡り合わせと言えよう。

そしてその文明の衝突の中で、アメリカに軍事的に正面から対抗する意志を保持する唯一の国が中共なのだ。

1960年11月にモスクワで聞かれた「共産党・労働者党81ヵ国代表者会議」において、中共は「人民戦争万歳」という論文を発表し、「核戦争たる第三次世界大戦は避けられず、その大戦で人類の半分は死滅するだろうが、共産主義はその廃墟の上に人類の美しい未来を築けるだろう」と力説している。

この中共のあまりの好戦性には、さしものソ連でさえも驚き、フルシチョフは「危険な」中共に対する核開発技術供与を拒否したぐらいだ。

これが中共という国家の本質、日本がペコペコと謝罪しながら莫大なるODAを献上することで核ミサイル増産を支援している中共という国の本質なのだ。

そして本格的な米中軍事衝突が起こったとき、もし中共が核を使うとすれば、その対象は米本上ではなく確実に日本に対してである。

共和党首脳の問で話題になっている『THE CHTINA THREAT』という書籍があり、ブッシュも熟読したそうだが、この本には1999年8月1日に中共人民解放軍政治局が作成した極秘文書のリーグ内容がレポートされており、「中共は本格的にアメリカとの戦争準備を進行させており、日本に対する核攻撃も選択肢の一つとされている」と解説されている。

米中ともに核大国であり双方の核が互いの主要都市に照準を向けている以上は、米ソ冷戦と同様に米中の直接戦争はありえないであろうが、中共が日本や台湾に対しての核攻撃をふくむアジア戦域限定核戦争を起こす可能性は十分にあるのだ。

1981年10月にレーガンは「欧州での限定核戦争は起こり得る」と声明したが、ソ連崩壊と中共台頭に伴う2004年現在、私は「アジアでの限定核戦争は起こり得る」と強調しておきたい。

中共が世界覇権を求めアメリカはそれを抑えようとして、アメリカと中共衛星国との代理戦争は今後も必ず起こるであろう。

前述のように日本とインドは米中双方から引っぱられている。韓国はすでに中共陣営に加わった。2004年4月の韓国総選挙で圧勝した与党ヨルリンウリ党の議員を対象にしたアンケートでは、「韓国にとって重要な国は」との設問に対し、第一位は中共で63%、それに比して米国は23%(ちなみに日本は2%)であった。

またASEANは中共と欧米の双方に対して不信感が強いが、頼みの日本が中共に尻尾を振っているから自動的に中共寄りにならざるを得ない。一方、米国(共和党)は、中共抑止のために日本の軍事的自立を望み、台湾への軍事支援を増大させている。

さらに米国はモンゴルとも軍事提携を進め、モンゴル軍は米国がタイやフィリピン等と合同で毎年実施している軍事演習「コブラーコールド」に2004年8月から参加する。アメリカと中共のパワーゲームは水面下ですでに激しく動いているのだ。

日米離反を国際戦略の基軸とする中共は、前述のように1997年10月の江沢民の訪米直前にアメリカ国民へ向けて「日本軍国主義が復活している。日本を警戒せよ」とコメントし、訪米の最初の訪問地に真珠湾を選んだ江沢民はクリントンの横に並んで「我々は共に日本と戦った戦友国だ」と演説した。

ところがこれらの江沢民発言に対して日本人以上に憤ったのが実は共和党であった。中共は建国以来実に17回も周辺諸国に戦争を仕掛けた好戦国家であり、数百発もの核ミサイルを保有する軍事大国であって、ありもしない「日本軍国主義」などと口にできる立場でさえない。

さらに市場経済導入後の中共では、もはやマルクス主義では13億人をまとめることができず、共産党の一党独裁のために排他的ナショナリズムを煽り続けている。排他的ナショナリズムには必ず敵国が必要だが、それが日米両国だというわけだ。

それに加えてアメリカは朝鮮戦争やベトナム戦争では中共の敵として戦ったわけであるから、「リメンバー・パールハーバーと言えばよい」という江沢民のあまりにも「アメリカ人は単純だ」となめきったような日米離反目的のスピーチに共和党は憤ったのだ。

また1996年には中共人民解放軍の副参謀総長の熊光楷が、クリントン政権のフリーマン元国防次官補に対して「中国はこれまでアメリカの核の恫喝に耐えてきたが、もはやひれ伏すつもりはない。もし米国が台湾海峡での内戦に軍事介入して、台湾解放(中共による台湾占領)を阻止するのであれば、ロサンゼルスを核攻撃できる。台北を護るためにロサンゼルスに核ミサイルが落ちていいのか」と述べている。

これは北朝鮮がよく用いる脅し文句に酷似したものだが、これを聞いたブッシュやラムズフェルドなど共和党保守派の面々は「中共だけは許せない」と激怒した。

その二年後の1998年3月3日、ラムズフェルドはその講演で「中共は(歴史カードを使って)日米同盟関係を弱体化させ、台湾を脅し、イランやその他のテロ国家に武器供与している。21世紀の最大の脅威は中共だ」と述べている。

また、クリントン政権が中共市場に幻惑されたのに対し、ブッシュ政権のゼーリック通商代表は2002年10月8日に「我々の中共に対する政策は、クリントン時代とはまったく変わった。安全保障は通商利益よりも優先される。中共の脅威とは対決しなければならず、中共の脅威から顔をそむけてはならない」と述べており、まさにこれが共和党保守派の対中観なのである。(※2010年現在、媚中・反日の民主党オバマ政権)

現在も中共はイラン・シリア・スーダン・北朝鮮等に対してミサイル関連技術や核物質を供給しているが、2002年7月の米国防総省レポートには、元北京駐在米陸軍武官の報告として「中共は兵器や軍事技術の供給によって、これらのならず者国家を取り込み、反米親中陣営を世界に構築しつつある」と明記されており、また「アメリカに敵対するテロ支援国家とアメリカ国民を標的としているテロ組織に対し、中共からの武器・技術の輸出が継続している」とも記されている。

つまり今後行われる戦争は、「米国とその同盟国」対「中共と反米親中陣営」との戦いの図式なのだ。それは911テロのわずか一週間後に中共がタリバンにSA7ミサイルを提供していたことでも明らかであろう。

イラクヘのハイテク軍事技術や核技術も中共が供与していたことから、アフガニスタンもイラクも広義の意味において米中代理戦争と考えることも可能である。しかし私の知る限り、この観点に立って言及した国内の論評は一つもない。

さて共和党が真の主敵として警戒する中共に対抗し抑止するには、イギリスでは距離的に遠すぎる。インドは核を保有し巨大な人口を擁していても、現時点では親米国家とは言い難く、先進国ではなく通常軍事力も経済力も弱い。

つまりアジアで中共の覇権大国化を阻止できる国は、日本一国しか存在しないのだ。

かつて日本は、ロシアにもシナ(清)にも戦勝し、大東亜戦争でも東南アジアに駐留する欧州諸国軍を次々と打ち破り、戦争の前半はアメリカとも互角に戦った。そして敗色濃くなっても、なお「敗北が分かりながらも、日本車は攻撃の手をゆるめなかった。玉砕という名の全滅を覚悟していた」(J・トーランド)。

1976年のネパール国王即位式で英国代表として出席していた元イギリス東南アジア連合軍総司令官マウントバッテン元帥(後に英軍参謀本部議長)は、同席した皇太子殿下(今上陛下)に対して「日本軍将兵は、その忠誠心、勇敢さ、規律の厳正さにおいて、世界史上類例のない精強な軍隊でした。このような素晴らしい軍隊は、今後いかなる国にも生まれることはないでしょう」と述べている。

また日本の真珠湾攻撃の報を受けたヒトラーが「我々には、2000数百年間一度も破れたことのない国が味方について参戦した」と大喜びし、それまで米国の挑発には絶対に乗らなかったにも関わらず、日本を過信するあまりにドイツにとって極めて不利な対米宣戦布告に踏みきってしまったという逸話も残っている。

「学生の頃、日本海海戦の日本の勝利を聞いた私は歓声を上げた。それ以来、私は日本に対して特別な感情を待った」と述べていたヒトラーにとって、日本の参戦は最強の援軍にように写ったのである。実際、いざ戈を取った日本軍はわずか半年で地球上の十分の一を占領する強さを世界に示した。

そして戦いの後半ばほぼ全世界を相手にしつつも、実に3年8ヵ月もの長きに渡り、その武勇の凄まじさを人類史に刻みこんだ。日米の戦いは、西のチャンピオンと東の横綱の戦いだったのである・・・・・・


=============================================================



Link:

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html

世界覇権を狙う中国の野望 Part1
http://ochimusya.at.webry.info/201006/article_8.html

世界覇権を狙う中共の野望 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201006/article_9.html

中共の「日本弱体化」戦略 Part1 中国に貢がれた日本の血税
http://ochimusya.at.webry.info/201006/article_2.html

中共の「日本弱体化」戦略 Part2 強請られる政治家と官僚たち
http://ochimusya.at.webry.info/201006/article_3.html

中共の「日本弱体化」戦略 Part3 反日史観と歴史捏造の理由
http://ochimusya.at.webry.info/201006/article_4.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







  


    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
意見書文例:「港湾運営民営化への反対意見書」 *利用、改変可*
はじめに クリックをお願いいたします! ...続きを見る
【日本を】『日本解体法案』反対請願.co...
2011/03/04 22:29
「平和を愛する諸国民の公正と信義」に信頼?
◆日本国憲法前文 「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持 しようと決意した。われらは、 平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社 会において、名誉ある地 位を占めたいと思ふ」 ◆尖閣に中国軍用機接近=中間線超え領空まで55キロ―空自が緊急発進・防衛省 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110302... ...続きを見る
ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」...
2011/03/04 22:30
中国バブルはじけます。ユダヤの末裔の独り言妄想。
>2009年に中国から米国への移民だけでその人数は6万5千人に上り、しかもその大半は、エリートや富裕層であるという。彼らの移民先は主に、米国を筆頭にカナダやオーストラリア、シンガポールなどの諸先進国である。 ...続きを見る
愛国の煙草
2011/03/05 00:52
竹島「不法占拠」と「法的根拠のない実効支配」との相違?
今日、3月4日の午前中の参議院予算委員会で、自民党の山本一太議員が、『韓国による竹島の実効支配は不法占拠ではないか』と尋ねた。これに対し、前原外相は、一貫して『韓国実効支配は「法的根拠がない」』と答え、山本議員が何度聞き質しても、この返答を変えなかった。さらに答弁者が枝野官房長官に交代して、「法的根拠がない」という答弁を繰り返した。 ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2011/03/05 06:09
カダフィの裏に中国あり
 チュニジア・エジプトと起きた騒乱は両国の間にあるリビアにも波及している。リビアの反政府グループは頭部を制圧しもはや内戦と呼ぶにふさわしい状況になっている。だが、リビアの最高指導者・カダフィは非常に強気になっている。それもカダフィの裏には中国がいる… ...続きを見る
愛国を考えるブログ
2011/03/05 07:00
前原外相は議員辞職を。続投支持の岡田幹事長にも政治責任が生じた。
■働かなくても年収1億円! ...続きを見る
ロベルト・ジーコ・ロッシのブログ
2011/03/05 18:50
崖っぷち予算と前原工作員
予算成立もなにも、お大臣あたりが党員資格停止されただの公民権停止のおそれでは話になりません。 ...続きを見る
愛国の煙草
2011/03/05 21:25
Otsu PARCO and Dangers3 〜「国民よ、政権、領土、拉致被害者などの奪還に立ち...
リアルアクションヒーローズ クローズ&WORST 陣内公平クチコミを見るわしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。「国民よ、政権、領土、拉致被害者などの奪還に立ち上がれ! 街 ... ...続きを見る
反日ハンター
2011/03/05 21:52
日本の右翼の一例
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓の10のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 @武士道とスポーツ A丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今の日本のスポーツ選手たち B歴史を消された日本人スポーツ選手に未来はない C戦争… ...続きを見る
日本の狂った反日スポーツライターたち
2011/03/06 16:01
凄腕選挙ボランテイア見参!
最近、選挙関係の用事が多く、ブログ更新できない状況が続いている。 今回はそのお詫びに、この1年間、出会った凄腕の選挙ボランテイアについて紹介する。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2011/03/07 19:34
前原外務大臣の、在日韓国人からの違法献金が明らかとなった日の、テレビ朝日お天気ステーション実況。
報道ステーション★1 (※もしかして、前原スルーステーションかな?w) ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2011/03/07 20:24
“参院初日”で前原外相轟沈…民主党政権に醜い最期を
暴力団マネーに加え、外国人違法献金が発覚。参院予算委の審議初日に前原外相が崖っぷちに立たされた。西田昌司議員の痺れる追及劇。あとは民主党政権を醜く終わらせるだけだ。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2011/03/08 01:14
在日違法献金の底なし沼…辞任ドミノ再開で政権崩壊
前原前外相への違法献金は架空の名前だった。在日マネーと民主党の不透明な関係が浮かび上がる。そして覚醒剤マフィアからの資金援助…菅政権は辞任ドミノに耐えられる体力を既に失っている。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2011/03/08 01:14
「民主党よ、国民に白旗を掲げよ! 街宣 in 大津」開催のお知らせ
【件名】民主党よ、国民に白旗を掲げよ! 街宣 in 大津我々を含む憂国派の各種の抗議活動、国民の民主党政権への不信、批判から来る地方自治体選挙での民主党候補の落選が実り ... ...続きを見る
反日ハンター
2011/03/08 02:44
「皇国の興廃この一票にあり 各員一層熟慮投票せよ! 街宣 in 大津」開催のお知らせ
【件名】皇国の興廃この一票にあり 各員一層熟慮投票せよ! 街宣 in 大津平成21年の総選挙で平成元年以前生まれの大多数の有権者の決断が今日の惨禍を招いてしまいました。 ... ...続きを見る
反日ハンター
2011/03/08 02:53
中国「支援」よりも国内産業の足元を固めよ!
「大国」の顔と発展途上国の顔を使い分けながら、アフリカへの高速鉄道建設やら宇宙開発にバンバン投資するやら、軍拡を急ピッチで進める中国。非常に景気のよろしいお話で…。 日本は、国内の需要創出、産業創出、先端技術研究、子供たちの世代のための「種まき」に、貴重なお金を使うべきだ。 国内でも、「世界一のロケット製造基地」ぐらい作ったらどうか。 航空宇宙産業は日本の基礎工業力の高さが非常に活きる分野だ。中小・中堅のものづくり企業も、多くの自治体も、世界の航空宇宙産業からの受注を目指し、活動を続けている。 ... ...続きを見る
ジャーナリスト加賀谷貢樹の「取材ウラ話」...
2011/03/12 02:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ならず者と友好などあり得ませんね。
とうしょうへいは「間接侵略」志向で移民で日本を乗っ取る大号令をかけたと西村慎吾さんも明らかにされています。
猛虎の友
URL
2011/03/05 00:42
猛虎の友さん
いつもどうもです。
いつまでも中共に媚を売る日本人が許せません。
落武者
2011/03/05 01:03



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

支那・中国共産党の本質 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる