風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 自虐史観からの脱却

<<   作成日時 : 2012/09/27 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 4 / コメント 8

昨日、安倍新総裁が誕生した。

早く民主党から政権を奪還し、第二次安倍政権を発足してほしいかぎりだ。

前回の安倍政権の際のキャッチ・コピーは、「美しい国へ」であり、その政策のひとつに「戦後レジームからの脱却」があった。

戦後レジームの脱却に関しては、戦勝国、および特亜が捏造し、左翼マスコミを通して、日本国民を洗脳した日本悪玉論、いわゆる自虐史観を一蹴する必要がある。

櫻井よしこ氏は、「日本人は(本当の)歴史を知らない、(本当の)歴史を知らないことは、もはや人間ではない」と警鐘している。

今回は、自虐史観に関する論説を、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』から抜粋して、下方に紹介しよう。



自虐史観から真実の歴史認識へ
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi01.htm

南京大虐殺記念館は日本人が造らせた
http://www.youtube.com/watch?v=S4W85wZWRds

事実は、南京の安全区国際委員長から日本軍に感謝状
http://www.youtube.com/watch?v=jEdR65Y6I7o



=============================================================
    『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』 (P580 〜 P584)
=============================================================

【終章】

さらば自虐史観、さらば戦後体制

名もなき明治維新の志士が遺した言葉に「明日の朝なら誰も来る。情あるなら今宵来い」という言葉がある。

「明日の朝なら誰も来る」、私はそれをこの一連の北朝鮮問題で実感した。

今まで我々が声を大にしていくら叫んでもカケラも見向きもしなかった事柄をマスコミが連日報道し、一般国民の話題も北朝鮮となり、ついにニュースからもあの長ったらしい「朝鮮民主主義人民共和国」という呼び方が消えた。

我がもの顔に圧力をかけ脅迫を繰り返していた朝鮮総聯の抗議も弱々しくなった。

北朝鮮問題については、長き夜は明け「明日の朝」が到来したが、日本の再生そのものについては、まだまだ暗き夜の中、漆黒の闇につつまれた「今宵」の内にある。

しかし、いつか必らず夜明けはおとずれる。

私の師である田中正明氏は93歳、パール判決刊行以来50年間ずっとあきらめずに自虐史観と戦ってきた方である。

その戦いの戦列には多くの同志が加わり、時代は正しい方向へと少しずつ動き始めたが、「二つのアメリカ」を知る人は未だ少ない。

私は大東亜戦争肯定論者であり反中共の立場であり、反米でも親米でもなく日本のみを愛し、日本の国益と未来のためには親共和党であるべきだと判断している。

従ってもしも、アメリカが民主党政権になり再びクリントンのような嫌日親中路線を採れば、私は民主党政権に全面対決する論説を張る。

私のその姿を見て「二つのアメリカ」を知らない人々は、私が親米から反米に転向したとでも錯覚するのだろうか。反米か親米かという幼稚な白黒二元論でのレッテル貼りはもう終わりにしようではないか。

19世紀イギリスの高名な政治家であるパーマストンは「永遠の同盟国は存在せず、永遠の敵国も存在しない。永遠なるものは国益だけである」との言葉を遺している。

その言葉を深く魂に刻みこみ、我々は国内の親中派左翼すなわち「内なる敵」との最後の戦いに決起しなければならないのだ。
 
「内なる敵」を倒すための闘いは、内戦を戦うぐらいの気概と信念が必要となるであろう。そしてそれを支えうるものは、愛国心だけなのだ。その愛国心の源流とは、ただ一つのものに集約される。

後にルイ16世を断頭台へと送ることになるラジカル・デモクラシーを説いた大思想家ジャン・ジヤック・ルソーは、その『社会契約論』の中で「もし自由に祖国を選べると言われれば、君主と国民の問に利害関係の対立のない君主国を選ぶ。しかし現実にそのような国がこの地上に存在するはずもない。従ってやむを得ず、その代替として民主主義国を選ぶ」と述べている。

しかし、かのルソーさえも知らなかったのである。そのような国が現実にこの地上に存在していることを……。それはこの日本である。

二千数百年間に亘り万世一系の君主が在り、一度たりとも君主と民との利害関係の対立などが生じなかった尊い国が世界で一つだけ、ここに存在しているのだ。

イスラムの詩聖シーラーズイは「東方から昇る太陽、天皇だけが地上から悲しみの汚点を消し去ることができる」と詠んだ。

前述のようにアインシュタインは、「天皇こそが世界の盟主となるべき」と讃え、日本という国を創ってくれたことを神に感謝する言葉を遺している。

大思想家が夢に見た理想の国、大科学者が神に感謝した尊い国、人類に「幸せな一つの世界」を与えうる唯一の文明を持つ国、その国が我々の生きる祖国なのだ。

まさにその誇りこそが愛国心の源であり、この国を機し中共に売る「内なる敵」と闘う原動力となるものであろう。

パール判事はその判決を「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとった暁にば、そのときこそ正義の女神は、その秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くにそのところを変えることを要求するであろう」と締めくくっておられる。

50余年の年月は流れ、かくして米国共和党は日本にその「暁」を促しているのだ。熱狂と偏見がやわらぎ理性が虚偽の仮面を剥いだ暁とは、日本が憲法改正と国軍創設を成し、アメリカ大統領の靖國神社参拝が実現し、大東亜戦争の「大義」をアメリカが認める日のことである。

共和党政権には、その「暁」を迎える用意はすでに整っている。あとは日本民族がそれを阻もうとする「内なる敵」を打ち破り、日本人自身の手で「暁」を迎えるだけなのだ。

ダーウィンは「最も強いものが生き延びるわけではなく、最も賢いものが生き延びるわけでもない。唯一生き延びるものは、変化に最もすばやく反応できるものである」という言葉を遺している。

9・11を境にアメリカと世界は大きく変化した。中共は着々とアジア制覇の未来へ向けてその歩を進めている。米ソ冷戦のパワー・ポリティクスの連鎖はアジアでは朝鮮半島とベトナムに留まったが、米中冷戦では日本は傍観者ではいられない。

ランドパワーとシーパワー、「陸の文明」と「海の文明」が衝突する舞台では、日本はまさに一方の当事国なのだ。

アジアだけではない、世界は最後の「文明の衝突」に突入した。このままの日本では生き延びられない。日本が生き延びられるか否かは、まさに日本の変化に賭かっている。

ハンチントンは「どこか他の強国が中国に対する主体的バランサーになるなら、アメリカは二次的なバランシングの役割を果たして、中国を封じ込めようとすることも可能だ。バランサーとして考えられる唯一の可能性は日本だが、そのためには日本の政策が根本的に変わる必要がある。日本は急速に軍備を拡大し、核兵器を人手し、他のアジア諸国からの支持を積極的にとりつけることが必要だ」と自著で説いた。

ハンチントンはアメリカの愛国者として世界戦略を論じたが、私は日本の愛国者としての国家戦略を本書で論じた。しかし結論は一致したのだ。

日本が生き延びる道はこれ以外には存在しない。

妄想平和主義から脱却し誇り高き強き日本へと再生できるのか、それとも中共に従属する卑屈な没落三流国となるのか。

これからの数年間で日本の未来は定まることだろう。そしてそれは日本に与えられた一度きりの祖国再生へのチャンスなのだ。

今まさに激動の時代が始まった。やがて日本におとずれるのは、再び日が昇らんとする暁か、それとも暗き夜が待ち受ける黄昏なのか。さあ同胞よ、いざ「暁への道」へと歩み出せ。戈を携え、雲を散らし、海を越えて進み征け。それが日本の使命ならば、きっと世界は変わる。日本が世界を変えるのだ。

【あとがき】 〜暁への道標は遥かなる雲の果てに〜
 
パラオ共和国ペリリュー島のペリリュー神社には、ニミッツ元師の言葉を刻んだ詩碑が静やかに建っている。

ニミッツ元師はアメリカ太平洋艦隊司令長官として日本軍と正面から戦った人物だが、日本軍の勇敢さと愛国心に敬意を表して「あれほど精強な軍隊は二度と地球上に現れないであろう」と語っており、勇者は勇者を知るということか、ペリリュー戦の日本軍を讃える詩を書き残している。

平成六年に名越二荒之助高千穂商大元教授らが中心となってペリリュー島にこの詩碑を建立された。
 
 この詩碑には次のように記されている。
 
 『諸国から訪れる旅人だちよ
 この島を守るために日本軍人が
 いかに勇敢な愛国心をもって戦い
 そして玉砕したかを伝えられよ
 
 アメリカ太平洋艦隊司令長官 C・W・ニミッツ』

 
かつて日本の委任統治領であったパラオは、日米両軍の激戦地となり、ペリリュー島の海岸は日本兵の血で染まり、一万余の日本軍人が玉砕してこの地に眠っている。

昭和19年11月24日未明、激しき71日間の戦闘の果てに最後に残った日本兵たちは「サクラ、サクラ、テンノウヘイカバンザイ」の打電の後、敵陣へ玉砕突撃を行って散華した。

この夜の敵軍の照明弾は数千発にも及び、ペリリュー島の上空は一晩中まるで真昼のように輝き、さながら桜の花のごとく散った日本兵たちを見送る、荘厳なる葬送のようであったと伝えられている。

この戦いはニミッツをして日本兵の勇敢さに深く感動せしめ、ニミッツ率いるアメリカ太平洋艦隊は敬意をこめてこの島を「天皇の島」と呼んだ。

また1981年に自治権を得たパラオは、強く勇敢であった日本への尊敬と憧れから、その国旗を青地(太平洋の海の色)に黄色の丸(満月)をあしらった月章旗、すなわち「月の丸」に制定している。

いつの世も、勇者は敵からも味方からも尊敬されるのだ。英霊の眠る島にひっそりと建つこの鬼哭の詩碑は、それを私たちに教えてくれている。

しかしその人類の真理を戦後日本人は、自虐史観によって忘却し、卑屈で臆病なる歪んだ戦後体制を続けてきた。日本人が失ってしまった勇者の心、そして愛国心と英霊への感謝の心、それらを取り戻したときにこそ、日本の真の夜明けはおとずれる。母なる国に光また還るのだ。

ペリリュー島に近接するアンガウル島では、昭和19年10月19日に同島で玉砕した日本軍人を讃え、島民達は今でもこの日を軍人たちの魂がかえってくる「よみがえりの日」と名付けて、毎年祭祀を行っている。

太平洋の海原に、大陸の大地に、熱帯の密林に、そして南十字星かがやく南洋の孤島に、祖国のために散華され、今は遥かなる雲の果てに眠るあまた幾百万の英霊は、きっと日本の「よみがえりの日」を待ち望んでおられることであろう。

いつの日か、再び強く勇敢な日本がよみがえり新たなる世界秩序を築く「その日」を……。

敗戦から半世紀。時代は移り人心は惑い外威が踊る中、この戦後最大の国難にまるで気づかぬ如く、英霊たちの愛した美しき山河の空には、今日も静かに風が吹き雲が流れている。

そして今も靖國神社の英霊たちの魂はこの国を護っているのだ。そこには戦後日本人が喪った「大切なもの」が今なお確かに存在している。

その「大切なもの」こそが日本再生のすべての原点となるであろう。



=============================================================



Link:

テーマ「日本人が知らない シリーズ」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html

日本がアジアに残した功績
http://ochimusya.at.webry.info/201106/article_11.html

自虐史観でない教科書を
http://ochimusya.at.webry.info/201106/article_10.html

なぜ日本は大東亜戦争を戦ったのか
http://ochimusya.at.webry.info/201105/article_7.html

”PRIDE” 運命の瞬間
http://ochimusya.at.webry.info/201102/article_6.html

正しい歴史 凛として愛
http://ochimusya.at.webry.info/201010/article_12.html

民族を滅ぼすには歴史を抹殺せよ
http://ochimusya.at.webry.info/201005/article_8.html

日本には侵略戦争はない
http://ochimusya.at.webry.info/201005/article_7.html

歴史は勝者によって作られる
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_18.html

原爆より被害甚大な自虐史観
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_17.html

勝者の論理を押しつけられた歴史
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_16.html

コミンテルンの陰謀
http://ochimusya.at.webry.info/201002/article_9.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 
   


    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もしも台湾が李登輝氏を大将として日本に来寇したならば…
中共の手先である“台湾”漁船団だけでなく、台湾海岸巡防署の巡視船もまたまた、日本領海を侵犯してきた。 ところが我が国保守派の論調は今のところ、表立って台湾を非難しまくっている者が非常に少ない。 例えばS経紙は、 「旺旺」会長の蔡衍明が活動費 500 万台湾元( 1350 万円)を寄付して台湾漁船にばら撒き出港可能となった、と馬英九政権そのものよりも親中派の浸透に重きを置いた報道。それはそれで正しいが、まるで何かに遠慮しているような観がある。 また保守派重鎮評論家M氏曰く、統一派や中華思想組の突き... ...続きを見る
賭人がゆく
2012/09/28 00:17
よしっ!国民が朝日新聞の葬式を出してやる!
小川榮太郎氏の著書「約束の日、安倍信三試論」が話題になっている。こうした本も影響して、再登板を望む国民の声が盛り上がったからこそ、安倍さんが総裁選で逆転勝利をおさめたのだろう。実はこの本、まだ読んでいないが、いろいろなブログで内容が紹介されていて興味を持った。 本の冒頭にこんな箇所があるそうだ。  『安倍の葬式はうちで出す』  安倍内閣当時の、ある朝日新聞幹部の発言だ。勿論、表に出る発言ではない。 (中略)この「大新聞」の安倍への憎悪は、本物だった。  それを裏付ける例として、私は先頃引退した評... ...続きを見る
愛国画報 from LA
2012/09/28 11:34
安倍晋三が自民党新総裁に・政権奪還へ全力尽くす。日本を取り戻す・売国奴の石破茂でなくて良かった・安倍...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2012/09/29 11:18
[媚中・売国]政治屋、経済人に共通するもの
最近、経済団体関係者、大使、知識人、政治家の売国発言が目立っているので、とりあえず、代表的な経済人、政治家等の生年月日をWikipediaにて調べてみた。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2012/10/02 19:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ついに安倍総裁が誕生して嬉しいです。
マスゴミが安倍バッシングやっていたらすぐに抗議電凸するとか、
そういう対抗策を皆でやるように呼びかける国民運動が必要ですよね。

さきほどのNHKのニュースで古賀誠が「安倍さんとは思想が違う。右に寄りすぎてる。我々が真ん中に戻していく」などとほざいてました。
マスゴミの攻撃に加えて、党内にこんなやつがいるようでは安倍さんも本当に大変ですね。
前よりは国民のレベルは上がってると信じたいけど、
TVの街頭インタビューでは頭悪そうなババアとかが「腹痛で投げ出した人がまたやるのはおかしい」とか、
そういうB層まるだしのバカの安倍叩きインタビューばかり放送してて腹が立ちました。
あれってわざとそういうのばかり選んで放送してるんでしょうねぇ・・・
通りすがり
2012/09/27 21:44
通りすがりさん
総裁選の結果を見て、安心しました。
しかし反日マスコミなど、安倍氏の失脚を虎視眈々と狙っているようで腹立たしいですね。
とにかく、経済も大切ですが、外交においては、すべての諸悪の根源は自虐史観なので、正しい歴史認識が必要だと感じます。
落武者
2012/09/27 22:15
不完全版のほうの「待望論」はページを削除されたほうがいいのでは?
ネットに2種類のものが出回っていて混乱しそうです。
どうせなら完全版だけ読めるようにされたほうがよいのではないか思います。
通りすがりの2
2012/09/28 11:11
通りすがりの2さん
「待望論」のトラックバック、および拡散に協力いただいた方のリンクが多数張られています。削除すれば、すべて消滅となり完全版までたどり着けません。読者は、いつも当ブログのトップから見るのではなく、TB、またリンクから飛んでくる方が多いです。したがって簡易版の記事に、完全版のリンクを表示してあるので、これで良いと思います。
落武者
2012/09/28 11:33
落武者さんのサイトは人気が高いので、例えば「第二次安倍政権待望論」でググると、タモさんのブログに続いて上から2つめに「風林火山」の不完全版ページが結果表示されます。
ところが検索結果で表示されるタイトルはどちらも同じなので、検索結果だけ見ると全く同一内容の論文かと錯覚します。

ネットユーザーの混乱回避に、検索結果に表示される不完全版のほうのページタイトルを「第二次安倍政権待望論 抜粋版」とかに変えられたほうがいいと思います。
そして完全版リンクの表示のところに「この数日後に田母神氏のブログに長文の完全版がアップされた。せっかくだから時間のある方は完全版のほうをお読みいただきたい」というような追記をされてはいかがですか。

一応両方読み比べましたが、やはり完全版を読まないと伝わってこない大事な部分も多いと思います。
ちょっとしたご提案
2012/09/29 03:54
安倍も石破や橋下ほどの反日左翼史観ではありませんが、歴史観がイマイチなんですよね。
coffee
URL
2012/09/29 11:17
通りすがりさん
しばらく不在であった為、返信が遅くなりました。混乱を避けるため古い方を、「抜粋版」に変更しました。
落武者
2012/10/02 16:47
coffeeさん
自民党の総裁候補の中では、一番まともだと思います。ベストとは言えないかもしれませんが、ベターであることは確かです。
落武者
2012/10/02 16:48



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

自虐史観からの脱却 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる