風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS F3国産化 防衛最前線 青山繁晴

<<   作成日時 : 2014/03/13 00:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 4

3月12日のアンカー、「ニュースDEズバリ!」のコーナーは、「F2戦闘機 これからの防衛力をズバリ!」であった。

前半は、F2戦闘機で、空中戦技訓練に参加して8Gを体験した青山繁晴氏による、日本の防衛最前線とF3戦闘機の国産化の可否、そして後半は、「ありえないこと」というキーワードで、消息不明のマレーシア航空機の真相に迫る。



アンカー 青山繁晴 2014-0312 1
[STAP細胞、論文画像に転用疑惑]
http://youtu.be/B9mmoHr24FI
)


アンカー 青山繁晴 2014-0312 2
[マレーシア機、不明の真相]
http://youtu.be/x-ZR5KGH6Y4
)


アンカー 青山繁晴 2014-0312 3
[ニュースDEズバリ!]
http://youtu.be/j118EvKyt1I
)


アンカー 青山繁晴 2014-0312 4
[ニュースDEズバリ!]
http://youtu.be/eTO3G066FRc
)


アンカー 青山繁晴 2014-0312 5
http://youtu.be/74riWgdnnNI




参考URL:

今知るべきニッポンの表と裏 | 動画でわかる日本の真実
http://blog.livedoor.jp/nipponuraomote/


Link:

逆チャンス 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201403/article_2.html

中国・韓国が反日である理由 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201402/article_18.html

東京裁判は正当だったのか? 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201402/article_10.html

世界史を変える 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201402/article_9.html

中国軍の「対日作戦計画書」の露呈 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201312/article_2.html

迫り来る中国の脅威 河添恵子
http://ochimusya.at.webry.info/201309/article_13.html

日本解放第二期工作要綱(日本侵略の工作指令書)
http://ochimusya.at.webry.info/201307/article_1.html

日本を侵食する中国工作機関
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_5.html

急増する中韓の反日ロビー工作
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_4.html

沖縄独立の危機 中共の工作活動
http://ochimusya.at.webry.info/201209/article_14.html

NHKに蔓延る反日工作員
http://ochimusya.at.webry.info/201312/article_3.html

日中記者交換協定の愚
http://ochimusya.at.webry.info/201209/article_10.html

北朝鮮の工作員は2万人 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_15.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

     


  

いつまでもアメリカをアテにするな!
海竜社
田母神 俊雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いつまでもアメリカをアテにするな! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



  


    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
河野談話見直さず!韓国に伝達し関係改善探る・米国は評価も、韓国は「手土産」待ちで様子見の構え
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2014/03/13 01:09
オ馬鹿大統領と入鹿大使のおかげで戦後レジームの脱却が早まりそうです!?
どうやら、オ馬鹿大統領は、シリアに続いてウクライナ事案でもプーチンになめられつつあることが顕在化しつつある。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2014/03/13 17:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度
F2は寸法が大きくなった分、偶数次調波による揚力打ち消しがあった失速事故?
飛行艇もよく堕ちてたけど、
複座式F16かF4のFRP版で良いような…
箕蛙
2014/03/13 20:08
2000年の就役時、確かにF-2は今一と感じる機体であったと思います。
それは言うまでもなく、圧力により米F-16をベースとして開発した事も大きい。
しかしその後、電装関係、いわゆるアビオニクスや兵装面において改修が続けられ、今現在及び近未来においては「結構な使える機体」と進化しています。
何故それが実現できるかというと、ライセンス生産機ではなく、まがりにも「国産機」であるからです。
F-2はあくまで大型の対艦ミサイルを4発搭載可能な「対艦番長」であり、海に囲まれた日本の国防にとって重要な存在です。
それプラス、近年ではスクランブルの対空任務もこなす(こなせる)存在となっています。
F-22を売って貰えず、F-35の開発が遅延している現状としては、日本の第4.5世代戦闘機として、まだまだ永く活躍出来る機体だと思います。
さすがにF-4は古すぎ、F-16もマルチロールファイターとして進化していますが、中国のフランカーに太刀打ちするのは力不足かと思います。
勿論、これ以上のF-35開発遅延があれば、中継ぎとしてのF-16導入も視野に入れているのではないかと思います。
黒井執斗
2014/03/15 12:41
箕蛙さん
お久しぶりです。
落武者
2014/03/16 11:12
黒井さん、詳しい解説とコメントありがとうございます。
落武者
2014/03/16 11:13



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

F3国産化 防衛最前線 青山繁晴 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる