風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際政治のリアリズム

<<   作成日時 : 2014/05/31 15:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 10 / コメント 2

媚中を通り越して、もはや中共の代弁者といっても過言ではない反日左翼のテレ朝(朝日新聞系列)。

そのテレ朝のニュース・キャスター、古館一郎は、「戦後の日本は憲法9条を守り、平和を維持してきたことは誇るべき」という趣旨の発言を繰り返している。

しかしながら、その真相は、「戦後の日本は、米国の核の傘の下に守られて、かろうじて平和を維持していたにすぎず、いまだに多くの国民は反日左翼マスコミに騙され、その真実を悟ることもなく、多数の護憲派が存在している妄想平和ボケの国家」と言ってよい。

自国を自国民で守ることが出来るようになって、はじめて米国からの真の独立が出来るという事である。

深田匠氏の著書、『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』の一節には、

『リアリズム国際政治学の大家でもある歴史学者アーノルド・トインビー(元イギリス外務省情報部長)がそのリアリズム史観から大東亜戦争を「自衛と解放の戦いであり、(日本は)偉大な功績を残した」と讃えている・・・』とある。

しかしながら一方、情報工作戦に長けている中共は、自国に都合の良い歴史を捏造し、日本国民に「日本は侵略国家」、「日本は悪い国」という印象を、戦後から日本の左翼マスコミを通して、洗脳し続けている。

その目的は、日本を侵略するにあたり、日本人に戦争アレルギーを植え付け、自衛隊を弱体化させ、核武装をさせず、いざとなれば日本を照準とした多数の核ミサイルで日本人を恫喝し、日本から譲歩を引き出し、金と技術を奪い続けるということだ。

『リアリズム国際政治学の始祖H・J・モーゲンソーは「国家というものはビリヤードの玉のようなものであって、ある玉に他の玉がぶつかると、弾き飛ばされて別の玉にぶつかっていく」として一国平和主義が幻想であることを指摘し、「小国や普通の国の運命は、覇権国同士の国際的覇権抗争の中で決定されるのが現実だ」と説いている。』

そして深田匠氏いわく、

「集団的自衛権の行使もできず、安保同盟を双務性にもできず、海外への戦闘部隊派遣もできず、核武装もしていない妄想平和主義の国なんて、常に飛んできたビリヤードの玉にはじかれる玉でしかない」と警鐘している。

グローバル化が進む世界情勢下において、もはや日本1国だけが、平和を唱え、戦争を回避すれば、平和が維持できるという考えは、現実を全く知らない愚かな妄想でしかない。

20世紀を代表する国際政治学者であるサミュエル・ハンチントンは、世界を席巻したそのベストセラー、『文明の衝突』のなかで、「21世紀の日本は米中対立の狭間の中で、(外交と独自の戦力を強化しなければ)消滅する文明である」と説いた。

まさにその予測が、現実となりつつある。


勘案すれば、日本に残された選択肢は、大筋で以下の3つとなる。

@暗黒大陸・中共の属国となり、中共とともに世界の嫌われ者、
 腰抜け国家へと成り下がり、将来中国の一部に編入してもらう。

A衰退する米国の属国となり、米国の為に、中共の核ミサイルの防波堤となる。
(又は衰退する米国と中共との取引において、日本が中国に売り飛ばされるのを待つ)

B憲法を改正し、完全な独立国家となって軍備(核武装も含め)を増強し、
  国際社会での発言力をつけアジアでの強いリーダーシップを発揮する。


したがって、日本にとっては上述のBを選択し、米国と対等の立場を築いて日米同盟を強化するのが最良と思うのだが、現在の日本には保守であるにも拘らず、中共は批判せずに、反米のスタンスをとる政治家が多い。

中共の日本侵略の戦略では、あらゆる工作を使い日米を離反させることを最重要視しているので、反米を唱えればまさに中共の思う壺となる。

かつて侍の国、そして大東亜戦争においては、先人たちか命を懸けて戦った勇敢な国家・国民として、強烈なインパクトを与え、世界に知れ渡った日本。

その先人たちが築き上げた日本と日本人の名誉が、中国・韓国の捏造歴史により汚され、挙句に憲法9条を逆手にとって、自国を米国の兵士に守らせ、世界平和のための派兵を拒否し、「金は出すが自分たちだけは死にたくない」という国家になった。

もはや日本は金は出すが、自国すら自分たちで守ることをしない(国連やアメリカの兵士なら死んでもよい)腰抜けの卑怯な国家と世界から評価されている。

『湾岸戦争では総戦費450億ドル弱の内、日本は140億ドル(約1兆5000億円)を供出しており、侵略を受けた当事国にして金持ち産油国たるクウェートが135億ドルの供出しかしていないことに鑑みると、日本の戦費負担額は極端に突出していた。

それでも一兵も派遣しなかった為に世界中から軽蔑され、クウェートの感謝公告からも名前をはずされ、あげくにはクウェート国内における日本の国策石油会社アラビア石油の利権を次々と縮小させられるに至っている。

2001年に河野洋平が日本の外相としては23年ぶりにクウェートを訪れたが、クウェート側は首相はおろか外相の面会さえも拒否し、「金だけ出して事足りると済ませた卑怯な国」への軽蔑と嫌悪を露に示した。』

中共による東アジアへの侵略行為が顕著化する昨今、中国・韓国・北朝鮮・ロシア以外のアジア諸国は、強い日本と日本のリーダーシップを切望している。

その事実を、日本の左翼マスコミは一切報道せず、中国と韓国に媚びるため、「集団的自衛権の行使反対」などと馬鹿な議論を繰り返している。

日本が危ないときは、米国の若者に命を懸けて助けてもらい、米国が危ないときは、日本は何もしません、という卑怯な同盟関係が長続きすることはありえない。

日本は、平和ボケの妄想平和主義と自虐史観が日本を蝕み、米中冷戦の最中で消滅する運命に向かって邁進している。

もう日本に残された時間は、限りなく短い。



Link:

中共の対日戦略 櫻井よしこ
http://ochimusya.at.webry.info/201405/article_12.html

靖国神社問題 田母神 vs 小池
http://ochimusya.at.webry.info/201405/article_10.html

捏造写真が東京大虐殺を誘発する
http://ochimusya.at.webry.info/201405/article_8.html

日本解放第二期工作要綱(日本侵略の工作指令書)
http://ochimusya.at.webry.info/201307/article_1.html

憲法9条 国防アレルギーは滅亡への道 Part1
http://ochimusya.at.webry.info/201205/article_6.html

憲法9条 国防アレルギーは滅亡への道 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201205/article_7.html

日本を侵食する中国工作機関
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_5.html

対中包囲網構築への道
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_1.html

誇りの記憶 世界を変えたサムライ・ジャパン 前編
http://ochimusya.at.webry.info/201203/article_10.html

誇りの記憶 世界を変えたサムライ・ジャパン 後編
http://ochimusya.at.webry.info/201203/article_11.html

迫り来る中国の脅威 河添恵子
http://ochimusya.at.webry.info/201309/article_13.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/201203/article_11.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神
PHP研究所
水間 政憲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



憲法とはなにか
小学館
櫻井 よしこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 憲法とはなにか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






   


    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
在特会からのお知らせ その204
★ 在特会各支部運営参加のお願い ★━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─在特会会員の皆さまには日頃より当会の活動にご理解とご支援を賜りありがとうございます。 ... ...続きを見る
反日ハンター
2014/05/31 16:24
韓国政府による在外国民用住民登録証の発行開始まであと25カ月
反日ハンター・神功正毅です。 韓国国会、在外韓国国民へ住民登録証を発給する住民登録法を委員会採決す で韓国国会の安全行政委員会が平成25年12月20日に在外国民への住民登録証発 ... ...続きを見る
反日ハンター
2014/06/01 00:01
鳥居に落書き!墓石を建物に!神仏畏れぬ韓国人!靖国神社の大鳥居の柱にハングルで「犬畜生」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2014/06/01 00:10
中共狂犬・王冠中副総参謀長に同調する輩は誰か
&nbsp; シンガポールで安倍首相に噛みついている中共の狂犬・ 王冠中中将(中国人民解放軍副総参謀長)の経歴を見ると、軍歴のほとんどは軍政畑を歩んできたことが判る。「中共八大元老」のひとり、楊尚昆の秘書も務めていたようだ。 &nbsp; 産経新聞 6 月 1 日 18 時 25 分 配信記事↓ … … … … … … … … … … … … … … … … … … 中国副総参謀長「安倍首相は挑戦を仕掛けた」各国有識者から質問集中 ( http://sanke... ...続きを見る
賭人がゆく
2014/06/01 21:17
電波は国民の大切な財産です!
「国際政治のリアリズム」について  電波は国民の大切な財産です。一部の放送局のものではありません。でも特権の上にあぐらを書いてるテレビ局の独占状態。テレビ局の電波利用料は不当に安いそうです。  >日本のテレビ局は新規参入による競争がない。皆で一緒に低レベルの番組を流していれば、どこかが極端に負けることはない。国民の財産である電波の使用権が自由化されてないのは世界中でも日本ぐらいだ。閉ざされた世界で新規参入による競争がなければ当然、組織は腐敗する。どうせ大半の番組は下請けの下請けが作って... ...続きを見る
雨上がりの散歩
2014/06/01 22:18
犯人はもうすぐ死にます
2014年5月30日、横浜地方検察庁に行ってきました。検察庁に行ったのは、2011年4月8日、2014年3月14日、同年4月18日に続いてこれで4回目になります。横浜 ... ...続きを見る
人殺し警察官 逮捕協力のお願い
2014/06/02 01:16
「しばき隊」に係わる「質問主意書」
ネット界では、人材派遣会社と警察当局との関係が疑われ始めているようである。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2014/06/02 19:56
駐日本国大韓民国大使館からのお知らせ その3
反日ハンター・神功正毅です。 駐日本国大韓民国大使館より韓国兵務庁が在日同胞のために "2014年 兵役義務者の国外旅行案内" パンフレットを日本語で製作したとの発表がありました ... ...続きを見る
反日ハンター
2014/06/02 23:18
特別永住者の通名廃止まであと400日
反日ハンター・神功正毅です。 今日で特別永住者の持つ「外国人登録書」から通名欄のない「特別永住者証明書」への切り替えの期限まであと400日となります。 News U.S. 中国・韓国・ ... ...続きを見る
反日ハンター
2014/06/03 00:00
慰安婦捏造史10ヵ月で修正…米フェアファクスの怨霊
老獪な朝鮮勢力は、米首都圏に新たな捏造碑を電撃設置。だが、派手な芝居と共にお目見えした石碑には致命的なミスがあった。そして、速報した反日メディアも慰安婦役の言葉を疑い始める。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2014/06/03 00:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
在日米軍、在韓米軍は、2016年までに完全撤退して居なくなります。
否応なしに、日本人は自らの力で自国を守らなくてはならなくなりました。
もう、米国は軍事的には助けてはくれないとみて準備した方が良いでしょう。

中東やインド洋からも米軍は完全撤退します。
日本の生命線が絶たれる危機です。
日本が現状維持で何も軍事的に対策が採れなくては、前大戦のガダルカナル島戦の様な状況に陥り、海外から補給が途絶え、日本人は大量の餓死者が続出し、日本企業は倒産し、日本国家は崩壊する破目になります。
そうなれば、日本の軍事的占領など、赤子を捻るも同然です。
そして、残った日本人は支那共産軍に残虐に大虐殺されて、その死体の肉は支那人に食べられるのです。

来年から共産支那人の日本への人口侵略が本格化します。
これであと、外国人地方参政権と地方分権がセットで成立すると、日本国家解体です。
これらが成立完了すると、今渦中の尖閣諸島、沖縄本島、沖縄諸島、対馬、そして日本本土は、戦争をせずとも合法的に敵の手に落ちて行くことになります。

日本国は、内側と外側の両方から敵から侵略を受けているのです。
sdi
2014/06/04 21:55
在日米軍は撤退しません。撤退はば韓国だけです。
ゆう
2014/06/08 23:29



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

国際政治のリアリズム 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる