風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 反撃せよ!ニッポン ケント・ギルバート

<<   作成日時 : 2014/11/22 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 6 / コメント 2

昨今のケント・ギルバート氏による、日本の自虐史観に関する論評が素晴らしい。

下方に紹介したい。 【拡散希望】



ケント・ギルバート氏
画像




=============================================================
【反撃せよ!ニッポン】 
創作された「歴史」の修正を主張する時期に来た

[ZAKZAK 2014.11.18]
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141118/dms1411181140003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141118/dms1411181140003-n2.htm


近年、「歴史修正主義」という言葉を目にする機会がある。通常あまり良い意味では使われない。「ホロコーストはなかった」などの、荒唐無稽な主張がこう呼ばれる。

ナチスによってユダヤ人虐殺が行われたことは歴史的真実であり、十分な証拠がある。ところが、歴史修正主義者は自らに不利な圧倒的多数の証拠は無視し、小さな争点を拡大解釈して不毛な論争を創り出す。結果、「歴史修正主義」は「歴史創作主義」といった、侮蔑的ニュアンスを帯びる言葉となった。

いわゆる「従軍慰安婦の強制連行」は、最初は小説内の創作だった。それが反日的プロパガンダによって、いつの間にか歴史的事実として世界中に認識された。歴史の創作(捏造)がまさに完成しつつあったのだ。歴史の真実を伝える側が、逆に「歴史修正主義者」として非難されてきた。

朝日新聞の意図的とも思える「誤報」と、その後の放置、誤報の拡散に加担した日本人弁護士、「日本たたき」の結論ありきで、真実の追究は二の次だった国連人権委員会、加えて、日本的な「事なかれ主義」で、毅然たる対応を取らなかった外務省や政府の責任は重い。

慰安婦問題に限らず、日本の近現代史では後から創作された話が、世界では「正しい歴史」として認識されているケースが多々ある。代表例は日本が東南アジア諸国や中国大陸で「侵略戦争を行った」という話である。

はっきり言うが、これは戦後占領政策の一部としてGHQ(連合国軍総司令部)が世界中に広めたプロパガンダである。慰安婦問題と同様、真実とは異なる嘘が、今や「歴史的事実」として認識されている。

GHQの最高責任者だったダグラス・マッカーサー元帥自身が後に「日本の戦争は、安全保障(自衛)が動機だった」と米上院の特別委員会で証言したのは、彼の懺悔とも受け取れる。

しきりに「侵略戦争」や「歴史認識」などの言葉を用いて日本を責めたてる国は、GHQのプロパガンダの恩恵を最大限に受けた国である。

戦後、アジア諸国で唯一、驚異的なスピードで復興を果たして先進国となった「優等生」は、近所の「不良」から見れば心底妬ましい存在であり、ゆすり・タカリの格好の対象だった。

GHQの思惑通り、罪悪感を刷り込まれた優等生は、不良にせがまれて金を払い続けた。結果、不良は少し裕福になったが、妬ましい優等生に対して感謝の気持ちなど持つはずがない。現在は優等生が過去の真実を知り、「今までよくもやってくれたな!」と言い始めることを最も恐れている。

最初に嘘をついて、これを広めたのはGHQだから、嘘が暴かれることを、わが祖国・米国も喜びはしない。しかし、来年は戦後70年だ。そろそろ、日本は近現代の間違った歴史認識の修正を堂々と主張すべきである。今こそ反撃せよ、ニッポン!


-------------------------------------------------------------
【反撃せよ!ニッポン】 
戦争の真理が凝縮された「勝てば官軍」 戦後GHQが「大東亜戦争」を禁じた理由

[ZAKZAK 2014.11.19]
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141119/dms1411191550001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141119/dms1411191550001-n2.htm


日本語の「勝てば官軍」ということわざは見事である。短いフレーズに戦争の「真理」が凝縮されている。両者が戦争に至った経緯や社会背景、その後の経過、戦時中の出来事、勝利を得た手段などにかかわらず、最終的に勝った側が「官軍」、すなわち「正義」を語る権利を得るのだ。恐らくこれは時代や洋の東西を問わず、永遠の真理だと思う。

勝利によって「正義」を得た側は、過去の味方の不正義と、敵の正義を隠蔽する。日本の近代史で言えば戊辰戦争で倒幕軍が掲げた「錦の御旗」は薩摩藩・長州藩が作成した偽物だった。つまり明らかな不正義である。

しかし、これが討幕軍の士気を高め、徳川幕府側の動揺を誘うなど、大いに効果を発揮した。戦争終結後、明治新政府による真実の隠蔽、正当化、情報操作などが行われただろうことは想像に難くないが、今さら徳川家の子孫が文句を言ったところで後の祭りである。

さて、連載第1回でも書いたとおり、先の戦争が日本の「侵略戦争」だったという話は、GHQ(連合国軍総司令部)によるプロパガンダである。つまり「勝てた官軍」の情報操作なのだ。1951年5月3日にマッカーサー元帥自身が「日本の戦争の動機は主に安全保障(自衛)であり、やむを得ず行われた」と、米上院の軍事外交合同委員会で証言したのだから間違いない。彼以上に先の戦争に関する真実を隅々まで知る当事者が他にいるだろうか。

いや、実は「自衛か侵略か」よりも重要な、真剣に議論すべき問題が、終戦から約70年経過した現在も無視されている。

それは20世紀半ばまで、先進国による発展途上国(≒有色人種の国)の植民地化に疑問を持つ白人国家は皆無だったという恥ずべき事実である。

当時の白人国家は植民地での搾取や奴隷制度など、人種差別を前提に成り立っていた。30年代後半、アフリカ大陸のほぼ全土が植民地であり、アジアで独立を維持していたのは実質的に日本とトルコだけ。シャム(タイ)の独立は風前の灯という状態だった。

日本人は「白人は優秀で有色人種は劣っている」という当時の常識は間違いだと身を持って証明したうえで、植民地を解放して独立させ、アジア人が共存共栄できる世界を目指すという「大義」を掲げた戦争を始めた。それが「大東亜戦争」である。

戦争に負けた日本は自国の「正義」を語る権利を奪われた。だが、大東亜戦争で日本が掲げた「大義」は生き残り、後に見事達成された。その意味で日本は勝者だった。

世界中に誇るべき大義の存在を戦後生まれの日本人に知らせないために、GHQはマスコミに「大東亜戦争」という言葉の使用を禁じて「太平洋戦争」と言わせた。この事実すら知らない日本人が多いことに驚く。

これこそがプロパガンダの効果であり、「勝てば官軍」の怖さでもある。


-------------------------------------------------------------
【反撃せよ!ニッポン】 
米政府のプロパガンダだった「リメンバー・パールハーバー」

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141120/dms1411201550009-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141120/dms1411201550009-n2.htm
[ZAKZAK 2014.11.20]


2日間にわたって、GHQ(連合国軍総司令部)によるプロパガンダの話を書いた。日本語の「敵を欺くにはまず味方から」のことわざ通り、米国内でも早い段階から、日米戦に関するプロパガンダが行われた。

例えば、米政府は「日本軍は宣戦布告前に真珠湾を奇襲攻撃した。これは想定外であり、われわれは卑怯(ひきょう)な日本を徹底的にたたくべきだ」と主張して、「リメンバー・パールハーバー」というスローガンを米国民にたたき込んだ。

米国民の1人としては残念な結論だが、この主張こそがプロパガンダだった。そもそも長年、日本を最大の仮想敵国として考えていた米国が、ハワイ空襲を想定しないはずがない。

また、開戦前から米軍は日本側の暗号をすべて解読しており、真珠湾攻撃も事前に察知していたという説もある。ちなみに、半年後のミッドウェイ海戦における米軍大勝の勝因は暗号の解読である。

さらに、「フライング・タイガーズ」と呼ばれた航空部隊は問題だ。米軍を退役したパイロットが自主的に中華民国軍に入隊し、傭兵として大活躍したとされていたが、その正体は大統領が承認した秘密作戦部隊だった。つまり、傭兵や義勇軍ではなく現役米兵部隊だったのだ。飛行機や整備士もすべて米国が提供した。

米政府はこの事実を、1990年7月まで50年間認めなかった。「リメンバー・パールハーバーはプロパガンダでした」と自白するのも同然だからだろう。

この部隊による日本への先制爆撃計画の存在も、70年に公開された公文書(JB355)で明らかになっている。ちなみに、この秘密作戦は真珠湾攻撃の半年前に始まった。

91年に米ABCテレビがこれらの事実を全米に伝えたが、真珠湾攻撃に関する世界の歴史観は変わっていない。真実を知る人が少ないからだ。

私はここであえて当時の米国を弁護してみたい。

今でこそ、人種差別や人権問題に世界一うるさい米国だが、当時は人種差別が前提の白人中心国家である。私自身は戦後生まれなので、戦前や戦時中の米国内の雰囲気を知らないが、当時、欧米諸国では「黄禍論」が叫ばれていた。黄色人種が白人社会の繁栄に災禍をもたらすという主張である。

日清・日露戦争に勝利して、急速に大国へと成長した日本は、多くの白人国家から脅威として捉えられた。24年の排日移民法は日本への明白な敵意の表示である。

それにも関わらず、日本は引き続き石油や鉄などの重要物資を米国からの輸入に頼った。日本は確かに強い軍隊を持っていたが、補給の認識は甘かった。暗号などの情報戦の軽視と同様、現代日本に通じるものを感じる。

米国は「当時の常識」に従って、絶好のチャンスを生かしただけなのだ。ところで、最近の日本の状況にデジャビュ(=既視感)を感じるのは、私だけだろうか。


-------------------------------------------------------------
【反撃せよ!ニッポン】 
GHQの露骨で幼稚な嫌がらせ 馬鹿げた憲法論議を早く終わらせよ

[ZAKZAK 2014.11.21]
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141121/dms1411211140008-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20141121/dms1411211140008-n2.htm


画像



衆院解散・総選挙(12月2日公示−14日投開票)が行われるので、この私見を書くには良いタイミングかもしれない。

日本国憲法が、GHQ(連合国軍総司令部)の作成した英語の草案を元に作られたことは公知の事実である。おかげさまで日本の基本法なのに、日本語が直訳的で分かりにくい。私がGHQの最高司令官なら、間違いなく翻訳者にダメ出しをする。

日本国憲法の前文や第9条を読むと、米国人法律家の1人として心の底からの恥ずかしさと、日本に対する申し訳なさを感じる。なぜなら、GHQの露骨で幼稚な嫌がらせが目に余るからだ。

第9条の本質は、戦争で米国に苦戦を強いた日本へのペナルティーである。第9条を素直に読むと、真冬の夜中に「裸で外に立ってなさい」と命令されたに等しい。

日本人らしい性善説に基づき、「米国が戦後の日本を平和国家にする目的で第9条を提案した」と解釈する人がいるが、大間違いである。私は確信を持って断言する。それは100%ない。

米政府は昔も今も、時として本当に大切な判断を間違えて、全くバカげた行動を取ることはあっても、日本のように「お人好し」な行動は取らない。

ついでに言うが、「平和主義を掲げた日本国憲法を守っていれば他国は日本に戦争を仕掛けてこない」という論理は、62年前に破綻している。日本国憲法公布の6年後、日本は韓国に島根県・竹島を強奪されているではないか。

この無邪気で無責任な主張をする人々に、ぜひ一度、試してほしいことがある。

《私はこの地域を犯罪のない誇りある場所にしたいのです。従って、わが家はドアと全ての窓、自家用車、自転車にカギを掛けません。わが家に武器は一切なく、もし強盗や強姦魔が侵入しても、決して反撃しません》

このような張り紙を、自宅のドアや壁、車などに貼るのである。そして、どの程度の期間無事でいられたのか、私に報告してほしい。

英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語も併記して、インターネット上で、住所、氏名、電話番号、所有資産まで公開すれば完璧である。

もし1カ月間無事であれば、日本の驚異的な治安の良さに感謝すべきだ。もはやノーベル平和賞モノである。だが、それを行う勇気がないのであれば、同様の行為を国家に求める自分の浅薄さと身勝手さを恥じた方がいい。

日本の治安が世界一なのは、日本人の国民性と警察のおかげである。地域の安全を守るのが警察であるように、国家の安全を守るのが軍隊だ。

日本が戦後70年間も無事でいられた理由は憲法第9条ではなく、在日米軍、自衛隊、日米安保条約のおかげである。

第9条にある「正義と秩序を基調とする国際平和」は、昔も今も実現したことがない。むしろ、日本の安全保障は戦後最大の危機にある。この状況下でも、バカげた主張を続ける政治家の「存在意義」が全く分からない。


■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。現在は講演活動や企業経営を行うなか、公式ブログ『ケント・ギルバートの知ってるつもり』(http://ameblo.jp/workingkent/)で、問題提起を行っている。最新刊は「不死鳥の国・ニッポン」(日新報道)。


=============================================================



ケント・ギルバートの「朝日新聞へのアドバイス」が見事すぎる!
http://www.yourepeat.com/watch/?v=vqUf7nXVs38




参考URL: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

[【反撃せよ!ニッポン】
K・ギルバート「捏造された歴史を修正せよ」GHQの『大東亜戦争』禁止理由]
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5644.html

[続【反撃せよ!ニッポン】
GHQの露骨な嫌がらせ・馬鹿げた憲法論議やめろ・ケント・ギルバート]
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5647.html



Link:

忘れられた激戦の島〜パラオ慰霊の旅
http://ochimusya.at.webry.info/201410/article_14.html

パラオ共和国と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_25.html

パール判事は私達の誇り
http://ochimusya.at.webry.info/201409/article_6.html

マッカーサーの告白
http://ochimusya.at.webry.info/201405/article_1.html

ムルデカ 17805
http://ochimusya.at.webry.info/201403/article_3.html

ビルマ独立と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_21.html

インドネシア独立と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_19.html

インド独立と日本
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_18.html

世界から見た大東亜戦争
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_14.html

真実の日本史
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_12.htm

正しい歴史 凛として愛
http://ochimusya.at.webry.info/201010/article_12.html

大東亜戦争の真実 リメイク版
http://ochimusya.at.webry.info/201012/article_8.html

日本には侵略戦争はない
http://ochimusya.at.webry.info/201005/article_7.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか
PHP研究所
田原 総一朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
小学館
田中 正明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パール判事の日本無罪論 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

 
     


    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
続【反撃せよ!ニッポン】GHQの露骨な嫌がらせ・馬鹿げた憲法論議やめろ・ケント・ギルバート
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2014/11/23 11:39
なぜ維新の党ではなく「次世代の党」なのか 「次世代の党」は他党が越えられない壁を打ち破る「砕氷船」
維新の党が、公約を発表した。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2014/11/23 14:43
ミンス君の「小学4年生」
珍妙な話題だ。小学4年生が衆議院解散に疑義を呈したウェブサイトが注目された途端、炎上して閉鎖に追い込まれ、製作した大学生は逃げてしまったらしい。 政治的見解をウェブサイトで公開しようと、興味を引くために子供のふりをしようと自由だが、嘘は簡単にバレる。子… ...続きを見る
愛国画報 from LA
2014/11/24 14:24
日本の仏像を盗もうとする韓国人の異常さ?
今日の時事通信の記事『対馬の寺から仏像盗む=容疑で韓国人4人逮捕−長崎県警 (2014/11/25-11:22)時事通信(http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014112500020&rel=j&g=soc)』は、 長崎県対馬市の梅林寺から仏像を盗んだとして、県警対馬南署は24日、窃盗と建造物侵入の疑いで韓国籍の自称住職、金相鎬容疑者(70)ら4人を逮捕した。同署によると、4人のうち2人は容疑を認め、2人は否認しているという。  盗まれたのは市指定の有... ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2014/11/25 17:10
小笠原・珊瑚盗・乱獲を厳しく取り締まれ!!!
楽天の宣伝によれば、さる珊瑚専門店は、図1に示すように、日本産・日本産血赤珊瑚 6.5〜14.5ミリ玉58センチを、価格15,400,000円で販売しているそうである.(出典 item.rakuten.co.jp )。 ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2014/11/25 17:12
ばかちょん発言へのマスゴミの抗議に疑問
「反撃せよ!ニッポン ケント・ギルバート」について  谷垣幹事長がばかだのちょんだのという差別用語を使ったと、さっそく反日マスゴミがクレームをつけました。バカとちょんのちょんを朝鮮人と解釈して差別だと言ってるんでしょうか?  でもちょんは朝鮮人という意味ではないようですよ。江戸時代から使われていた言葉で、「半分、半人前」「取るに足らない人」という意味のようです。  昔はやったバカチョンカメラもそういう意味のカメラのようでしたが、ちょんを朝鮮人の差別用語と結びつけて、いつのまにか放送禁... ...続きを見る
雨上がりの散歩
2015/04/14 10:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
朝日新聞の意図的とも思える「誤報」と、その後の放置、誤報の拡散に加担した日本人弁護士、「日本たたき」の結論ありきで、真実の追究は二の次だった国連人権委員会、加えて、日本的な「事なかれ主義」で、毅然たる対応を取らなかった外務省や政府の責任は重い。

代表例は日本が東南アジア諸国や中国大陸で「侵略戦争を行った」という話である。
はっきり言うが、これは戦後占領政策の一部としてGHQ(連合国軍総司令部)が世界中に広めたプロパガンダである。

世界中に誇るべき大義の存在を戦後生まれの日本人に知らせないために、GHQはマスコミに「大東亜戦争」という言葉の使用を禁じて「太平洋戦争」と言わせた。この事実すら知らない日本人が多いことに驚く。

第9条の本質は、戦争で米国に苦戦を強いた日本へのペナルティーである。第9条を素直に読むと、真冬の夜中に「裸で外に立ってなさい」と命令されたに等しい。

米政府は昔も今も、時として本当に大切な判断を間違えて、全くバカげた行動を取ることはあっても、日本のように「お人好し」な行動は取らない。
coffee
URL
2014/11/23 11:39
ケント、公平な見識を持ってるじゃないか♪

拡散してくれて有り難う!
一角千金
2014/11/24 06:35



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

反撃せよ!ニッポン ケント・ギルバート 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる