風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 南京大虐殺 写真の捏造を認めた本多勝一

<<   作成日時 : 2015/05/06 12:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 6 / コメント 3

日本軍の冤罪。その代表的なものが「南京大虐殺」である。

この捏造事件の発端は、朝日新聞が、本多勝一記者(本名が崔泰英と云う在日朝鮮人)の「中国の旅」という捏造取材記事の連載を掲載したことに始まる。

この事件に関して、朝日新聞は、未だにこの事件の訂正を行っていない。

加えて、その朝日新聞の捏造記事を読んだ田辺誠が、また酷い。

当時日本社会党委員長だった田辺誠は、1980年代に南京市を訪れ、中国政府へ南京大虐殺紀念館を建設するよう執拗に提案した。

しかし当時、中国側は資金不足を理由として建設に全く消極的であった。

ところが、田辺誠による再三の提案と日本からの建設資金の提供の申し出により、1982年に同紀念館の建設が始まった。

さらに、日本人の税金から中共に提供した3000万円の資金のうち、建設費は870万円で、余った資金は共産党関係者で山分けして懐へ入れた・・・。

つまり南京大虐殺記念館は、日本人が日本人の血税で、中共に強引に造らせたのだ。

当初、中共は面倒くさい記念館の建設には否定的だったが、後にこれが日本を強請る金の成る木と気づき、現在も中国全土の各地に建造され続けている。

話を戻そう。

この南京大虐殺に関して、朝日新聞は未だに謝罪や訂正はない。

今でこそ、朝日新聞は、「従軍慰安婦」による強制連行は誤用、誤報と言い訳しているが、これは誤用や誤報ではないとハッキリと断言しておきたい。

これは意図的な捏造である。

インターネットのない時代、テレビと新聞の大手メディアの情報だけが世論を作り出す手段であった時代、意図的に捏造記事を書いても、その是非および正誤を確かめることは困難であった。

つまり意図的に捏造記事を書いても、嘘がばれることは極めて低く、世論を動かすことが可能であった。

ここまでは、中共の情報工作活動の大勝利である。

ところが昨今のインターネットの出現によって、反日左翼の捏造記事が露呈し始めた。

今回の関連動画、関連記事などを下方に紹介したい。 【拡散希望】



【水間政憲】南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18]
[反日プロパガンダとして、韓国の「従軍慰安婦」と対をなす中国の「南京大虐殺」。その­デタラメを大々的に宣伝してきた本多勝一がこのほど、週刊新潮の取材に対し、「日本軍­の蛮行」として流布している写真の「誤用」を認めた。]
https://youtu.be/9y4JOIYhbfk




反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします!

人気ブログランキングへ




=============================================================
本多勝一元記者が、「南京大虐殺」写真の捏造認める! 2014年10月30日


画像


画像



朝日新聞が避けて通れない、もう一つの「戦後責任」

本多勝一元記者が捏造認める!

朝日新聞は速やかに「南京大虐殺」報道の検証と記事の取り消しを!

かつて朝日新聞のスター記者だった本多勝一氏が、日本軍による虐殺の証拠として使ってきた写真が、実は捏造であったことを、本多氏自身が初めて認めました。

問題の写真は、本多勝一氏の『中国の日本軍』に掲載されたもので、日本兵が中国の婦女子をかり集めてこれから虐殺するところであるとの説明がなされています。

ところが、この写真の出所は、実は本多氏が当時勤めていた朝日新聞社発行の『アサヒグラフ』(一九三七年十一月十日号)に掲載されたもの。日本兵は家路につく少女たちを護っていたとのキャプションがついていて、少女たちの笑顔もはっきりと写っており、「南京大虐殺」とは何の関係もない写真であることは、誰の目にも明らかです。

この矛盾点を問われた本多氏は、週刊新潮(9月25日号・下写真)に次のようなコメントを寄せています。

「『中国の日本軍』の写真説明はすべて中国側の調査・証言に基づくものです」「『中国の日本軍』の写真が、『アサヒグラフ』に別のキャプションで掲載されているとの指摘は、俺の記憶では初めてです。確かに「誤用」のようです。」


画像



一切裏付け取材をしなかった本多勝一記者

本多勝一氏は1971年6月から四〇日間かけて中国を取材し、その衝撃のルポルタージュ「中国の旅」は朝日新聞紙面で連載されたほか、「中国の日本軍」「南京への道」などとともにシリーズで単行本化され、長らく「南京大虐殺」説の根拠とされてきました。

しかし本多氏のこの時の取材は実にいい加減なものでした。中国共産党が用意した証人の証言をただ聞き書きしただけで、一切裏付け取材を行っていなかったことを、本多氏自身も後に著書の中で認めています。

また、「中国の旅」の記事で「日本人による虐殺があった」と紹介された炭鉱に勤めていた日本人が、記事は事実と著しく異なると本多記者に抗議の手紙を送ったところ、本多氏からは「私は中国側の言うのをそのまま代弁しただけですから、抗議をするのであれば中国側に直接やっていただけませんでしょうか。」という、無責任な回答が返ってきました(※下写真参照)。


※本多勝一記者の直筆の書簡

画像



証言が真実かどうかを調べるのが記者の仕事ではないでしょうか。

これが『中国の旅』の報道の実態です。

-------------------------------------------------------------
当時の朝日新聞が報道!

「南京大虐殺はなかった!」

『中国の旅』(本多勝一著、朝日新聞社発行)には、中国側が提供した「日本軍による虐殺現場」と称する写真が多数掲載されています。


画像

画像


当時の朝日新聞記者が撮影した 陥落直後の南京市内のようす。

当時、南京戦には約80名もの朝日新聞の取材班が同行し、現地の状況をつぶさに報道していました。

下の写真はすべて、当時の「アサヒグラフ」に掲載されたものです。


画像

『アサヒグラフ』(昭和13年1月19日号)



画像

『アサヒグラフ』(昭和13年1月12日号)



画像

『アサヒグラフ』(昭和13年1月12日号)



画像

『アサヒグラフ』(昭和13年3月23日号)



このように当時の朝日新聞の特派員たちは、我が国の名誉回復につながる貴重な報道写真を多数撮影していたのです。

本多勝一記者の『中国の旅』は裏付けも取っていない、いい加減な聞き書きで、写真もすべてニセモノであったことが判明しています。

本多記者のルポと、南京陥落当時の朝日新聞社特派員の報道。いったいどちらが「真実の南京の姿」なのでしょうか?

本当に「南京大虐殺」があったのなら、南京市民がこのように穏やかな表情で写真におさまるはずがありません。

確かに通常の戦闘行為はありましたが、日本兵は南京で虐殺などしていなかったのです。

日本は今、「南京大虐殺」の汚名をきせられ、ナチス同様の野蛮な民族として、世界中からレッテルをはられようとしています。その発端となったのが朝日新聞の「中国の旅」です。

わたしたちは朝日新聞社に対し、
1.朝日新聞者として、速やかに1971年に朝日本誌に掲載した本多勝一記者のルポ「中国の旅」と、それをまとめた書籍『中国の旅』(本多勝一著、朝日新聞社)、および一連の「南京大虐殺」報道に関する検証作業に着手すること
2.裏付けのない記事、および事実に反する記事の取り消しと訂正
3.『中国の旅』の絶版と回収 

を求めます。


ソース: JAPAN+(ジャパンプラス)
本多勝一元記者が、「南京大虐殺」写真の捏造認める!
http://japan-plus.net/182/


=============================================================



【必見動画】

朝日が捏造した歴史
[本多勝一(本名は崔泰英)]
http://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE

南京大虐殺記念館は日本人が造らせた
http://www.youtube.com/watch?v=S4W85wZWRds

事実は、南京の安全区国際委員長から日本軍に感謝状
http://www.youtube.com/watch?v=jEdR65Y6I7o




Link:

スコッツボロー・ガールズ 慰安婦の嘘を英語で発信
http://ochimusya.at.webry.info/201504/article_14.html

日本人を狂わせた洗脳工作 WGIP
http://ochimusya.at.webry.info/201504/article_13.html

GHQによる日本人洗脳工作の証拠
http://ochimusya.at.webry.info/201504/article_11.html

反撃せよ!ニッポン ケント・ギルバート 【必読】
http://ochimusya.at.webry.info/201411/article_9.html

南京大虐殺を告白した国民党少尉
http://ochimusya.at.webry.info/201504/article_10.html

忘れ去られる通州事件
http://ochimusya.at.webry.info/201504/article_7.html

支那の偽史文明(歴史を捏造する中国)
http://ochimusya.at.webry.info/201204/article_13.html

沖縄のメディアが伝えない真実 櫻井よしこ
http://ochimusya.at.webry.info/201504/article_6.html

中共の対日戦略 櫻井よしこ 【必見】
http://ochimusya.at.webry.info/201405/article_12.html

日本がアジアに残した功績
http://ochimusya.at.webry.info/201106/article_11.html

正しい歴史 凛として愛
http://ochimusya.at.webry.info/201010/article_12.html

日本には侵略戦争はない
http://ochimusya.at.webry.info/201005/article_7.html

朝日が捏造した歴史 Part 1
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_1.html

朝日が捏造した歴史 Part 2
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_2.html

日本解放第二期工作要綱(日本侵略の工作指令書)
http://ochimusya.at.webry.info/201307/article_1.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これでも朝日新聞を読みますか?
ワック
山際 澄夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これでも朝日新聞を読みますか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
ワック
山際澄夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



       


    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
朝日新聞前主筆、若宮氏が「安倍叩きは朝日新聞の社是」発言を否定、田原総一朗との対談形式で
朝日新聞前主筆の若宮啓文が、あの田原総一朗との対談で、有名な”安倍叩きは『朝日』の社是”は嘘と否定しました。彼は、その言葉の主、三宅久之氏にも抗議の電話をしたとも・・・、三宅氏は「確かにそう言ったよ」と、「どこで言ったのか?」「記憶がない、どこかで立ち話で言ったんじゃないか」と。何故今頃、発言主の三宅久之氏が死んでから、否定するのだろう?。彼の存命中に否定すべきでした。『社是』がホントか嘘かは、第一次安倍政権発足当時からの、「朝日」の報道内容を振り返ればその真偽は明らかです。私自身の感覚で... ...続きを見る
きらやまと・さらいにこ
2015/05/06 15:32
米最強442連隊の大和魂…激戦地に赴いた日系2世
半数が生きて故郷に戻ることはなかった…欧州戦線の白人兵を驚愕させた日系2世部隊の伝説的な戦い。訪米の最後に安倍首相が対面した442連隊の元兵士達は、紛れもないサムライだった。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2015/05/06 19:59
小西洋之の弁護士は朝鮮人!産経新聞の阿比留記者を名誉棄損で刑事告訴・訴状の弁護士に「朴鎮賢」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2015/05/06 21:32
「鳥海」が泣いている 〜鮮文大学講師、日本が植民地支配や歴史歪曲(わいきょく)をしたなら、それを正す...
反日ハンター・神功正毅です。朝鮮統治時の日本が朝鮮半島から富を収奪したことがウソであることはもうネットを中心に広まっていますが、未だに日本が韓国を経済的に搾取したとす ... ...続きを見る
反日ハンター
2015/05/07 13:32
九条ハンマー 〜「在日特権」デマに怒りの鉄槌を下してやる by 野間易通
反日ハンター・神功正毅です。 C.R.A.Cの首領、野間易通氏が”「在日特権」デマ”なるものに怒りの鉄槌を下してくれるそうです。 民団HP/「在日特権」の虚構・増補版…丁寧な検証と ... ...続きを見る
反日ハンター
2015/05/07 19:32
特別永住者の通名廃止まであと2ヶ月
反日ハンター・神功正毅です。今日で特別永住者の持つ「外国人登録書」の通名欄のない「特別永住者証明書」への切り替え期限まであと2ヶ月となります。News U.S. 中国・韓国・在日朝 ... ...続きを見る
反日ハンター
2015/05/08 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはochimusyaさん。

冨田尚弥選手が韓国のアジア大会で

カメラを盗んだという冤罪の汚名を着せられた問題で、

冨田選手は当初から「盗んでいない」と無実の罪を訴え、

同行していたJOCや水連関係者に相談していたのに、

韓国の裁判長でさえ証拠としての価値を否定した

不鮮明な防犯カメラの映像を見て、

「犯人は冨田尚弥だ」と断定した

柳谷直哉らJOC関係者は、

「罪の否認は個人でやれ」と

冨田選手を突き放していた事実が明らかになったのですが、

この事実を伝えた共同通信の元記事を配信した

産経を除く日本のすべてのマスコミが、

配信直後に「否認は個人で」のニュース記事を

「冨田選手に韓国検察が罰金を求刑」の記事にさしかえています。↓

http://www.bing.com/search?q=%E5%90%A6%E8%AA%8D%E3%81%AF%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%81%A7&qs=n&form=QBLH&pq=%E5%90%A6%E8%AA%8D%E3%81%AF%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%81%A7&sc=0-3&sp=-1&sk=&cvid=896a17526e6f451c8aaf256a559a912d

キャッシュで確認すれば全て元記事は

「否認は個人で」だったことが確認できます。

これは日本の反日マスコミの集団的な情報隠ぺいの犯罪です。

拡散よろしくお願いします。
土佐守
URL
2015/05/06 15:39
安倍ちゃん、安倍ぴょん、を使っている者は特亜系反日主義者と同じ

チャンとピョンは特亜用語、総理大臣に使う言葉では無いし失礼です。

佳子内親王.佳子殿下に対して、佳子さま等と言っている.書いている産経とか保守派の一部は日本の恥

天皇陛下を攻撃してる者達はネオナチ同然です。
(天皇陛下は失われたユダヤ12支族の末裔で、有る可能性が有り。)

日本が好きと言う気持ちが有るの成らば、悔い改めなさい。

iPhoneとかGalaxyを買うと日本の貿易赤字が増えます。
日本メーカー又は親日国のスマホを買いましょう。

日本のネットは特亜系の反日勢力が沢山居ます。
リテラシーの低い者にとってネットは、テレビ以上に害をもたらす可能性が有ります。

リテラシーが低い者は政治、経済とかの重要な部分に関わるべきでは無い。

100の無能よりも1の有能が、日本には必要なのだと痛感します。
日本の利益を求めて、天安門事件
2015/05/07 00:30
私が作成しているWebsiteを紹介させてください。

南京大虐殺のウソ(英語版) 拡散希望
False Accusations of Nanking Massacre
http://www.howitzer.jp/nanking/index.html
moguro fukuzo
URL
2015/08/27 16:28



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

南京大虐殺 写真の捏造を認めた本多勝一 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる