風林火山

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京裁判 ケント・ギルバート

<<   作成日時 : 2017/08/06 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 4 / コメント 0

戦後、毎年恒例の日本国民1億総懺悔シーズンの8月に突入した。

毎年恒例で、うんざりするので、最近はあまりテレビは見ないようになってきた。

「日本軍はアジア諸国、そして中国を侵略した悪者でございます。原爆を落とされても仕方ありません。未来永劫、軍隊を持たず、殺されても戦争は放棄するのが正義です」・・・的な趣旨のテレビ・ドキュメンタリーを、テレビは垂れ流す。

その番組を見て喜ぶのは、過去5000年に渡り、自国の歴史さえも捏造しつづけてきた漢民族・・・つまり現在の中国だ。

その中国の顔色をうかがいながら、NHK、その他の民放は、偏向報道、歴史捏造報道を巧みな手口で繰り返す。 



言ってしまった「NHK正体は反日!」 by 青山繁晴
https://youtu.be/uqP3gwivPx0



反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします!

人気ブログランキングへ




原爆が広島に投下された本日は、NHKスペシャルのドラマ(前4話)で、昨年末に放映された『東京裁判』が再放送されたようだ。

このNスペのドラマは、まだ全部見ていないが、以下の3点に関して、ドラマで語られていないのであれば、NHKによる中国目線のドラマであり、反日ドラマと見做して良いのではないかと思っている。

@マッカーサーは、後日「日本は(侵略ではなく)自衛の戦争であった」と認め証言していること、Aマッカーサーを筆頭に、GHQの幹部の何名かは、「東京裁判は間違いであった」と認めていること、B日本は中国に執拗に戦争を仕掛けられたが、日本が中国を侵略した事実はなく、したがって証拠はなかったということ。

「東京裁判」に関しては、米国人のケント・ギルバートが日本の立場を弁護してくれている。

その一部が、ネット上にあるので紹介したい。



=============================================================
史上最大の冤罪事件、東京裁判について米国人弁護士が語る。
「戦争犯罪国家として裁かれるのはアメリカだ」


米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番 第1回

-------------------------------------------------------------

東京裁判を題材にしたNHKスペシャル「ドラマ 東京裁判〜人は戦争を裁けるか〜」が本日(12月12日)より4日夜連続で放送中。

その放送に合わせて、「米国人弁護士が『断罪』東京裁判という茶番」を12月16日に刊行予定、来日から40年日本を愛し、知り尽くしたケント・ギルバート氏が米国人の視点からみた東京裁判について論じていく。

-------------------------------------------------------------

真珠湾攻撃よりも以前から、アメリカは、『歴史戦』を日本に仕掛けていた。日本に『侵略国家』のレッテルを、貼りつけるためだ。

アメリカ側にのみ正義があり、日本は、「悪の枢軸国」の一翼を成す、『戦争犯罪国家』だと、謀略宣伝するためだった。

本当は、アメリカ政府こそが、自国民を騙して、戦争をはじめたのだ。もし、仮に、公平な国際軍事裁判が行われたならば、『戦争犯罪国』として裁かれるのは、アメリカだった。

それなのに、日本人の認識も、世界の人々の認識も、まったく逆になっている。これが、『歴史戦』の真実だ。

史実を曲げて、歴史を捏造して、世界中にプロパガンダ謀略宣伝を流布して、「歴史修正」を実行したのは、アメリカ政府だった。

なぜ、アメリカ人弁護士の私が、『歴史戦』の真相を、いま、問題にするのか。訝しげに思われる方もいるだろう。

しかし、その理由は単純明快だ。私は嘘が大嫌いなのだ。弁護士なのでファクト、すなわち“事実”をもっとも重視しているからである。

アメリカの国益のためにも、嘘をベースにした日米関係は、いい加減に改めるべき時期である。しかし、史実を無視した『歴史戦』は、いまもなお、現在進行形で戦われている。

◆『歴史戦』の最大の武器が、東京裁判という『プロパガンダ劇』

「極東国際軍事裁判」が、東京裁判の正式名称だ。いかにも、正当で正義の裁判を装っているが、現実は、まったくの茶番だった。「裁判」というのは名ばかりで、まったく一方的で、不当な「復讐劇」だった。それは、起訴状が手交された日からもわかる。その日は、昭和二十一年四月二十九日。つまり昭和天皇の天長節(天皇誕日)だったのだ。

判決文の朗読が始まったのが、『紀元節』、つまり、現在の建国記念日にあたり、いわゆる「A級戦犯」として、死刑判決を下された七名(実は松井石根陸軍大将は「A級戦犯」の起訴事実を認定されていない)が絞首刑に処せられたのが、当時の皇太子(つまり今上陛下)の誕生日にあたる、昭和二十三年十二月二十三日だった。もちろん、日本にとってお目出度い日に、忌まわしい死刑をわざと執行したのだ。怨念すら、感じてしまうほどのおぞましい復讐「裁判」劇場だった。

しかし、アメリカは、どうしてもアメリカの戦争犯罪行為を糊塗したかった。日本こそが戦争犯罪国家であり、アメリカは正義の味方だと、世界に宣伝したかったのだ。まさにプロパガンダそのものである。

このプロパガンダ「裁判」劇は、功を奏した。私自身、ほんの数年前まで、東京裁判に強い疑念の目を、向けたことはなかった。

東京特派員倶楽部(現・日本外国特派員協会)の外国特派員たちは、『正義の裁き』を、冷静かつ真摯に検証することもなしに、世界に報じた。

東京特派員倶楽部は、「マッカーサーに対抗するために結成された」と、言う人もいるが、それは、マッカーサーが各国の記者の「定員枠」を制限したことに対する、反発を示し、労働条件改善のための、団体交渉を行った組織であるという、程度の意味しかない。

その結果、マッカーサーが「定員枠をはずす」上に、「正規の現役ジャーナリストなら、誰でも宿舎と食事を提供する」と、オファーしたところ、すぐ合意に達した。

そうして、獲得したのが、三菱地所がリースした、五階建ての赤レンガビルだった。「ナンバーワン新聞ビル」と、呼ばれ、地下は厨房、一階がラウンジと食堂とバー、2,4,5階には、個室の食堂があった。それ以外は、寝室に改造して、シャワーと洋式トイレを新設した。これだけ、好条件を提供されると、占領軍の批判記事は書きづらくなる。

◆いまも日本を呪縛する東京裁判の呪い

東京裁判こそが、史上最大の冤罪事件だった。戦争犯罪人として裁かれた人たちの名誉回復は、不十分なままだ。

しかし読者の中には、七十年も前の東京裁判のことなど、もうどうでもいいではないかと、そう思われる方もいるだろう。

だが、問題は、その東京裁判とWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)が、二十一世紀に生きる日本人を、いまだに呪縛していることだ。

大半の日本人は、いまでも占領軍の戦時プロパガンダに呪縛されている。このため、その色眼鏡を通してしか、歴史や世界を見ることができない。

二〇一六(平成二十八)年の八月十五日、安倍晋三首相は、靖国神社を参拝しなかった。国のために命を捧げた将兵を祀る靖国神社に、首相が参拝することができないという、実に異常な状況に日本は置かれている。

中国や韓国の批判をかわすことや、連立与党の、公明党への配慮のためだろうが、まったく理不尽なことだ。

首相が、靖国神社を参拝することが問題なのは、「A級戦犯が祀られている」から、だとも言われる。しかし、それもまた、ほんとうではない。プロパガンダである。

昭和天皇は、いわゆるA級戦犯について、「米国よりみれば犯罪者ならんも、我が国にとりては功労者なり」と述べている。この先帝陛下のお言葉は、「A級戦犯」として、逮捕状が出された木戸内大臣について語られたものだと、『木戸幸一日記』に書かれている。

実は、昭和二十年八月の終戦から、昭和五十年四月までの三十年弱の間に、歴代八人の首相が、計三十一回の靖国神社参拝を行っている。首相の靖国参拝は、恒例行事だったので、わざわざ、新聞の紙面を大きく割いて、報じるものではなかった。両陛下や、首相の靖国参拝を、朝日新聞ですら、好意的に報じていた。

ところが、三木武夫首相が昭和五十年八月十五日の「終戦の日」に参拝したとき、朝日新聞は初めて「政教分離」に絡めて、批判的な報道を行った。これ以降、新聞等の批判的報道は徐々にエスカレートし、今では中国や、韓国が、外交カードに用いるようになった。

首相や、閣僚の靖国神社参拝に、何か問題があるかのように、考えている人々の大半は、このような経緯を何も知らず、ネガティブキャンペーンに踊らされているだけである。このような経緯を知った上で、批判を続ける人々は、左翼的思想の確信犯だろう。


ソース:
史上最大の冤罪事件、東京裁判について米国人弁護士が語る。
「戦争犯罪国家として裁かれるのはアメリカだ」
[BEST TIMES 2016年12月12日]
http://best-times.jp/articles/-/3968


-------------------------------------------------------------
ケント・ギルバート: 
米カリフォルニア州弁護士・タレント。1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。71年、米ブリガムヤング大学在学中に、モルモン教の宣教師として初来日。75年、沖縄海洋博覧会の際にアメリカパビリオンのガイドとして再来日。80年、米ブリガムヤング大学大学院を卒業。法学博士号、経営学修士号、カリフォルニア州弁護士資格を取得して、国際法律事務所に就職し、法律コンサルタントとして来日。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。その後も、バラエティ番組、ドラマ、CM、映画、講演等の多方面で活躍。著書に『いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人』(PHP研究所)、『日本覚醒 そろそろ自虐はやめて目覚めませんか?』(宝島社)、『トランプ大統領が嗤う 日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)などがある。

=============================================================




いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人
PHP研究所
ケント・ギルバート

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





参考URL:

ケント・ギルバートの 知ってるつもり
http://ameblo.jp/workingkent/


Link:

NHKスペシャル 東京裁判
http://ochimusya.at.webry.info/201708/article_3.html

始まった日本人の正常化 ケント・ギルバート
http://ochimusya.at.webry.info/201607/article_12.html

日本はテロリストの「思うつぼ」 ケント・ギルバート
http://ochimusya.at.webry.info/201607/article_5.html

中国軍艦の尖閣周辺侵入 ケント・ギルバート
http://ochimusya.at.webry.info/201606/article_9.html

平和ボケは試練を迎える ケント・ギルバート
http://ochimusya.at.webry.info/201606/article_1.html

陰謀のレールに乗せられた日米開戦への道 ケント・ギルバート
http://ochimusya.at.webry.info/201605/article_5.html

法も常識も通用しない中国 ケント・ギルバート
http://ochimusya.at.webry.info/201605/article_2.html

反撃せよ!ニッポン ケント・ギルバート 【必見】
http://ochimusya.at.webry.info/201411/article_9.html

北朝鮮の工作員は2万人 青山繁晴 【必見】
http://ochimusya.at.webry.info/201004/article_15.html

日本の内なる敵 マスコミ編 Part1 【必見】
http://ochimusya.at.webry.info/201301/article_3.html

日本の内なる敵 マスコミ編 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201301/article_4.html

日本を蝕む内なる敵 教育・宗教編
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_21.html

日本を蝕む内なる敵 官僚編
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_17.html

日本を蝕む内なる敵 総括編
http://ochimusya.at.webry.info/201111/article_1.html

反日を国是とする中国 Part1
http://ochimusya.at.webry.info/201208/article_2.html

反日を国是とする中国 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201208/article_3.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
   

 
     


    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菅野完性的「暴行」裁判の判決言い渡しまであと1日
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 森友学園がらみで色々やらかしてくれた「日本会議の研究」の著者・菅野完に性的「暴行」されたと被害者の女性が民事裁判を起こした件の判決言い渡しが8月8日に行われるそうです。 週刊金曜日 2017年7月14日号/菅野完氏、被害軽視の見解 ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/08/07 08:55
衆議院議員の若狭勝氏、「日本ファーストの会」を立ち上げる
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 都民ファーストの会を支持して自民党を離党した衆議院議員の若狭勝氏が「日本ファーストの会」を立ち上げました。 産経ニュース//若狭勝議員が政治団体「日本ファーストの会」設立を表明 政治塾「輝照塾」開催も http://www.sankei.com/politics/news/170807/plt1708070032-n1.html <引用開始>... ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/08/07 20:25
テレビの加計学園「閉会中審査」報道時間を比較・前川喜平2時間33分、加戸守行6分、原英史2分
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2017/08/07 23:25
【暫定】添田充啓&山城博治防衛省職員強盗暴行傷害事件の第八回公判まであと20日
&#160;反日ハンター・神功正毅です。 添田充啓&山城博治防衛省職員強盗暴行傷害事件の第八回公判が8月28日に行われます。 山城博治さんたちの完全無罪を!/【緊急】明6日第6回公判へ結集を! https://kyuenweb.wordpress.com/2017/07/05/%e3%80%90%e7%b7%8a%e6%80%a5%e3%80%91%e6%98%8e6%e6%97%a5... ...続きを見る
反日ハンター FC2猟友会
2017/08/08 13:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文



ランキングに
ご協力ください!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


画像

画像

画像

画像

画像

画像


     画像

東京裁判 ケント・ギルバート 風林火山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる