恐るべき中国の闇市場

海外の文化に興味を持ち、国際交流をはじめて、約30年、
特に、東南アジアとのビジネスは、20年近く経験してきた。

東南アジアでも、主に中国、韓国、台湾とのビジネスは多く、
現地に滞在し、各国の歴史と文化も、それなりに学んできたつもりだ。

中国と韓国の現地では、個人的なお付き合いで、大変魅力的な知人・友人もいる。
しかし、中韓の国家政策と実情を、知れば知るほど、嫌中、嫌韓になってしまうのだ。
事実、中韓とのビジネスにおいても、大半は理不尽で酷いことばかりであった。

逆に、中韓以外の、台湾をはじめ他の東南アジアの国々は、
知れば知るほど、親日で好感が持てると言えるかもしれない。

ハッキリと言わせてもらえば、
中国の漢民族(中華思想)ほど、残虐で恐ろしい民族は世界に存在せず、
南北朝鮮と同様に、嘘と捏造だらけの歴史を主張する反日国家であるという事だ。
(「南京事件」に関する、最新ニュースは、当記事の最下方にあり。)

近代まで行われていた、「凌遅刑」「公開処刑」、そして戦後GHQにより闇に葬られた、日中戦争の火種の原因、中国人による日本人、一般市民の大虐殺、「済南事件(1928年)」、「通州事件(1937年)」など、多くの日本人は、その事実さえ知らない。

ご存じでない方は、上述の各ワードを、ネットで検索する事をお勧めする。

=============================================================

中国人(韓国人も同様)の優れた所、それは櫻井よしこ氏が言うとおり、
現代の日本人が持っていない、「愛国心」が強く、元気が良いことだ。

些細なトラブル(例えば、程度の軽い車の接触事故)でも、携帯電話で仲間を集め、
徹底的に相手と口論するのだ。当然ながら、人数の多い方が勝者となる。

中国以外の海外でも、チベット独立の旗を掲げたデモ隊へ、
一般の中国人が、たった一人で突撃し、チベットの旗を奪い取ろうとする。

愛国無罪といいながら、中国人(韓国人)の団結力は恐ろしい程のパワーだ。

=============================================================

一時期は、業務上、主に中国を担当しており、北京オリンピックまでの3年間は、
毎日現地のニュースを、ネットで隅々までチェックしていた。
中国では、日本人が知らない、数多くの恐ろしい事件が日常茶飯事で起きている。

日本の大手メディアは、「日中記者交換協定」に基づき、
中国政府が希望する、好印象を与えるニュースしか、日本では報道できず、
中国の闇の部分は、全く報道されないのが実情だ。

広い中国、都市部と農村部で貧富の差が拡大して巻き起こる政府への不満、政府役人の汚職、少数民族と漢民族との衝突など、人民の不満は、日々あらゆる地域で暴動となって起きていて死傷者の数は大小あとを絶たない。

問題は、中共政府は、完全にメディアを支配しているので、このような日々の小さな暴動は、死者がでても報道されることはない。 どうしても隠しきれない場合のみ、死傷者の数を少なくして発表するのが常套手段なのだ。
中共政府は、あちこちへ暴動が飛び火する事を恐れているからだ。

米国も中国での人権問題を指摘していたが、近年、中国は日本を抜き、世界一の米国債の債権者となり、米国から中国への政治的な圧力は完全に弱まった。

中国の人身売買の闇市場では、主に生きた人間の売買、臓器の売買、死体の売買(葬儀用)が盛んで、無数の闇ビジネス・モデルが存在する。
民間人による犯罪であるが、政府・役人が関与しているケースも多い。

中国政府による、内モンゴル、チベット、ウイグル侵略での大虐殺、民族浄化(去勢や強制堕胎、そしてレイプ)は、周知の事実。 最近は、政治犯とされた少数民族などが生きながらにして、臓器を摘出され売買されるなど、中共政府の関与が疑われている。

昨年は、行方不明になった中学生が、全身の皮膚、肉組織、臓器がほとんど無くなり、骨とわずかの毛髪しか残っていない状態で捨てられていた事件があった。
(最初から臓器売買目的)


参考URL:

遺体で発見された行方不明の中学生、臓器窃取の疑い
[大紀元ニュース 2008-0614]
http://www.epochtimes.jp/jp/2008/06/html/d27262.html

狙われたのは「臓器」 中国で路上生活者殺害 [産経 2009-0903]
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/297227/


中国での、一般人による犯罪は、日本人の想像を絶するレベルだ。
一人っ子政策で人手が足りない農村では、後継ぎの男児が生まれるまでは、
女児が生まれると売り飛ばす。逆に、嫁として女児を買ってくるのも日常茶飯事。 


参考URL: 中国の人身売買事情
[大紀元ニュース 2005-0807]
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/print/prt_d57735.html


一昨年には、子供から大人まで、数百人を拉致・誘拐した上、24時間監視され死ぬまで労働させていた各地の煉瓦工場が次々に摘発されている。しかし折角救出されても、現地の労働監察機構に、別の奴隷工場に転売されたりするケースもあるらしい。これらの工場は皆現地政府の庇護を受けていて、司法機構は救出に協力しないらしく、事件に関与している疑いがある。奴隷となった子供たちは、千人以上に及ぶそうだ。


参考URL:

中国の奴隷工事情 [大紀元ニュース 2007-0619] 
http://www.epochtimes.jp/jp/2007/06/html/d11976.html

中国で頻発する人さらい 「四川省から来た女の子たち」
http://tanakanews.com/a3kidnap.htm


赤ん坊を誘拐しての人身売買、女児の性の奴隷は、日常茶飯事のようだ。 
しばらく前に話題となった事件だが、村ぐるみで幼児の誘拐と人身売買を、
村の主幹事業としていたケースも発覚している。   

酷いケースだと、誘拐した幼児の手足を、意図的に切断、身体障害者にした後、
生涯乞食として街角に座らせて、その売上をピンハネしていたのだ。 
中国では、乞食が職業として成り立っている社会でもあり、親が子を売りとばしたり、レンタルで乞食業者へ貸し出す事もあるという。


参考URL:

中国:年間20万人の児童が行方不明、我が子救出に奔走する親たち
[買ってきた子どもに障害を負わせ、乞食にする]
http://www.epochtimes.jp/jp/2008/09/html/d24974.html

子供の死体から臓器摘出!?
市民に広がる「組織犯罪」の噂 ― 貴州省安順市
http://www.recordchina.co.jp/group/g23622.html

震災悪用、乳児売買犯6人を逮捕 ― 四川省江油市 [2008-0525]
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/080525-190725.html

全裸にされ、手を縛られたままで15年、糞便に充ちた土間で過ごす「妻」
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3409.html

全裸にされ、手を縛られたままで15年の女性が無事保護
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-3507.html


他にも、数多くの、想像を絶する犯罪や、その証拠写真はネット上の
至る所にあるが、あまりに酷過ぎるので止めておく。

いずれも、氷山の一角 にすぎない。

=============================================================

最近、中国から輸出され、世界で話題となり、各国で新しい禁止法案が可決している、「人体不思議展」がある。これらの標本は生身の人間を使用した現代のミイラであり、中国政府が関与している事は明白だ。恐らく、チベットやウイグルで政府に拉致され、行方不明となった無数の人々の一部も含まれると思わざるを得ない。


参考URL:

人体不思議展の標本は、中国提供の死刑囚の遺体だった?
本物死体の展示は禁止に ― 米ハワイ
[Record China/ライブドアニュース 2009-0715]
http://news.livedoor.com/article/detail/4251414/

人体の神秘と恐怖を味わえる 「近代のミイラ」展 ― 山東省青島市
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=2535

ブログ Red Fox
特集 「人体展と中国の人体闇市場」
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-100.html
http://redfox2667.blog111.fc2.com/
 
【人体展と中国の人体闇市場13】 ハワイ州で人体展禁止が法制化
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-202.html



ウイグル暴動 [韓国メディア 2009年7月]
日本のメディアが報道しない 虐殺現場 [4:00 以降、注意!]
http://www.youtube.com/watch?v=cKwaaBH2UtQ



=============================================================

日本人として許せないのは、中国政府は、人民の不満のはけ口(ガス抜き)として、事実無根の捏造した歴史で反日教育を行い、反日デモを先導していたという事だ。 

人民の政府に対する不満の矛先を日本に転嫁し、政治面で日本への交渉カードとして、人民の反日感情を誇示できれば、まさに一石二鳥、願ったり、叶ったりなのだ。
 
反日デモの度に、若い世代の大群衆が、
「日本人を、ぶっ殺せ! 日本人を、ぶっ殺せ!」 と大合唱を始める。
前回は、日本大使館が襲撃されたが、
未だに、中国政府からは、謝罪の一言もないと記憶している。


参考URL: 2005年4月 上海 反日デモの時

日本車に乗っていた事が理由で、民衆にボコられた女性
http://www.youtube.com/watch?v=icqjN6sQtxQ

中国人が経営者である日本料理店への襲撃
http://www.youtube.com/watch?v=wzfbKLu5Isk&feature=related


=============================================================

最近の中国政府は、あからさまな反日デモを控え、
微笑外交に変更したと言われている。

その意図は、鳩山政権の掲げる裏マニュフェストにある、
「外国人への参政権付与」、「移民1,000万人」、「沖縄ビジョン」を踏まえて、
日本人へ好印象を持たせる戦略としか思えない。

しかし、現在でも、中国は南北朝鮮と同様に、
世界一の反日国家である事には変わりなないのだ。

捏造した歴史で反日教育を受けた多くの中国人が世界中に輸出され、
世界中で反日を唱える。 愛国無罪という口実で、日本で凶悪犯罪を繰り返す。 
すでに東京の人口では、中国人は、30人に1人の割合に増加したらしい。 

ジャーナリストの櫻井よしこ氏によると、
中国政府は、世界各国に駐在する全ての中国大使に、
「未来永劫、日本を歴史問題(加害国)で糾弾せよ!」と指示して、
世界各国で工作活動がされているとの事。

事実、親日で知られるインドネシア、カナダ、台湾等においても、
漢民族の移住が進み、中国政府のプロパガンダが功をなし、
事実無根の「南京大虐殺事件(捏造)」が、最近、教科書に記されだしたようだ。

日本人は、これでも黙って看過できるのですか?


参考URL:

新たな抗日記念館オープン 中国南京市
[産経ニュース 2009-0926]
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090926/chn0909262051003-n1.htm
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/306015/

中国映画「南京!南京!」がサンセバスチャン国際映画祭で最高賞
[AFPBB News 2009-0927]
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2646668/4677254

ブログ Red Fox
清朝時代の処刑写真を日本のものとして展示しているサイト(捏造)
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-205.html
http://redfox2667.blog111.fc2.com/


=============================================================

あなたは、日本の歴史を捏造し世界へ流布する、このような反日国家、
中国からの大量移民を受入れ、外国人参政権を認めたいですか?



Link:

中国 洗脳教育と人身売買の悲劇
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_16.html

憂国の士 櫻井よしこ
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_23.html

日本の危機 櫻井よしこ [「日本は悪い国」との国家観を植え付ける国]
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_8.html

日本人に伝えたいこと [櫻井よしこ 日本よ、歴史力を磨け!]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_12.html

世界で活躍 中国のスパイ
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_17.html

中国 戦慄の陰謀 1 [中国の国家戦略]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_7.html

中国 戦慄の陰謀 2 [中国共産党の日本解体工作指令書]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_8.html

中国 戦慄の陰謀 3 [櫻井よしこが語る中国の問題点]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_10.html



クリックを、忘れずに!
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!
 


中国は日本を併合する
講談社インターナショナル
平松 茂雄

ユーザレビュー:
テレビにご出演関西ロ ...
日本政府頑張れちょっ ...
教科書に書いてあるこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



中学生にも分かる慰安婦・南京問題?聞け!「アジア」の叫び?捏造、プロパガンダ、何でもあり (OAK MOOK 146 撃論ムック)
オークラ出版

ユーザレビュー:
歴史教育に存在する嘘 ...
歴史認識の問題を分か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない
新潮社
櫻井 よしこ

ユーザレビュー:
櫻井さんは怖い知識人 ...
中国人? ご勘弁くだ ...
かなりタカ派です櫻井 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)
晋遊舎
桜井 誠

ユーザレビュー:
何かと問題視される在 ...
『日本を貶めた10人 ...
舐めてましたタイトル ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック