中国 ハニートラップの誘惑

昔から現在に至るまで、公職で訪中する多くの日本の閣僚、官僚、外交官、財界人、マスコミ関係者らなどが、中国政府の諜報機関によりハニートラップに嵌っているようだ。

また、要人の訪中時だけでなく、日本国内においても現職の自衛官らが、中国人妻の手引きの下、日本の安全保障に関する機密情報の持ち出しをした事件が発覚しており、いずれも氷山の一角であるという。

つまり戦後の64年に及び、中国政府の情報工作は、絶えず行われており、スパイ天国の日本では、媚中政権への政権交代によって国家の機密情報が、今後も簡単に持ち出されてしまうと想像できる。

少し前の Youtube 動画で、中国政府の罠、ハニートラップの
概略を知る事ができるので、下方に貼り付けておこう。


=============================================================
2004年5月6日未明、「私は絶対に国を売る事はできないし、死ぬまでヤツらに追い回される(略)ことは、耐えられないことです。」

46歳の(在中)領事館員は、そう遺書を残し自殺した。

彼が遺書に綴った「ヤツら」とは、中国の諜報機関、「国家安全省」の工作員とされている。多くの工作員が、日本の機密情報を手に入れようと画策していた。そこで目を付けられたのが、この領事館員。単身赴任中だった彼には、上海で親しい間柄になった中国人ホステスがおり、工作員は、その女性関係をネタに、彼をこう脅迫したのです。

「お前がやってきた事は中国では法律違反だ!総領事館に知られたら困るのではないか?」その領事館員は、国家の機密情報を暗号にして送る電信官だったことから、工作員はその暗号のシステムを教えるよう、執拗に恫喝を繰り返したという。

「このままでは、国と国との問題に発展しかねない。」
そう判断した彼は、自らの命を絶つことを選んだのである。

今から8年前、橋本龍太郎元総理が、中国人女性通訳との関係を取り沙汰されたことがあったが、中国は、他国の要人に女性をあてがい、脅迫するのを常套手段にしているとも言われ、今回の事件も、氷山の一角に過ぎない。

=============================================================


中国のハニートラップに気を付けろ!
[誰もがひっかかるこの手口]
http://www.youtube.com/watch?v=OCTSYghDSPE



【魔都見聞録】 北京のイケメンの罠 [2009-0801]
http://www.youtube.com/watch?v=6D2_H5-izF0




Link:

中国 洗脳教育と人身売買の悲劇
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_16.html

恐るべき中国の闇市場
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_29.html

憂国の士 櫻井よしこ
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_23.html

日本の危機 櫻井よしこ [「日本は悪い国」との国家観を植え付ける国]
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_8.html

日本人に伝えたいこと [櫻井よしこ 日本よ、歴史力を磨け!]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_12.html

世界で活躍 中国のスパイ
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_17.html

中国 戦慄の陰謀 1 [中国の国家戦略]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_7.html

中国 戦慄の陰謀 2 [中国共産党の日本解体工作指令書]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_8.html

中国 戦慄の陰謀 3 [櫻井よしこが語る中国の問題点]
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_10.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない
新潮社
櫻井 よしこ

ユーザレビュー:
櫻井さんは怖い知識人 ...
中国人? ご勘弁くだ ...
かなりタカ派です櫻井 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



中国は日本を併合する
講談社インターナショナル
平松 茂雄

ユーザレビュー:
テレビにご出演関西ロ ...
日本政府頑張れちょっ ...
教科書に書いてあるこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



中国4000年の真実―侵略と戦慄
祥伝社
杉山 徹宗

ユーザレビュー:
中国史の入門篇的な本 ...
中国史入門書の好著こ ...
強烈なタイトルですが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ







この記事へのトラックバック