中国による合法的な日本侵略

既に幾つかのブログで伝えられている情報だが、重要なニュースなので当ブログでも紹介することにした。

民主党と公明党がマニュフェストにも載せていない売国法案、「外国人地方参政権付与法案」に関して、在日中国人たちが欲しているという内容の記事が東京新聞に掲載された。

「日本の国際化につながる」とか、都合のよい理由をこじつけて、日本が中国人たちに合法的に乗っ取られることが如実に表れている。

中国から日本への移民が増加の一途をたどっており、近い将来、中国は武力行使なしに日本を侵略することが可能となることは確実だ。

当然ながら、「外国人地方参政権付与法案」は、廃案にして、中国からの移民と短期渡航で来日する中国人の数を制限しなければ、日本は中国の餌食になってしまう。



=============================================================
                  国会目指す『新華僑』
=============================================================

「十年かかっても、二十年かかっても私たちの代表を国会に送り込みたい」

昨年十二月下旬、東京・池袋で開かれた「華人参政支援協会」の第一回研究会。来日二十一年の蘇霊さん(51)が力強く訴えると、同席した中国人数人がうなずいた。いずれも一九八〇年代以降に来日した「新華僑」と呼ばれる人々だ。

協会は日本国籍を取得した人を国会に送り出すことをはじめとした中国人、中国出身者の政界進出を目的に昨年九月に設立された。呼び掛けた段躍中会長(51)は「日本で中国人は、芥川賞作家はじめ上場企業の社長、大学教授など多くの分野で活躍している。唯一の空白地帯が政界だ」と語る。

きっかけは昨年六月に出席した参院総務委員会。日中関係の書籍出版などを手掛ける段さんは、在留外国人の代表として外国人政策への提言を求められた。しかし、参政権を持たないため、陳情するしかない「お客さん」の立場に歯がゆさを感じた。

「われわれ(新華僑)の仲間が国会議員にいてくれたら」

昨年の政権交代で、外国人の地方参政権付与に前向きな民主党が政権についたのを機に協会を立ち上げた。参政権を“与えられる”のを求めるだけでなく、日本国籍を持つ中国出身者が国会に進出し「主役」として政治参加することもにらんでいる。

-------------------------------------------------------------

画像


在留外国人は二〇〇八年末時点で約二百二十二万人、十年間でほぼ一・五倍に増えた。特に中国人はその三割を占め、三年前に韓国・朝鮮を抜き出身地別で最多に。法務省によると、日本国籍を取得した中国人も累計約十一万人に達し、韓国・朝鮮の約三十二万人に次ぐ。

しかし台湾出身の父親を持ち国政に進出した蓮舫参院議員(民主)は日本で生まれ育っており、新華僑ではない。

協会は当面、勉強会やインターネット雑誌の発行などで機運を盛り上げつつ、他の外国人団体との連携も模索する。段さんは「いずれは松下政経塾のような政治家育成組織もつくりたい」と意気込む。

-------------------------------------------------------------

ただ反発も根強い。昨年十一月末、東京・渋谷で開かれた外国人参政権の法制化に反対する街頭集会では「祖国の運命すら決定したことのない中国人になぜ参政権を与えないといけないのか」などと、在日中国人は批判の矢面に立たされた。

在日コリアン出身の白真勲参院議員(民主)も「アイデンティティーは尊重するが、日本の国益を考えるべきだ」と「華人」にこだわる姿勢に違和感を示す。戦前から横浜・中華街に住む「老華僑」の二世も「われわれは『日本に住ませてもらっている』という意識がある」と、新華僑の性急さに危うさを感じるという。

しかし、蘇さんは力説する。

「外国人に参政権を認めることは、日本の国際化にもつながる」

彼らが投じた一石は「日本人の定義を見つめ直す時期にきている」(白氏)兆しかもしれない。 

◇従来◇

外国人は参政権のない「お客」

◇段さんたちの新常識◇

外国人が「主役」として国政へ



ソース: 東京新聞 [2010年1月8日]
国会目指す『新華僑』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/joushiki/list/CK2010010802000085.html


=============================================================


加えて、以前より、元東京大学教授の酒井信彦氏は、歴史問題、そして反日教育を受けた中国人、韓国人らが日本へ移住し、容易に帰化している危険性を述べている。

また中国の日本侵略の戦略は、3段階に分かれている。第1段階は捏造歴史による日本の精神侵略(日本人の自虐史観)であり、これは既に大成功を収めた。酒井氏によれば、現在の日本は、精神的な白痴国家になってしまったと嘆いている。

そして現在は、第2段階の人口侵略(中国からの移民)の最中であるようだ。(第3段階は軍事侵略)

日本国民は、一刻も早く平和ボケから目を覚まし、特亜3国の実態を知り、真剣に国防を考え、現在の日本は、のっぴきならない状態にあるとう事を自覚する必要がある。



歴史問題とシナ・朝鮮の人口侵略  2/3
http://www.youtube.com/watch?v=-9I746QP39g



歴史問題とシナ・朝鮮の人口侵略  3/3
http://www.youtube.com/watch?v=HQ387KLgQTU




参考URL:

本当に、日本と日本人が大好き(はぁと)♪ [ふざけんな!中国人!]
http://ameblo.jp/konichiwa/theme-10017969312.html


Link:

朝日の外国人参政権・世論調査
http://ochimusya.at.webry.info/201001/article_11.html

中国は日本を併合する!
http://ochimusya.at.webry.info/201001/article_8.html

東京都神社庁 外国人参政権反対
http://ochimusya.at.webry.info/201001/article_7.html

日本が終わる外国人参政権
http://ochimusya.at.webry.info/201001/article_6.html

外国人地方参政権 抗議デモ
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_22.html

保守待望論
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_21.html

日本国家は存亡の危機! 石平氏
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_19.html

国民大行動 in 渋谷 補足
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_1.html

国民大行動 in 渋谷
http://ochimusya.at.webry.info/200911/article_23.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 
 
 
中国は日本を併合する
講談社インターナショナル
平松 茂雄

ユーザレビュー:
テレビにご出演関西ロ ...
日本政府頑張れちょっ ...
教科書に書いてあるこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 
 
 

この記事へのトラックバック