在日コリアンによる凶悪犯罪

昨今の在日コリアン(韓国・北朝鮮)の歴史捏造と横暴ぶりは許し難いものがある。
いろいろと調べてみると、強制連行、従軍慰安婦、創氏改名など、全く根拠のない捏造である上、事実は全く正反対なのだ。

強制連行の実態は、朝鮮人が自ら望んで日本で一旗揚げようと密入国して来日し、従軍慰安婦の実態は、自らの意思(借金の為、親や朝鮮人ブローカーに売られた事実はあったようだが、決して日本軍の行為ではない)で売春をして当時としては大金を稼いでいた。創氏改名の実態は、中国人に見下されないよう自ら望んで日本名を名乗っていたのが実情のようだ。

戦時中の朝鮮からの徴用令は、終戦前の1944年9月から1945年3月までの7カ月間だけであり、徴用労働者として朝鮮から日本へきた者は、およそ22万人であった。

しかし同時の日本では、日韓併合で朝鮮人は日本国民であったので(日本人と同様に扱っていた。)、多くの日本人が徴用として軍隊や軍需産業で働いていたことを鑑みると当然の義務といえるだろう。

1939年に日本に在住していた朝鮮人は、約100万人いたようだが、終戦直後には約200万人(徴用は、22万人)に増えている。殆どは自らの意思で日本へ職をもとめてきた者たちだ。

徴用以外でも日本での労働希望者が殺到し、日本政府は、朝鮮からの密入国に悩まされて渡航制限を実施したが、朝鮮労働団体が連日渡航制限の廃止を求める抗議行動があったほどだった。

大東亜戦争の終戦直後には、朝鮮人の凶悪犯罪が多発し、それを見かねたGHQのマッカーサーが在日朝鮮人を、韓国・北朝鮮へ無償の強制送還を行った。

また後の朝鮮戦争で、徴兵逃れも含め、朝鮮人の日本への密入国があとを絶たなかったと言われている。

その後、しばらくして政府が行った1959年の調査結果によれば、在日コリアンは総数61万人で、そのうち戦時中に徴用として来日した朝鮮人は、わずか245人にすぎなかった。

しかしながら、在日コリアン達は、皆強制連行されてきたと大嘘をでっち上げ、理不尽な在日特権、つまり特別な永住権まで得るに至った。また多くの在日韓国人は、日本において、一部の税金を半額に免除されるという恩恵も秘密裏に行われているらしい。

近年は、韓国政府による歴史捏造と反日教育、武力による竹島の実効支配(侵略)、対馬の土地買い占めと領有権の主張(侵略)、そして現在は、民主党と公明党を支持しつつ、外国人地方参政権の獲得を狙っている。

在日コリアンの犯罪と不法行為、そして韓国政府による反日教育と理不尽な親日勢力の根絶政策、日本の領海内への廃棄物の不法投棄など、日本人が知らない末恐ろしい韓国の実態が数多い。

上述に関しては、桜井誠著の『反日韓国人撃退マニュアル(晋遊舎)』が、最も簡潔で分かり易く、一日で完読できる内容なので、読んでみる事をお勧めする。

また日本のマスコミが絶対に報道しない史実として、終戦直後の混乱した日本国内で、多くの在日コリアンは土地を不法に占拠し、略奪、強盗、強姦など、悪事の限りをつくして暴れ回り、何の処罰も受けずに現在に至っているのだ。

在日コリアン達による極悪非道の凶悪事件の一例が、朝鮮進駐軍だろう。
下方に参考動画を貼り付けておく。【要拡散】



在日朝鮮人 朝鮮進駐軍について  1/2
http://www.youtube.com/watch?v=uyMLaVq4ez0



在日朝鮮人 朝鮮進駐軍について  2/2
http://www.youtube.com/watch?v=url_4lRg8Sk



在日3世のウリがチョッパリどもに韓国と日本の真実を教えてやるニダ
http://www.youtube.com/watch?v=xW8gKXbSSXE



韓国の子供たちの絵と日本の子供たちの絵
http://www.youtube.com/watch?v=GIA6Bhbvn1k




参考URL:

日韓併合の真実
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/heigou.html
http://photo.jijisama.org/index.html

日韓併合時代の真実
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htm

朝鮮歴史館
http://ameblo.jp/campanera/

ねぇ 知ってたぁ? [在日コリアンたちの本格的な日本侵略]
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/

ねぇ 知ってたぁ? [民主党と日韓併合前の朝鮮]
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-1049.html

厳選!韓国情報 South Korean Culture & History
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/725cceb3dd54bae3aaaf45514323f3b9
http://blog.goo.ne.jp/pandiani

日本企業が行った韓国企業への技術援助
http://kk2005xxx.iza.ne.jp/blog/entry/158501/

日本政府の韓国に対する経済援助
http://kk2005xxx.iza.ne.jp/blog/entry/158500/

朝鮮に滞在した外国人の評価 [朝鮮人の民族性]
http://kk2005xxx.iza.ne.jp/blog/entry/157854/

高松市 [韓国のトイレ事情(驚愕!)]
http://blog.goo.ne.jp/takamatsushi/e/ace9a2ffe735c0400d01ee27155d0602

O V E R D O P E [秘宝韓国のアート?(最後までスクロールすると驚愕!)]
http://overdope.exblog.jp/5896965

韓国伝統の人糞酒 『トンスル』 とはどんな酒なのか 
[Livedoor ニュース 2009-0731]
http://news.livedoor.com/article/detail/4277696/

-------------------------------------------------------------

【1】韓国ってホントに反日?
http://peachy.a-auc.net/korea/korea1.html

【2】韓国はなぜ反日か?
http://peachy.a-auc.net/korea/korea2.html

【3】なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?
http://peachy.a-auc.net/korea/korea3.html

-------------------------------------------------------------


Link:

友愛外交で失う日本の領土
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_24.html

竹島の真実
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_14.html

恩を仇で返した朝鮮人
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_10.html

驚愕! 韓国 反日の実態
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_12.html

日韓併合の真実 Part 1 [朝鮮人の証言]
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_7.html

日韓併合の真実 Part 2 [欧米人の証言]
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_8.html

報道テロ マスコミの崩壊 [TBSの実態]
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_14.html

朝日が捏造した歴史 Part 1
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_1.html

朝日が捏造した歴史 Part 2
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_2.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)
晋遊舎
桜井 誠

ユーザレビュー:
文句を言う人はどんな ...
何かと問題視される在 ...
『日本を貶めた10人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 (祥伝社黄金文庫)
祥伝社
崔 基鎬

ユーザレビュー:
韓国の真実の歴史私に ...
韓国併合について広く ...
説得力がありますね韓 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



日韓併合の真実―韓国史家の証言
ビジネス社
崔 基鎬

ユーザレビュー:
「アジアの光」であっ ...
この本を読んで事実を ...
韓国の親日歴史家から ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 
 
 

この記事へのトラックバック