済洲出身? 小沢一郎の怪

しばらくネット閲覧ができなかったが、久しぶりに閲覧していると、小沢一郎幹事長の出自に関する暴露記事を見つけた。

以前より、鳩山内閣(民主党、社民党など)は、韓国、朝鮮、中国に媚を売り、日本国民より特亜3国の利益を第一に考える政権であることは周知の事実だ。そしてその理由の根幹は、鳩山政権には、帰化日本人が多く、小沢一郎氏も朝鮮半島の出身であるとの噂があった。

今回、千葉大学名誉教授の清水馨八郎氏による衝撃的な記事を見つけたので、参考URLと共に貼り付けておこう。



国民新聞1月25日号に掲載された清水馨八郎氏の記事
(画像クリックで拡大)
画像




頑張れ日本! 全国行動委員会結成大会 西村眞悟氏/赤池誠章氏
[スタートしてすぐ、1分30秒前後に、この小沢一郎の発言が紹介されます。]
http://www.youtube.com/watch?v=_JORrd3pu2Q



「小沢一郎は朝鮮人」と西村眞悟氏
http://www.youtube.com/watch?v=VWc5299z1E4



土井たか子、小沢一郎などの公人は「出自を明らかにせよ!」
http://www.youtube.com/watch?v=QYUf7mvjDM8


 

=============================================================

西村慎吾氏が指摘、日本人の政治家ではない!

韓国での小沢一郎氏の発言:
「日本人は民度が劣る、優秀な韓国人の血を入れないと害虫日本人が増える!」

ソース: 花うさぎの「世界は腹黒い」
[西村慎吾氏が指摘、日本人の政治家ではない!]
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1457899/

-------------------------------------------------------------

驚愕の事実

小沢一郎問題を「政治と金」「政治資金規正法」「収支報告書虚偽記載」や
「検察の横暴」などで論じるのは小沢の思うつぼだということがマスコミや
評論家には分かっていません。

だから小沢はどんなに追及されようが国民の強い批判を浴びようがどこ
吹く風。幹事長という権力を決して手放したりしません。

評論家はしたり顔で「このまま支持率が下がっていけば小沢は参議院選挙
前に責任を感じて民主党のために身を引く」と言っていますが日本人的な
考えです。

それでは小沢の目的はいったい何なのか?選挙のマニフェストに載せなかった
INDEX(禁書目録)の政策を実行する為です。だからこの法案を通すために
権力の座から退くわけにはいかないのです。

その法案とは「外国人参政権」「夫婦別姓」「一千万人の移民受け入れ」「人権
擁護法案」などの悪法法案です。

なぜ小沢は日本国を滅亡させることがはっきり分かりきっているこの悪法を成立させようとするのか?私は最初韓国人のために働く小沢は権力を得るために金と票が目的だと思っていました。

しかし日本の常識でどう考えても理解をはるかに超えています。日本人でありながら自分の愛する国を外国に平気で売るなど信じられませんでした。

外国人参政権付与に賛成している多くの民主党議員たちが、この危険な法案を単に理解していないからだけでしょうか?

私のブログに寄せられた多くのコメントに「悪法に賛成している議員の多くが成りすましの外人、彼らの日本の苗字は在日の通名、小沢一郎の母は済州島出身で一郎は時々墓参りに島を訪問、土井たか子の本名は李高順、福島瑞穂は趙春花、」などのコメントを拝見しても半信半疑でした。

しかし最近小沢の韓国訪問時のコメントや日本での行動をしっかり精査するとこれらのコメントを信じられずにはおれません。

民主党の国会議員の多くが中韓の出身だとすれば、すべての謎が氷解します。

民主党内閣がなぜ中国、韓国寄りになるのか、何故外国人参政権などの恐ろしい悪法を通そうとするのか、彼らが中韓の出身なら、なにも理解に苦しむことがなくなります。納得です。

そういえば小沢の身辺には朝鮮人がいっぱいです。コメント欄に寄れば小沢の手足となって動いている山岡賢次国体委員長も朝鮮人だそうです。彼は苗字だけでも3回も変えているそうです。小沢の秘書にも以前韓国人の美人秘書がいました。菅直人も朝鮮人だそうです。

このようなことを書くと大変な世の中ということは分かっていますが誰かが勇気を持って書かなければ、この日本が知らぬ間に解体されてしまいます。

現在の日本は「成りすましの外人」が日本国を支配し始めています。もちろんすべての成りすまし外人を「反日」だと決め付けるつもりは毛頭ありません。

関西出身の私は小学校時代から 組には必ず韓国人が数名いました。彼らとは今でも友情を保っています。日本に生まれて紛れも無い日本人になっています。

今日の新聞に北沢俊美防衛相が予算委で、「参政権の付与に賛成する考えを表明した」と載っています。母国の国防義務を負っている防衛大臣が「危険性は無いと思う」と言う発言は単なる無知か、あるいは「成りすましの外人」か悩むところです。

(中略)

驚愕の事実です。いまの政治家の何人がこのようなことを知っているでしょうか?
まさに外国人に甘いざる法です。

つまり今日言いたいことは小沢はマスコミが批判するような「個利個略」で動いているのではなく、韓国のため中国のために政治家をしているのです。

新聞やテレビの反日報道、日教組、その他多くの左翼といわれている人たちの日本破壊活動に対して、今までは社会主義的な価値観の違い、イデオロギーの違いと思っていました。

しかし今では左翼の衣をかぶった「成りすましの外人」が真面目な左翼人を利用している構図がだんだん見えてきました。

本当の敵は誰なのかをはっきり知らずに戦うことは出来ません。
日本の真の敵は日本解体を推し進める「成りすまし外国人」だったのです。

日本の将来を担う若者たちよ、このことをしっかり記憶しておいてください。

ソース: 中韓を知りすぎた男
[驚愕の事実]
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-570.html

=============================================================



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 
 

日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 
 
 

この記事へのトラックバック