日本人ならコレを読め!

テレビ東京の、「世界を変える100人の日本人」という番組があり、その中で筒井康隆の「日本人ならコレを読め!」というコーナーがある。

筒井氏の勧める本は、日本文学の傑作であることは否めない。しかしながら、現況の東アジア情勢、つまり日本が中国に飲み込まれ、未来永劫、捏造された歴史(日本=悪の侵略国家)に浸り、中国の属国されてしまうか否かの瀬戸際にある最中、今の日本人が読むべき本は他にある。

一般の日本人が気づいた時には、日本は中華人民共和国日本自治区となっている可能性が高まりつつある昨今、一刻も早く、自虐史観と平和ボケから目覚めなければならない時だろう。

中韓の捏造歴史に気づき、対日プロパガンダとして押しつけられた自虐史観を払拭して中韓の侵略を阻止するためには、日本を精神的に正常で健全な国家に戻さなければならないが、そのための参考となる良書は沢山あるのだ。

ちなみに、近年、読んでみて目から鱗、大変参考になった書籍を紹介しよう。



-------------------------------------------------------------

『アメリカの鏡・日本』 ヘレン・ミアーズ著(元GHQメンバー)
「アメリカは日本を裁くほど公正でも潔白でもない」、「リットン報告書の事実を証拠として使えば、日本は中国を世界平和を乱した罪で告発できる」、「歴史的にみてアジアの民衆を奴隷にしていたのは、日本ではなく、私たちが同盟を結ぶヨーロッパの民主主義国家であることをルーズベルトは言わないのだ」・・・日本の自衛戦争であったことを擁護する内容で、マッカーサーが日本での出版を禁止した本。


『大東亜戦争の真実』 東條秀樹宣誓供述書 東條由布子編
「断じて日本は侵略戦をしたのではありません、自衛戦争をしたのであります」 封印されたGHQ発禁第1号の供述書。東条内閣誕生の舞台裏などについての全貌。1948年洋洋社刊「東条英機宣誓供述書」を定本とし改題。これを読めば日本は自衛のための戦争であった事は明白。


『中国は日本を併合する』 平松茂雄著
著者は、1960年から約45年に渡り、現代中国の軍事・外交問題を研究してきた権威で、うち20年間は防衛庁防衛研究所(研究室長)に勤務。


『パール判事の日本無罪論』 田中正明著
東京裁判の判事のなかで唯一の国際法学者、パール判事。(日本を有罪とした判事たちは、無資格)「私は真実を真実と認め、正しき法を適用したにすぎない」。判事11名の中ただ一人日本無罪を主張した唯一の国際法学者、パール判事。国際法に拠らず、事後法によって行われた東京裁判を戦勝国による「リンチと何ら変わらない復讐」とし、違法だと非難した彼の主張は、その後世界の識者に高く評価された。本書は、パール判決文を中心にマッカーサーも認めた「東京裁判の不正」を問う。戦後日本人の歪んだ贖罪意識にメスを入れる、不朽の名著復刊


『田母神塾』 田母神俊雄著
これが誇りある日本の教科書だ。
戦後の日本がマスコミの洗脳により如何にして左傾化していったか。



『「眞相箱」の呪縛を解く』 櫻井よしこ著
GHQによる日本人洗脳の為の情報操作書
これは「真相」か、それとも「洗脳」か!?敗戦直後、GHQは占領政策の一環として「太平洋戦争の真相を日本国民に知らせる」ためのラジオ番組を作った。それは「真相はかうだ」「真相箱」「質問箱」と名称を変えながら、三年にわたりお茶の間に日本の犯罪を告発し続けた。真実の中に虚偽を巧妙に散りばめ“帝国主義の悪が民主主義の正義に屈した”との観念を植え付けるGHQの思惑は成功し、いつしか日本人の歴史観や戦争観を規定した。「真相箱」の原作本を復刻、戦後日本の混迷を招いた「問題の書」を白日の下にさらし、桜井よしこ氏が徹底解析する。



『反日韓国人撃退マニュアル』 桜井誠著
反日国家、韓国に騙されてはいけない。韓国人は反日思想と捏造歴史で英才教育されてきた「反日民族」であり、日本人に対して道徳的優位に立っていると勘違いし、「日本人には何をしてもいい」と考えている? 歴史捏造の嘘八百、事実は全く真逆という驚きの真実。


『侵略の世界史』 清水馨八郎著
この500年、白人は世界で何をしてきたか


『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』 深田匠著
上述の8冊の本の内容が、ギュッとコンパクトに纏まった上に、世界情勢、中朝の野望、二つのアメリカ、パワーポリティクス、日本と世界の裏社会、売国政治家のスキャンダル等など、驚愕の事実のオンパレード! まさにプライスレス



-------------------------------------------------------------

これらの本は、お勧めというよりは、むしろ必読の書といえる。

特にお勧めは最後に紹介した『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』だ。その情報量と内容は圧巻。既に初版から6年が経過しており、絶版となっているが、とにかく読みだすと、最初から最後のページ(全589ページ)に至るまで、驚愕の事実が、ノン・ストップで、次々に脳天を直撃する。

6年前の本にも拘わらず、日本の危機的状況を把握するには最適。アマゾンでは既に新品の在庫はないが、中古本なら比較的安価で入手可能なので、是非とも入手し読んでみることをお勧めする。


高木書房 『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』 @\2,000
http://www2.ocn.ne.jp/~tkgsyobo/info.html



画像




報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 
 
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 97

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック