中国 嘘が嘘をよぶ毒餃子事件

毒餃子事件に関して、日本のマスコミは新華社通信の報道を鵜呑みにして報道しているに過ぎない。第一に、新華社通信は、中国国営の通信社であり、中国共産党の宣伝プロパガンダ機関なので、ニュースの内容は捏造なんてあたりまえであることを知っておくべきだろう。

先月、3月31日のニュースでズバリで、青山繁晴氏が毒餃子事件に関して、分析した結果を伝えているので下方に貼り付けておく。


警察庁の現職の幹部が漏らしたという発言:
「あの国では供述はどうにでもなる」
「このままでは日本は国家と言えなくなる・・・」

多くの疑問点あり:
●日本警察の証拠物件と犯行手口が合わない
●単独犯をしきりに強調している
●中国の政治的な狙いは、
 現在、米中が緊張しているから日本を取り込みたい
 上海万博を控え、温家宝、胡錦濤の来日・・・



青山繁晴がズバリ! 嘘が嘘をよぶ毒ギョーザ事件 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=DQwRFBEYUhI&feature=related

青山繁晴がズバリ! 嘘が嘘をよぶ毒ギョーザ事件 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=xtXJzJcMlrs&feature=related

青山繁晴がズバリ! 嘘が嘘をよぶ毒ギョーザ事件 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=oj22Kz5tnNo&feature=related




報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 
 
 

この記事へのトラックバック