「救国」 全国国民総決起集会 ダイジェスト

2010年6月9日に、「頑張れ日本!救国 全国国民総決起集会」が開催された。安倍晋三元総理をはじめ、そうそうたる保守勢力のメンバーが集結したようだ。

○ 安倍晋三
北朝鮮の拉致実行犯シンガンス(工作員)の釈放嘆願書に署名した菅直人(署名したもう1名は、法務大臣の千葉景子)、そして国旗・国家法に反対していた菅直人は確信的な左翼であり、日本の首相には相応しくないと熱弁。

○ 田母神俊雄
左翼の浸透により、過去20年間に渡り日本は壊されてきた。日本の政治家は自国に自信がない。日本は国家間の情報戦争(日本の自虐史観)に大敗し続けている。自国に自信のない政治家たちが日本を滅ぼす。今こそ保守派が結集すべき時。

○ 平沼赳夫
現在の政権は、ドイツ・ナチスの独裁政権と同様な状況である。また民主党の政策集(INDEX2009)に記載されている左翼・売国法案は、旧社会党系のスタッフが民主党の職員となり、政策を作成している。日本に革命を起こそうとしているのは明白。保守勢力は団結して断固阻止しなければならない。

○ 山田宏
民主党とは自民党に勝つためだけの政党であり、まったく理念も信念もない政党である。将来の子供に借金の付けを回す「子供手当」など言語道断。自国の国民を守る事さえできない民主党は、国家の主権も危うくしている。

そのダイジェスト動画を貼り付けておく。



【頑張れ日本】 6月9日 「救国」全国国民総決起集会 ダイジェスト 2010-0610
安倍晋三 田母神俊雄 平沼赳夫 山田宏
http://www.youtube.com/watch?v=gYv2mkX90Zo




報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 
 
    

この記事へのトラックバック