中国人 大量生活保護申請の実態

国会で朝鮮学校の無償化が可決するようだ。

とんでもないことだ。徹底した捏造歴史と捏造国際情勢による反日教育を実施している朝鮮学校を無償化して将来の日本の子供たちにどんなメリットがあるというのか。

メリットはひとつもなく、国益を損ねて日本を衰退化させるデメリットばかりだ。

「外交とは武器を使わない戦争である」と考えるのが世界の常識。民主党は「友愛」を掲げて外交をするようだが、自国の国益を損ね譲歩・妥協してまで諸外国との友好を優先するなど、世界の常識ではあり得ない事だと気付いていない。

これからもどんどん日本は弱体化し、特亜3国とロシアに国土を奪われ、消滅する道を邁進している。特に生活保護目当てに日本へ移住してくる中国人など、害虫同様に即刻駆除しなければならない。

下方に関連ニュースと動画を貼り付けておく。



=============================================================
         朝鮮学校も無償化へ=政府部内で最終調整-文科省
=============================================================

時事ドットコム 2010/08/04
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010080400417

文部科学省は4日、高校授業料の実質無償化法の対象に朝鮮学校を含める方向で政府部内で最終調整する方針を固めた。同省は同法施行時点では朝鮮学校の扱いを保留し、外部の専門家会議で検討していたが、同会議で朝鮮学校を除外すべきでないとの意見が強まっている。このため、同省は月内にも結論を出し、4月1日にさかのぼって実質無償化を実施したい考えだ。
 
同法は、公立高校の授業料は徴収せず、私立高校や専修学校高等課程などに通う生徒には世帯の所得に応じて年11万8800~23万7600円の就学支援金を助成する内容。民主党が看板政策の一つとして、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げ、今年の通常国会で成立した。(2010/08/04-13:47)



=============================================================
         来日直後に生活保護…中国人、医療扶助目当て?
=============================================================

7月31日15時39分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000054-yom-soci

埼玉県内に住む中国残留孤児の親族として来日した中国人3世帯が、来日直後に生活保護を申請し、うち1人が、自己負担なしで治療を受けられる「医療扶助」を利用して、来日前から悪化していたとみられる腫瘍(しゅよう)の治療を受けようとしていたことが30日、埼玉県の調査でわかった。

中国人が生活保護目当てに来日するケースは、大阪市などで多発。国内で発行される中国人向けの新聞では、生活保護申請の特集まで組まれている。同様のケースが続発すれば、自治体の財政を圧迫しかねず、各自治体は頭を悩ませている。

県の調査などによると、保護を申請したのは、県西部に住む中国残留孤児2世を身元引受人として来日した3世帯9人。60歳代の男性は5月8日、この中国残留孤児2世の親族として家族3人で来日。同月24日に地元自治体に生活保護を申請、受理された。別の2世帯も5月末~6月上旬に来日し、ともに6月末に生活保護を申請した。

生活保護受給者の医療費は、「医療扶助」として全額が公的負担されるが、最初に来日した男性は、保護申請が受理された直後の6月初旬、県西部の病院に悪性腫瘍とみられる症状で入院。家族は地元自治体に、「来日後に急に体調が悪くなった」と説明したが、関係者は「かなり以前から悪化していたはず」と話す。

生活保護法では、外国人でも「定住者」などの在留資格が認められると生活保護を申請できる。中国残留孤児は日本国籍を持っており、日本国籍のない親族も、「定住者」などの在留資格を取得することができる。

今年5~6月、入国直後の中国人48人が大阪市に生活保護を申請する問題が起こり、県は今月、申請状況の緊急調査を開始。今回のケースが発覚した。

生活保護費は増加の一途をたどっている。県社会福祉課によると、2009年度の保護世帯は4万6715、受給者は6万6491人で、1993年度以降は増え続けている。

外国人世帯への支給も増加。98年度は264世帯だったが、2009年度は955世帯と4倍近くに。うち約1割が中国人だが、国内で発行されている中国人向けの新聞では、「生活保護の申請をどうやって行うか」と題し、申請のノウハウを細かく紹介する記事も掲載されている。


=============================================================




中国人『大量生活保護申請』の実態


今年5~6月、中国・福建省出身で大阪市内在住の姉妹の"親族"48人が入国後、すぐに生活保護を申請し、32人が受給を認められた。その不自然且つ寛大過ぎる処遇に、日本人としては疑義を抱かずにはいられないが、そのような実態がまかり通ってしまう背景には、一体何があるのか?大高未貴らが大阪に当事者達や行政担当者を訪ね、取材を行った緊急特番をお送りします!


【緊急特番】中国人『大量生活保護申請』の実態[桜H22/7/16] 1/2
[既に、39人が受給!]
http://www.youtube.com/watch?v=pgPMWawz0so



【緊急特番】中国人『大量生活保護申請』の実態[桜H22/7/16] 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=ZgceotH6XZ8




報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!



この記事へのトラックバック