海上保安官を海に落として銛で突く中国漁船員

尖閣衝突事件のビデオ非公開に関して、ネット上では菅政権への非難が高まっている。既に多数の政治ブログで取り上げられたが、我慢できないレベルまで怒り心頭してしまったので当ブログでも取り上げることにした。

石原都知事や元衆議院議員の西村眞悟氏の証言では、

「日本の巡視艇の乗員が(海へ)落ちたのを中国の漁船員が銛で突いていた・・・」、

「加速しながら巡視艇に体当たりした・・・」、

「海保が臨検の為にチャイナ漁船に乗り移ると、あろうことか、屈強な船員が海保保安官をロープでぐるぐる巻きにして、海に投げ込んだ。それに対して、船長・船員を逮捕・拘束した」


などの情報が交錯している。

また日本では海上保安官が巡視船から海に転落したことは公式に発表されていないが、中国本土では事件数日後に巡視船「みずき」から海上保安官が4人が海に転落したことが報じられていたようだ。

菅政権は、とんでもない行為が行われているにも拘らず、中国との友好を優先させるため、ビデオを非公開としたのは間違いなさそうだ。

平和ボケした日本政府は、日本が中国に食いつぶされるまで、日中友好のはかない幻を追い続けるつもりなのか。



=============================================================  
漁船衝突ビデオ 政府、国民無視の対中配慮 [産経新聞 2010-1009]
=============================================================

沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の際に海上保安庁が撮影したビデオ映像の扱いについて、政府・与党は公開の先延ばしと責任の押し付け合いを続けている。(中略)

【衝撃部分を抜粋】

川上義博・参院予算委員会理事 
「ビデオを公開したら大変なことになる。日中関係改善は2、3年遅れる。温存した方がいい」

仙谷氏
「おっしゃる通りだ。ぜひ国会でも国対でもそう言ってください」

首相
「よく分かりました」

政務三役の一人
「あれは公開してはいけない。あれを見たら『中国人ふざけるな』と国民感情が燃え上がってしまう」と感想を漏らした。

民主党幹部も公開を躊躇(ちゅうちょ)してみせた。
「ビデオを出したら国民は激高するだろうな」



ソース: 漁船衝突ビデオ 公開先延ばし・・・政府、国民無視の対中配慮
[産経新聞 2010-1009]
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101008/plc1010082356037-n2.htm


-------------------------------------------------------------


「週刊新潮」10月21日号(14日発売)
特集「尖閣ビデオ」に怒髪天の「国辱シーン」

【衝撃部分を抜粋】

ビデオを見た菅総理の側近が重い口を開く。

「あのビデオを公開したら、国民は怒り狂い、世論は沸騰する。右翼活動家も騒ぎたてて大変なことになりますよ。新聞などでの世論調査では、尖閣問題への政府の対応を評価しない、という声は7割を超えている。しかしビデオを公開したら、その数値は9割を超えることになるでしょうね」



=============================================================



画像




新報道2001 石原都知事の証言(切り抜き35秒) 2010-1024
http://www.youtube.com/watch?v=nMPA3qXYGbY




参考URL:

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
[衝撃ビデオは6分に編集済み・95%以上をカット・体当たりから乗り込みまでの最低2時間以上を3隻が録画・菅直人首相と仙谷由人官房長官はそれぞれ27日朝ビデオを視聴・仙谷はくれぐれも公開しないよう要望]
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4023.html

花うさぎの「世界は腹黒い」
[「ビデオ公開」で退陣に追い込め!]
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1864679/


Link:

反日憎日に狂奔する中共 Part1
http://ochimusya.at.webry.info/201006/article_15.html

反日憎日に狂奔する中共 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201007/article_1.html

テーマ「日本人が知らない シリーズ」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html

テーマ「中国」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/90478c86cf.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




中国・韓国が死んでも教えない近現代史 (徳間文庫)
徳間書店
黄 文雄

ユーザレビュー:
明治維新を改めて学び ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国・韓国が死んでも教えない近現代史 (徳間文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



それでも中国を信用できない7つの理由
海竜社
黄 文雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by それでも中国を信用できない7つの理由 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



今こそ中国人に突きつける 日中戦争真実の歴史
徳間書店
黄 文雄

ユーザレビュー:
中国こそアジアの元凶 ...
日中戦争に新しい見方 ...
ちょっと、日本贔屓過 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 今こそ中国人に突きつける 日中戦争真実の歴史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




  

この記事へのトラックバック