国民を洗脳するマスコミの実態 1

テレビがおかしい。新聞もおかしい。

民放では、パチンコ、サラ金、大手携帯電話会社などのコリアン企業のTVCMばかり。今後は、中国系企業のスポンサーも増加していくことだろう。

そして巷では、最大手広告代理店(トップは在日)が仕掛けた韓流ブームと韓国人アイドルがチヤホヤされている。

テレビしか見ていないと気がつかないが、インターネットで検索してみると、報道されないマスコミの隠された事実を、たくさん知ることができる。

調べてみると、日本のテレビ(芸能界も含む)と新聞は、実質的には特亜(中国、韓国、北朝鮮)に乗っ取られていると言っても過言ではないという結論に達してしまう。

「そんな馬鹿なこと、あるはずがない!」と思われる方は、当記事の最後まで精読していただきたい。事実は小説よりも奇なりとは、まさにこの事かもしれない。

例えば、政権交代前後の支持率の調査結果に関しては、テレビ、新聞報道とインターネットでの支持率は、まったく逆転していたという事実が全てを物語っている。(民主党は媚中、媚韓の左翼政権であり、在日コリアンは民主党を全面的に支持している。民主党が支持率が高いと報道されれば、ミーツゥーイズム(私も同じく主義)となって民主党への投票が増える。)

「外国人地方参政権付与」に関するアンケート結果も同様に、新聞とネットでは全く相反するものであった。新聞では賛成派が多く、ネットでは反対派が圧倒的多数(95%以上)を占めていた。

そして近年のNHKによる特亜の意を汲んだ内容の歴史捏造番組には衝撃を受けた。そしてマスコミは特亜の影の部分の報道は黙殺(報道しない)という偏向報道を繰り返している。

概して言えば、日本のテレビ、新聞は日本の国益を考えず、国民を平和ボケに洗脳しているとしか思えない。

毎年終戦記念日前後には、太平洋戦争に関する報道が多いが、不戦の誓いと、日本軍=侵略国家、戦争=絶対悪とい自虐的趣旨の番組ばかりだ。

もちろん戦争は回避すべきだが、やむを得ずの自衛の戦争もあるはずだ。そして当時の正しい歴史を詳しく調べれば、日本の戦争は侵略戦争ではない。(戦後、米国が日本に強要している学校の教科書では日本は悪、米国は正義の使者である)

話を戻すと、テレビ朝日、TBSは無論のこと、NHKの左翼化により、準国営放送であるNHKでさえ中国共産党のプロパガンダ放送局と化してしまったようだ。

つまり共産主義者(社会主義者)⇔左翼⇔反日⇔特亜の思惑通り、という図式が成り立つ。

各自でネット検索してみてほしい。但し、ネット情報には、ガセネタも多く、特に反日左翼の平和ボケしたブログや中共の工作員が書いたようなおかしな理論のブログ(捏造歴史で自虐史観)、似非保守派のブログ(反米を唱えるが中共は批判せず)なども多数あるので注意が必要だ。

事実、中国共産党のネット検閲でもあるまいに、日本においても左翼思考の書き込みコメントや動画は多数存在するが、保守的なコメントや特亜を批判するようなコメントや動画は、ネトウヨと中傷されたり、即刻削除されてしまう傾向がある。

マスコミ関連では、参考までに、「テレビの洗脳を知る動画」というのを見つけたので紹介しておこう。 【要拡散】

動画(6本あり)の下方には、ネット検索した情報に基づき、日本のマスメディアが腐敗した原因と現況、報道されないニュース一覧を列挙しておく。

特に、≪報道されないニュース 一覧≫を見ると、特亜3国に都合の悪いニュースは、意図的に国民に知らせないという偏向報道が行われていることを目の当たりにする。



テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 A パート 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=cREz62eEqEk



テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 A パート 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=imEXkH1K_tk



テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 A パート 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=nCyPpHiXKio



テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 B パート 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=sDqrg_0sAn8



テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 B パート 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=t1IlS9rWG4E



テレビの洗脳を知る動画 【入門編】 B パート 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=oLZForDCvxk




【日本のマスメディアの腐敗した原因と現状(ネット検索情報の総括)】

① 戦後、GHQの検閲と公職追放により、全てのマスコミに左翼・共産主義者が根付き、左翼思考(日本軍=悪)という戦勝国の意向を継ぐものが出世するというシステムが出来上がった。特にNHKの腐敗(中国至上主義)と朝日新聞の左翼化は酷く、内部告発でも「見果てぬ夢を追い続ける共産主義者の温床」などと証言されている。

② スパイ防止法案のない日本は、米、露、中、コリアンの工作員が日本の大手マスコミ(テレビ局、新聞各社)の奥深くまで入り込んだ。

③ 中国共産党は、日本侵略の工作員向け指令書、「日本解放第二期工作要綱」のマスコミ工作の中で、日本のマスコミを支配し、日中友好を口実に中国の良いイメージを植え付け、日本人を自虐史観で洗脳し日本を平和ボケさせておくことが重要としており、すでに40年程前の時点で、日本のマスコミの完全な支配に成功したと記述されている。

④ 中国共産党は、日本の全大手マスメディア(産経新聞は除く)と「日中記者交換協定」という理不尽な条約を締結しており、日中友好の為、中国の闇の部分は報道してはならず、中国の良い部分だけを報道するように縛りをかけている。これに違反した日本のメディアは、中国市場の取材から一切締め出されるという罰則を設け、日本のメディアに対して、自国に都合のよい報道しかさせないという巧みな戦略によって、日本のマスコミは、あたかも中国の報道機関のようにされてしまった。


【日中記者交換協定】 日本に中国批判を禁止
http://www.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY


⑤ 日本の報道機関は株式会社であり、外国人が株主になることも可能(上限は20%まで)。しかし日本に帰化した外国人が株主になることには上限はなく、現況ではかなりの比率で外国人が報道機関の株式を所有している可能性がある。

⑥ 周知の事実として、テレビのTVCM(スポンサー)は、パチンコ、サラ金、大手携帯電話会社、大手菓子メーカーなどなどのコリアン企業に独占されているといっても過言ではない。また日本の世界最大の大手広告代理店のトップは、在日コリアンであり、テレビ局にとっては、顧客であるスポンサーと広告代理店の意向に逆らうことはできない。これによって在日コリアンが喧伝している反日感情と捏造歴史に、日本国民は騙され洗脳されてきた。

⑦ 中国の在日大使は、日本の全てのメディアをチェックしており、少しでも中国の意向に沿わない内容の番組や報道をすると、猛烈な抗議で各テレビ局を攻撃し、日本のマスメディアを脅し続けているという。(内部告発)

⑧ 加えて、中国の在日大使は、中国に都合の悪い報道や番組を見つけると、その番組のスポンサー(日本の大手企業)を、中国市場から締め出すと脅しつづけている。これによりテレビ局は、過去60年間におよび、中国にとって都合のよい報道しかできない体質が完成した。

⑨ 芸能界は、創価学会(在日宗教)に侵食されている。また和田アキコをはじめ、在日コリアン帰化人が多い。TBSのキャスター、故筑紫哲也(帰化人)もなりすまし日本人として左翼思想、日本悪玉史観を吹聴していた。

⑩ 在日コリアンによる凶悪犯罪は多いが、殆どが本名ではない通名(日本名)に差し替えられて報道されている。女子高生リンチ殺人、オウム真理教、和歌山毒物カレー事件、ルーシーブラックマン殺人事件、サカキバラ殺人事件などなど、在日コリアンによる凶悪犯罪であったことを多くの国民は知らない。

⑪ NHKを筆頭に、日本のマスコミの多くは北京に接待されて、中国共産党からの報道のあるべき姿、方法などの指示を受けているという。(中共によるハニートラップは常套手段)

⑫ 1993年に起きた「椿事件(つばきじけん)」マスコミが各社が結託して偏向報道を行い政権崩壊を企てた事件が発生した。

⑬ 朝日新聞による歴史捏造(従軍慰安婦、南京大虐殺など)、TSBによる松本弁護士殺人事件(在日コリアン宗教であるオウム真理教とTBSの癒着)、毎日新聞(英語版)による長年にわたる捏造報道(日本人は性的変態であるという記事を海外に向けて発信し続けていた)などの事件が発覚したがマスコミはほとんど報道していない。


TBSの不祥事 [TBSが在日に乗っ取られた経緯(2ch 内部告発)]
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_19.html

朝日が捏造した歴史 Part 1
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_1.html

朝日が捏造した歴史 Part 2
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_2.html

毎日捏造 変態新聞 [日本人は変態であると世界に発信]
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_6.html


⑭ 朝日新聞社の社員(反日左翼思想)が、勤務時間中に会社のパソコンから、2chなどの掲示板にある保守派の書き込みを、ネトウヨという言葉を使って誹謗中傷して荒らしていたという事も発覚しているようだ。

⑮ NHKの自虐史観に基づく歴史捏造は、日常茶飯事:
一番分かり易い例を上げると、NHKのJAPANデビュー、「アジアの一等国」では、台湾は漢民族(中国人)のであると断言(漢民族は戦後に蒋介石と共に中国から移住した5%程度が事実)。また親日の台湾人に、日本統治の悪い部分を強いて語らせ、日本の悪いところを語った部分のみを編集して報道した。これにより取材を受けた台湾人を筆頭に、NHKの偏向・捏造報道に対する史上空前の原告数一万人を超える損害賠償裁判が起きている。(当然ながら、NHK自身によるニュース報道はなし)


NHK 捏造報道の検証 JAPANデビュー 「アジアの一等国」
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_1.html


⑯ NHKは、中国共産党のいやがる報道はしない、黙殺するという偏向報道を続けている。最近の尖閣衝突事件後に頻繁に行われた、中国に対するデモ行進(NHKの目の前、渋谷で行われた)はNHKへの事前告知があったにも関わらず、史上最大の2500人~4500人規模の報道を、当初は差し控えていた。(逆に、NHKは、日本人左翼のデモ、中国における反日デモは数名の規模であっても、いつも報道している)


――――――――――――――――――――
【頑張れ日本!主催の尖閣・反中デモ 参加人数】
10/02  渋谷デモ  2670人
10/16  六本木デモ 3200人以上 ※”日本右翼”と偏向報道
10/31  名古屋デモ  600人
11/06  銀座デモ  4500人 ※1分間程報道
11/13  横浜デモ  3500人
11/20  大阪デモ  3300人
――――――――――――――――――――

上記の通り、連日のように全国で起きている反中デモに関して、NHKが報道したのは2回だけで、しかも2回のうち最初の報道内容は日本の右翼のデモという印象操作した偏向報道である。(下の動画リンクを参照のこと)尚、読売新聞、毎日新聞、日経新聞は完全に黙殺したようだ。

シナの反日デモは、日本の右翼が原因のような偏向報道
(中国の主張をそのまま報道するNHK)
http://www.youtube.com/watch?v=iZqSJ68jzFA


⑰ 民主党とマスコミの癒着:
野党時代の民主党は、マスコミに対して、政権を取った際は、放送料などの免除や減税、資金援助などを約束していたという。またマスコミによる民主党要人のゴルフ接待などもあったらしい。

⑱ マスコミ各社が、民主党を支援し偏向報道をする理由:
鳩山家(ブリジストン)、岡田家(イオン)などから多額の広告宣伝料がマスコミに流れており、民主党関連の企業から、マスコミ各社が受け取る収益は、1日あたり平均、3,000万円という計算になるとのこと。(チャンネル桜の分析結果)

⑲ 昨年の衆院選の争点とも言うべき、「外国人地方参政権付与法案」、「人権擁護法案」等など、冷静に考えれば、国家が転覆するリスクがある法案を掲げる民主党に対して、マスコミの報道は皆無と言って良いほど黙殺された。この無報道による恩恵を受けるのは、在日コリアンと中国人という事実がある。なぜならこの法案を知り、まともに考えれば、国民は反対することは必至である。



≪報道されないニュース 一覧≫[クリックすると拡大表示]
画像


画像




参考URL:

保守への覚醒
[国民の真の敵はマスメディアだ!]
http://blog.goo.ne.jp/toki_1/e/b379b9d8db63c1e78b5355dd0a858b77

私的憂国の書
[アサヒる朝日の度し難き社説を読み解く]
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-393.html

美しい国への旅立ち
[マスコミの不報道実態を糾弾するための街宣原稿(案) 2010年4月9日]
http://blog.livedoor.jp/waninoosewa/archives/979328.html

国民が知らない反日の実態
[マスコミが隠してきた日本の真実を暴露するまとめサイト]
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1.html


Link:

反日マスコミ NHKの陰謀
http://ochimusya.at.webry.info/201010/article_3.html

NHKの捏造を許すな! [伏魔殿NHKを暴く!]
http://ochimusya.at.webry.info/201001/article_1.html

NHK 衝撃の内部告発 [NHKの驚愕の実情]
http://ochimusya.at.webry.info/200911/article_3.html

民主党のメディア支配
http://ochimusya.at.webry.info/200912/article_12.html

マスコミが報道しない重大事件
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_4.html

TBSの不祥事
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_19.html

鳩山政権を称賛する偏向マスコミ
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_18.html

毎日捏造 変態新聞
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_6.html

報道テロ マスコミの崩壊 [TBSの実態]
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_14.html

朝日が捏造した歴史 Part 1
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_1.html

朝日が捏造した歴史 Part 2
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_2.html

マスコミの正体
http://ochimusya.at.webry.info/200909/article_3.html

反日マスコミの大罪
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_14.html

NHK 捏造報道の検証
http://ochimusya.at.webry.info/200907/article_1.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
オークラ出版

ユーザレビュー:
祝「反NHK」包囲網 ...
NHK☆NHKはこの ...
親や親戚に読ませてあ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~
扶桑社
三橋 貴明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





 
 
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 79

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック