核保有論 青山氏×櫻井氏×石原氏

12月10日のチャンネル桜で放送された、青山繁晴氏の番組で、日本の核保有に関する話題が取り上げられた。

以前から青山氏は、武士道の精神から日本の核保有には賛成しないと語っているが、今回の談話の中で、国民による核保有の国内議論と外交カードとしての核保有論は賛成であると述べている。

そして先日の朝生に初出演した櫻井よしこ氏が、「日本が絶対にしてはならいことは、日本は核を持たないと決めつけないことが重要」と言っていたが、これはまさに正論といえる。

しかしながら中共や北朝鮮の無謀な挑発、そして現下の東アジア情勢を鑑みれば、交渉カードとしての核保有ではなく、現実的に核保有をしなければならない崖っぷちまで日本は追い詰められているのが現状だ。

中国と北朝鮮は有事の際、日本に対しては何のためらいもなく核ミサイルを使用する可能性が極めて高いことは明白な事実。そして是が非でも中国と北朝鮮は核を廃棄するわけもなく、その照準は日本の全主要都市だ。

つまり世界で3発目の核攻撃を受ける可能性が最も高い国は、またしても日本ということだ。

国防を含む国家戦略とは、周りの状況が変化すれば、その対策(核保有)も常に臨機応変に変化せざるを得ない筈だ。

逆に言えば、日本が米中から独立国家として主権を守る為には、核武装は絶対必要条件だろう。

日本は唯一の被爆国として核廃絶運動の中心的役割を云々という話もあるが、核を持たない日本の呼びかけなど、核保有国にしてみれば戯言にすぎない。

オバマ大統領が核廃絶を訴えたが、現実的には既存の核保有国が自国の国際的発言権を堅持するために、新たな核保有国、核保有組織を認めないというのが本音だ。

今、日本は迅速に賢い選択をしなければ生き残れない運命にある。



【青山繁晴】 外交カードとしての核と民意の力 [桜H22/12/10]
http://www.youtube.com/watch?v=Q5ouy-OR6qY



櫻井よしこ氏 核保有を語る [3分30秒あたりから]
http://www.youtube.com/watch?v=Zr9GXnGl4Ik



日本よ!自立せよ 石原都知事が非常事態宣言 [まさに正論!]
http://www.youtube.com/watch?v=1bTMc0TK_5E




参考URL: 「日本は2年で核持てる」と石原都知事
[産経ニュース 2010-1024]
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101024/plc1010242236009-n1.htm


Link:

テーマ「青山繁晴 シリーズ」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/b3f04a76a1.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


王道の日本、覇道の中国、火道の米国
PHP研究所
青山 繁晴

ユーザレビュー:
人間の生き方かな?  ...
青山繁晴は「超人」で ...
全ての国会議員が一読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 王道の日本、覇道の中国、火道の米国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日中の興亡
PHP研究所
青山 繁晴

ユーザレビュー:
日本にも資源があった ...
私小説的な「中国に対 ...
雪のヒースロー空港で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日中の興亡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 
  

この記事へのトラックバック