親日国家 トルコ

15年程前、商用でイスタンブールに滞在した事がある。そこで感じたことは、トルコはパラオや台湾に勝るとも劣らない親日国家であるということだった。

事前にガイドブックなどで親日であることは知っていたが、どこへ行っても予想以上に親日で驚いた。

例えば、休日の観光スポットへ行った時のこと、とある男子大学生が日本語で声をかけてきて、日本語を勉強しているので是非、観光のガイドを無償でやらせて欲しいと言ってきた。

当初は胡散臭いので断ったのだが、本当に日本と日本人が好きだというので、半日ほど一緒に観光に付き合ってもらった。

その後、お土産屋(絨毯屋)でお茶を飲み、無償で電話を借りたりしたが、特に店の商品を押し売りするわけでもなく、「祖父が大の日本好きなので、是非自宅へ夕食に来ないか?」と誘われるほどだった。

そんな訳で、トルコ滞在中は良い思い出しかない。(中国滞在とは雲泥の差)

ところが、しばらく前に、トルコ国から日本へ寄贈され、新潟県柏崎市に建っていたトルコの英雄で建国の父、ケマル・アタチュルク初代大統領(1881~1938年)の銅像(高さ5メートル)が横倒しのまま遺棄(放置)され、それを侮辱と受け取ったトルコ国民の間では反日感情が高まった時期もあったようだ。

しかし全般的に、現在でもトルコでの親日感情は根強く健在のようだ。

日本は、特亜3国に媚を売ることは止めて、トルコ、台湾、パラオ、インド、タイ、ミャンマー、インドネシア、マレーシアなどの親日国家と交流を深めるべきだ。

政治ブログ、「東アジア黙示録」の記事では、大東亜戦争時に日本の同盟国であった親日のタイではの親日博物館があるとのこと。これらを一切報道しない日本の反日マスコミも売国奴とだといえよう。



東アジア黙示録
[世界で唯一の親日博物館…北部タイ英霊街道を辿る]
http://dogma.at.webry.info/201101/article_1.html



親日国のトルコ Turkey is a friendly country.
http://www.youtube.com/watch?v=MJg0I-81nZs



トルコが親日国の理由 Friendship of Turkey and Japan
http://www.youtube.com/watch?v=O_iUJ_LEW7w



親日教育をするトルコ・反日教育をする韓国
http://www.youtube.com/watch?v=bFURcGZvIdw



サムライの末裔の親日スペイン人
http://www.youtube.com/watch?v=UB2bfyonuRI




報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!






        

この記事へのトラックバック