犯罪者の政党・民主党

昨今の村井知事に対する暴言で、早々に辞任するに至った松本龍復興担当相。

民主党が政権を取って以来、任命される大臣は、どいつもこいつもろくな人間がいない。

ところで、しばらくまえに、政治ブログ「夕刻の備忘録」で、「犯罪者の政党・民主党」というエントリーがあったので、下方に紹介したい。



=============================================================
犯罪者の政党・民主党

先の選挙アピールに『日本の政党・自民党』というものがあった。言わずもがなの「日本の~」が付いているところに深い意味がある。日本の政党でない党があるからだ。日本人の政党でない党がある。日本人のことを最優先に考えない党があるからだ。

「民主も酷いが自民はもっと酷い」という決め台詞が、随分な力を持っているようである。論破することは実に簡単であるが、認めない人間は何を聞いても何を見ても、結局のところ認めないのであるから説得にも限界がある。

そこで最近は少々方向を変えて“戦う”ことにした。決め台詞攻撃を受けた場合には、それを直接は否定せず、「でも自民党は日本人の政党なんだけどな」と呟くことにしたのである。必ず相手の表情が曇るので、是非お試し頂きたい。

「民主も酷いが自民も~」とは言っても、民主党ほど豪華絢爛に犯罪者を配した党はない。この件もかなり使える話である。これまでの政治家は与野党を問わず、取り敢えず次の選挙までは“謹慎”したものである。議員辞職して再起を賭ける者、そこまで行かずとも党の役職を辞退して表舞台から去る者、色々な手法があるが、どのような場合でも“選挙でのみそぎ”と呼ばれる一候補から当選へのプロセスが最重要視されたものである。

ところが、民主党にはこの政界の常識すら通じない。ここまで犯罪者及び予備軍が目白押し状態で、一時凌ぎの謹慎すら拒否している政党はまさに空前絶後である。

先ずは小沢の政治資金規正法違反である。子分石川は逮捕されても議員辞職もしない。前原は公民権停止事案を抱えながら、国会の委員長職に復帰し「次の代表選にも意欲」を示している。菅も同じく外国人献金で公民権停止になるべき存在である。赤松は民団の選挙協力により当選したと公言している。そもそも党サポーターに国籍条項の無い民主党は、全員がその疑いで見られるべき存在なのである。

鳩山の脱税も有耶無耶である。野田、蓮舫の事務所費問題、極めていかがわしい組織からの献金問題もある。親の躾で嘘が嫌いだという岡田克也は官僚時代、実家「イオン」の役員を兼ねるという公務員兼職違反を犯している。

枝野は革マル派と深く繋がり献金を受けている。公安指定の暴力集団からの献金である。菅は拉致実行犯の釈放要求をするほど北朝鮮と関係が深い。よど号ハイジャック犯との関係が噂されるのは、菅に前原に“越後の暴れん坊”こと黒岩宇洋にと、これまた多士済々である。

学生時代には火焔瓶闘争に明け暮れ、その近傍では警察官が殺されていたという“実績”を誇るのが千葉景子である。現職の議員の身分でありながら他国での反日デモの先頭を切っていたのは岡崎トミ子。潰れたパチンコ屋の補償を政府が行うべきだと吠えていたのが山田正彦、赤松との「口蹄疫見殺し・皆殺しコンビ」である。

              ★ ★ ★ ★ ★

ザッと見てこれだけの“犯罪者”が居る、そしてまだまだ居るのだ。また、この二年弱の間に、政府内で一体どれだけの法令違反を犯してきたか。周りの官僚が止めても、自民党から批判されても、決して引き下がることなく「犯罪者主導の政治」を行ってきたのである。菅は自ら「我が国の議会制は期限のある独裁である」と言って憚らない人間である。その体質、気質は全ての民主党員に共通している。だからこそ、こうも簡単に法を犯すのである。そして、それでも足りない時は、浜岡原発の時のように「要請」に名を借りた「強制」に打って出る。根回しも打ち合わせも一切しない、出来ないのである。

何れも政治家としては「即死」に値する大スキャンダルばかりなのであるが、マスコミはこれを追求しない。マスコミが報じなければ、この国では無かったことになる。無かったことに責任を感じる民主党員はいない。そこで彼等は平然と返り咲く。問責を喰らおうが、大臣を辞職しようが、何の恥も感じずに大手を振って再登場する。

確かに「日本の政党・自民党」にも色々と問題はある。しかし日本人として期待するのは、日本の政党以外に無いだろう。

日本人のフリをしているが、その恥知らずは到底日本人の名に値しない民主党。日本人のフリをしているが、日本の国益を害することしかしない民主党。日本人のフリをしているが、心は母国に捧げていると公言する議員がいる民主党。首相に取り入り、異例の出世を遂げて「謝罪担当閣僚」になり、現地に赴いてマスコミの前では陳謝また陳謝、そしてマスコミが帰れば暴君にと、見事に「役柄」を使い分けている国籍不明の議員がいる民主党―陳謝とは「陳が謝ることだ」とは初めて知った驚きの事実である。

自民党が政府の足を引っ張っているだとか、被災地のことを何も考えていないだとか、党利党略の政権病に罹っているだとか、原発も年金も基地問題も全ては自民党の責任だとか、前政権の批判だけで日本が救われるなら幾らでもやるがいい。

しかし、どれほど探っても自民党には、ここまで豪華な犯罪者集団は存在しなかった。箸の上げ下ろしにまで文句を付けるマスコミが、針小棒大の権化たるマスコミが徹底的に探しても、今の民主党の千分の一もスキャンダルは見付からなかったのである。

日本人の政党でなくてもいい、常識人の政党でなくてもいい、犯罪者の政党であっても、外国からの資金援助を受けている政党であっても、日本弱体化の為だけに邁進する政党であっても、それでも被災地の為には民主党が軸になるべきだと考える人は、どうかそのまま民主党と共に沈んで頂きたい。

ものには限度がある。我慢にも限度がある。民主党への我慢も限度を遙かに過ぎた今、その支持者に対する我慢にも限度があることを知るべきである。勿論、何かをするわけではない。徹底的な無視が始まるだけの話である。どうも最近、周りが余所余所しいなと感じたら、自らの発言を顧みた方がいいだろう。

「この時期に首相降ろしをするなど信じられない」と言うのなら、家族の手術中にその自称医師が、免許を持たない詐欺師であった場合どうするか、連続猟奇殺人の犯人だった場合どうするか、それを考えて頂きたい。それでもやはり「こんな時期に医者を変えてどうするか」と言われるのだろうか。「無免許でも殺人犯でも救える命がある」とでも言われるのだろうか。これは極端な譬えだろうか。数万の被災者を見殺しにしている現実に照らして、これが極端な譬えと言えるだろうか。

民主党が政権を降りた後、如何なる特権をも配慮せず、本気で「法と証拠」にのみ従って調べれば、今の閣僚から逮捕者が続出するであろう。彼等は平気で法を犯す人間なのである。そんな連中が政府を自称している。この現実は如何なる猟奇物よりも恐ろしい、一刻も早く総取替したい、と思うのは当り前の話であろう。

このままでは被災地は潰されてしまう、そしてその後には日本全体が潰されることは容易に想定出来る。その時になってからでは遅い。

そこのあなた、「想定外は許さない」と今言ったばかりではないのか!



ソース: 夕刻の備忘録
[犯罪者の政党・民主党 2011-0608]
http://jif.blog65.fc2.com/blog-entry-572.html


=============================================================



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


 

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック