鬼畜ルーズベルト 日米開戦の陰謀

日米開戦はルーズベルトに仕組まれた罠であった事を実証する書物(著者は欧米人)は多い。

これだけ多くの書物が出回っているにも関わらず、日本の反日マスコミは、これらの事実を一切黙殺し続けている。

鬼畜ルーズベルトの大罪は、決して許せるものではない。

決して戦争をしないことを公約に掲げて大統領になったルーズベルトは、英国のチャーチルから欧州での対ドイツへの参戦をせがまれていたので、日本を挑発して締め上げ、日本から最初の一打を待ち望んでいた。

この鬼畜ルーズベルトの策略により、日本は自衛の戦争へと突き進み、民間人を合わせた戦没者は310万人で原爆(原爆で20万人)まで落とされた。 一方、米国の戦没者は、対ドイツ戦も含めて、29万人(真珠湾攻撃での戦没者は約2400人)と言われている。

日本は侵略国家ではなく、歴史を客観的にみれば、当時の大日本帝国はルーズベルトの策略にハマった真の被害者である。

ちなみにルーズベルトは、当時、容共産主義者でありソ連のコミンテルンに操られていた証拠が、最近露呈したヴェノナファイルから明るみになった。

話を戻そう。

ネットを検索していると、日米開戦はルーズベルトの罠であったという書物の中で、チャールズ・ビアード博士が1948年アメリカの公式資料に基づいて発表した『ルーズベルト大統領と第二次世界大戦』がある。

博士はその著の中で『戦争責任を問われるべきは日本ではなく、ルーズベルト大統領だ』と訴えていたという。

そのくだりと関連情報を、下方に紹介したい。

※尚、ルーズベルト死去の報を受けたマッカーサーが「嘘が通ると見てとれば、絶対に本当のことを言わない男が死んだ」と述べたことも附記しておこう。



=============================================================
日米開戦の真相
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/F15.htm

終戦五十周年国民委員会編「世界がさばく東京裁判」(ジュピター出版)の中に、アメリカの詩人、ウェン・コーエンの言葉が紹介されているところがあります。

彼は、大学に入って図書館でたまたまアメリカの歴史学の権威であるチャールズ・ビアード博士の、『ルーズベルトと第二次世界大戦』を見つけて読んだところ、それまで日本が一方的な侵略国と教えられてきたのが嘘であることを知り、目の覚めるような思いをしたそうです。

その後、彼は日本人の「A級戦犯」が処刑された処刑場跡を訪れ、「ルーズベルト大統領が勝手に戦争を仕組み、日本に押しつけた事を知り、仰天の思いであった。アメリカが無実の日本の指導者を処刑してしまったことに対し、一アメリカ人として心より日本人に詫びたい。日本に行ったら、是非とも処刑場跡を訪れ、処刑された人々の霊に詫びたいと思っていたが、今日それが実現できて、大任を果たした思いである」と語ったそうです。

さらに、「世界がさばく東京裁判」によると、「アメリカにおける東京裁判批判の決定打となったのは、歴史学の権威であったチャールズ・ビアード博士が1948年アメリカの公式資料に基づいて『ルーズベルト大統領と第二次世界大戦』なる著書を発表したことであった。博士はその著の中で『戦争責任を問われるべきは日本ではなく、ルーズベルト大統領だ』と訴えたのである」、「アメリカの要人たちもビアード博士が学界の権威であるだけに弁解の余地もなく、『もしそうなら、戦犯も追放もあったものではない。アメリカから謝罪使を送らねばなるまい』と言う者や、『いまさら謝罪もできないから、この上は一日も早く日本を復興させて以前に戻してやらねばならぬ』と言う者もあったという」と書いてありました。

私はこの、「ルーズベルト大統領と第二次世界大戦」を読みたいと思い、終戦五十周年国民委員会に問い合わせたところ、編集委員の方から、「・・・残念ながら日本語訳はありません。この本は、アメリカでも当時かなりの話題を呼び、内容が内容だけに、少なからず軍から反発を受けたと聞いています。そのためかどうか分かりませんが、邦訳については遺族の方が許さないのです」という回答をいただきました(ただし、英文の原著は日本の大きな図書館にはあるそうです)。

私はこれを聞いて驚きました。著作物とは人に読まれることを目的に書かれるものであり、著作者の遺族が、「発禁」にするというのはあまり聞いたことがありません。遺族に著作者の意に反する事をする権利があるのでしょうか。かつてのソ連、現在の中国、北朝鮮の例を見ても分かるように、「発禁」とは自分たちの嘘がばれることを恐れる人達がすることです。遺族が日本語訳だけを「発禁」にする正当な理由があるのでしょうか。日本人には真相を知らしめないと、いう以外に理由は考えられません。

アメリカは過去の外交文書を逐次公開しています。以前新聞で、「第二次大戦当時のドイツに関する文書はすべて公開されたが、日本に関するものは依然公開されていないものがある」と言う記事を読んだ覚えがあります。60年前の文書はもはや歴史上の資料で、外交機密ではないと思います。アメリカが公言してきた歴史に偽りがなければ、公開できない理由はないはずです。それを未だに公開できないでいるのは何故でしょうか。それは、アメリカが公言してきた歴史に偽りがあるからだと思います。

今年7月15日の産経新聞の一面トップに、「宣戦布告なし日本爆撃 米も計画していた」、という記事があり、真珠湾奇襲以前にアメリカが日本爆撃を計画していたことが報じられていましたが、このニュースのもととなった米国立公文書館の文献は、1958年から1971年にかけて段階的に公開されたものだそうです。

今から、30~40年も前のものです。それが今頃記事になるのはあまりに遅過ぎます。

日本人が隠された真相を知ろうと努力しないのは、大変情けないことだと思います。



=============================================================



ソース: 花うさぎの「世界は腹黒い」2
[戦争を仕掛けたのはアメリカだった!
真珠湾の5ヶ月前にルーズベルトは日本爆撃にOKのサインしていた!]
http://hanausagi2.iza.ne.jp/blog/entry/2534033/


日本への先向爆撃計画「JB-355」を承認したルーズベルト大続領の
サイン入り文書。「1941年7月23日。了解―ただし、軍事使節団方式
を採るか、アタッシェ方式を採るかについては再検討されたし。FDR」
『「幻」の日本爆撃計画』(アラン・アームストロング著、塩谷紘訳)
(日本経済新聞社)
画像



zeitgeist(時代精神) 日本語字幕 12/15
http://youtu.be/SiCFsjvPzs0
[2:30から真珠湾攻撃の真相]




参考URL: 「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判
[産経ニュース 2011-1207]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n2.htm


Link:

つくられた脅威
http://ochimusya.at.webry.info/201112/article_14.html

ルーズベルトへの手紙
http://ochimusya.at.webry.info/201112/article_5.html

ブログテーマ「歴史」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/4ef39057fd.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



報道されない真実を広めるため、
人気ブログランキングのクリックをお願いします!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!


 
   
アメリカの鏡・日本 新版
角川学芸出版
ヘレン ミアーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アメリカの鏡・日本 新版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





世界がさばく東京裁判
明成社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界がさばく東京裁判 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 
真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々
文藝春秋
ロバート・B・スティネット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕 (上)
藤原書店
チャールズ・A・ビーアド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕 (上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 
真珠湾 日本を騙した悪魔
成甲書房
ジョン コールマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真珠湾 日本を騙した悪魔 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック