人権侵害救済法案、他 本末転倒の民主党

国を想う国会議員達が、国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ。

動画の1本目は、宇都隆史参議院議員から、民主党が強硬策に出てきた「人権委員会設置法案」阻止に関し、首相問責決議以来の、参議院の一貫した対応についてお話しいただきます。

2本目は西田昌司参議院議員から、特例公債法案を利用し­た人質作戦が失敗した民主党の醜態と、それでも内閣総辞職で延命を図った場合の、国家的な損害についてお話しして頂くと共に、そのような事態を防ぐための自民党の決意につ­いてお話しいただきます。



【宇都隆史】人権委員会設置法案?参議院では門前払いだ![桜H24/11/9]
http://youtu.be/Moryl2zUxYk



【西田昌司】民主党の延命は、日本国に対する特別背任である[桜H24/11/9]
http://youtu.be/TNL7I4wDRKU




参考URL: 平沼赳夫オフィシャルホームページ
[「人権侵害救済法案」に反対する]
http://www.hiranuma.org/new/download01.html


●密告社会になる!

チラシ 第一弾
http://hiranuma.org/files/zhinken_download01.pdf

チラシ 第二弾
http://hiranuma.org/files/zhinken_download03.pdf


●問題点 内容解説

「人権侵害救済法案(新法案)の問題点」
百地章 日本大学教授 論文
http://hiranuma.org/files/zhinken_download05.pdf

「人権委員会の設置等に関する検討中の法案の概要(資料)」
百地章 日本大学教授 論文
http://hiranuma.org/files/zhinken_download04.pdf

「日本の息吹 9月号 全体主義的な言論・思想統制を目論む『人権侵害救済法案』」
百地章 日本大学教授 論文
http://hiranuma.org/files/zhinken_download02.pdf

法務省は、通常国会において「人権委員会の設置等による人権擁護施策の推進に関する法律案」「人権擁護委員法の一部を改正する法律案」の成立を目指しており、けっして諦めてはいません。

「人権委員会設置法案(仮称)」については、「人権侵害により発生し、又は発生するおそれのある被害の適正かつ迅速な救済及びその実効的な予防を図る等のため、人権委員会(仮称)及びこれを担い手とする人権救済制度を創設し、その組織・権限及び救済の措置・手続その他必要な事項を定める」と提案理由を記しています。

マスコミ・ネット等についての人権侵害については、法務省は条文で特出ししていないものの申し出があれば調査の対象となると説明されました。

ハードルを極端に下げており、反対しにくい内容となっていますが、逆に新組織設置の必要性が疑われる法律案です。



Link:

危険な人権侵害救済法案
http://ochimusya.at.webry.info/201112/article_15.html

人権侵害救済法案 絶対阻止!
http://ochimusya.at.webry.info/201105/article_6.html

左翼マルキストの夫婦別姓 導入阻止
http://ochimusya.at.webry.info/201012/article_13.html

テーマ「売国法案」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/e29b46ac44.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!







この記事へのトラックバック