米国の餌食となるTPP 平沼赳夫

TPPへの参加に関する是非が議論されている昨今、保守である平沼赳夫議員が「米国の餌食になるだけだ」と警鐘している動画がある。

加えて、西田昌司議員も、「TPPは百害あって一利なし」と主張している。

さらに青山繁晴氏もTTPには反対だ。

青山氏によれば、もし日本政府が、日米同盟の強化を目的(国益)のひとつとして参加すると考えているなら、それは長期的には全く無意味であり、失う国益は甚大であるということ。

そしてその根拠は、中国と韓国は米国で、近い将来、中国系、または韓国系の大統領を輩出することを国家戦略としていること。つまり米国において、中国系、韓国系の政府要人が出てくれば、日米安保は機能しなくなるということだ。

結局、国防も含め、すべてにおいて日本の真の独立が必要であると訴えている。

下方に、それらの動画を貼り付けておこう。



衆議院議員 平沼赳夫氏「またも米国の餌食となる可能性が高いTPP」
http://youtu.be/r8_yDHeHXMs



西田昌司の目覚めよ!
TPPへの交渉参加に関するリスク
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20177662


2013-0821 「ニュースDEズバリ!」 青山繁晴 1
TPPと消費税の正体
http://youtu.be/iEL77lTRIwY



2013-0821 「ニュースDEズバリ!」 青山繁晴 2
http://youtu.be/br-cnQI0uFM



2013-0821 「ニュースDEズバリ!」 青山繁晴 3
http://youtu.be/Ek_SM7cHSVI




Link:

テーマ「青山繁晴 シリーズ」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/b3f04a76a1.html

テーマ「日本人が知らない シリーズ」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



   

この記事へのトラックバック