安倍首相の靖國参拝

先日の安倍首相による靖國神社への参拝は大変評価したい。


画像



一方、靖國神社参拝の是非を問う報道を垂れ流す、反日売国マスコミは断じて許せない。

そもそも反日国家である中国、韓国、北朝鮮が、日本の首相の靖国参拝に、理不尽な”いちゃもん”をつけてきたのは、日本のマスコミが自ら火をつけたことに起因する。

朝日新聞やNHKを筆頭に、日本の媚中マスコミが、靖國神社への参拝を敢えて「公的参拝」と報道して、中国に対して言いがかりのキッカケを与えたことが発端であった。

それまでは、首相の靖國参拝に関して、反日国家はクレームすらしていなかった。

それ以降、中共などの反日国家の情報工作員の温床である日本の反日売国マスコミは、中国に応呼して「靖國問題」を、自ら報道して中国の理不尽な嫌がらせに加担しているのだ。

国民は、「靖國問題」を喧伝するマスコミこそ、日本人の敵であり、反日媚中の度合いを計るバロメーターであると悟るべきだ。

中共による日本侵略の手順、「人口侵略」、「精神侵略」、そして「軍事侵略」と「経済封鎖」のうち、靖國参拝への反発は、「精神侵略」にカテゴライズされる。

中共の意図は、是が非でも戦勝国が捏造した「日本は侵略国家で悪」と認識させて日本を屈服させること。

また日本人の心の拠り所である靖國神社を解体させ、旧日本軍の当時世界最強の強靭な精神と魂を、葬りさることだ。

加えて、今回の靖國参拝では、米国からも「失望」とコメントされたことは、歴史上の大きな局面(日本にとっては危機的状況)であると言える。

つまり米国が中国に配慮して歩み寄っったからだ。今までは、米国も靖國参拝問題は内政干渉としてきた。

米国の現政権である民主党は、本来親中反日政党(共和党は反中親日)である。

中国は、米国の国債保有額が世界一であることに加え、米国民主党への多額の献金をしているのも中国共産党であり、もはや米国は(米国の国益を損ねない限りにおいて)中国の政治的圧力の影響を受けている証拠だ。

米国のブッシュ大統領時代には、現役のブッシュ大統領は、靖國神社への参拝を希望していたにも拘わらず、小泉首相が、中国に配慮して、ブッシュの靖國参拝を断った経緯がある。

現役の米大統領による靖國神社への参拝、それは現在の同盟国・米国の日本への敬意と謝罪の念のあらわれであった。

当時、英国のエリザベス女王も、来日時に靖國参拝を希望したが、同様に外務省の親中派に阻止されたという。

このブッシュとエリザベス王女の靖國参拝が実現していたら、靖國参拝問題はすべて解決し、さらに日本人は自虐史観から解放されていたに違いない。当時の小泉首相と媚中の外務省が政治的判断を誤った罪は甚大だ。

是非、以下のエントリーを熟読していただきたい。 【拡散希望】



靖國参拝は国家再生の出発点(ブッシュの靖國参拝ならず) 【日本人必読】
http://ochimusya.at.webry.info/201208/article_5.html

日本精神の要 靖国神社(台湾人の靖國神社への考え方) 【日本人必読】
http://ochimusya.at.webry.info/201009/article_12.html



安倍首相が靖国参拝した理由 The Fact
http://youtu.be/IdIlh0ZMSRk



靖国神社を参拝した世界各国の要人
http://youtu.be/YHuef3__Eto
http://youtu.be/iyWN_Tfsf9E



【花時計】2012.12.06 靖国神社を参拝しましょう! にゃんにゃん
http://youtu.be/doW20XktP8o




Link:

NHKに蔓延る反日工作員
http://ochimusya.at.webry.info/201312/article_3.html

阻止されたブッシュの靖國参拝
http://ochimusya.at.webry.info/201105/article_8.html

台湾人と靖国神社
http://ochimusya.at.webry.info/200908/article_7.html

日本を蝕む内なる敵 マスコミ編 Part1
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_13.html

日本を蝕む内なる敵 マスコミ編 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_14.html

日本を蝕む内なる敵 官僚編
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_17.html

テーマ「日本人が知らない シリーズ」のブログ記事
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!

 


日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 
    

この記事へのトラックバック