日本を貶める朝日新聞の購読を止めよう!

5日以降、年間購読している一般購読者の解約が後を絶たない。企業も広告出稿を控える事態になっている、という。当然のことだ。

吉田清治の証言が虚偽であると露呈してから20年間以上も、日本を貶めるため、そして中国と韓国に利する報道するため、どこまでも捏造報道を繰り返してきた朝日新聞。

逆に言えば、未だにこのような国賊新聞に広告を出し、また購読する国民がいることが嘆かわしい。

「(従軍)慰安婦問題」だけではなく、「南京大虐殺の捏造」、「靖國神社参拝に反対」、「椿事件」などなど、朝日新聞の大罪は、多くのブログで取り上げられてきた。

産経新聞を除く、日本の国内大手マスコミ14社は、日中国交正常化を機に、中国政府の友好を口実にした要請で「日中記者交換協定」を締結させられ、中国の影の部分の報道はしないことを誓っている。

つまり、中国様の良いところだけを報道し、中国の恐ろしい部分は報道しないということで、事実上、中国共産党のプロパガンダ機関となり下がっているということだ。

要するに、中国・韓国が喜ぶ報道、中国・韓国が利する報道、そして日本の外交力を弱める報道、日本人の名誉を棄損する報道を、意図的に行っている新聞社である。

国民にできることは、ひとりでも多くの家族・親族・友人・知人・同僚に、朝日新聞の実態を伝え、購読を止めるように促すことだろう。

加えて、国内の反日左翼マスコミのテレ朝(朝日新聞)、TBS(毎日新聞)、NHKの捏造報道にも許しがたい捏造が多いことに気付いてほしい。

下方に、あらたな情報を貼り付けておく。 

TBSの捏造報道動画(共産主義者・吉田清治の捏造証言)あり。 【超拡散希望】


画像



朝日新聞の虚偽報道・捏造報道が明確になったのは慰安婦強制連行に関する吉田清治の「吉田証言」だけではなかった。

福島第一原発の事故で吉田昌郎所長と政府のやりとりを記した極秘文書「吉田調書」についても、朝日新聞は虚偽報道・捏造報道をしていた!

5月20日、朝日新聞は、「吉田調書」を入手し、「吉田昌郎所長の命令に背いて現場関係者が『撤退』した」と断定する報道をしていた。

ところが、8月18日、産経新聞は、5月20付け朝日新聞が報じた「吉田調書」の内容について、明確に事実に反する(虚偽・捏造である)ことを指摘した! (ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」から引用)



=============================================================
慰安婦報道に続きWパンチ…福島原発「撤退誤認」リーク元は政府か


過去の従軍慰安婦報道について事実誤認を認めた朝日新聞が、さらなる窮地に陥った。18日付の産経新聞で、先に朝日新聞が報じた「吉田調書」の内容について明確に否定する内容が報じられたのだ。

吉田調書とは、2011年3月11日の東日本大震災で東京電力福島第1原発が危機的状況に陥った際の、吉田昌郎所長(享年58)と政府のやりとりを記した極秘文書だ。

朝日新聞は5月20日付の紙面で「所長命令に違反 原発撤退」というタイトルで、震災直後の3月15日に第1原発にいた所員の9割に当たる約650人が、吉田所長の待機命令に背いて10キロ南の福島第2原発に撤退したと報じた。

これに産経新聞は調書の一部を独占入手した上で、吉田所長の命令に違反し所員が勝手に現場を離れたことはないと断定。吉田所長から「退避」は指示されたものの、朝日新聞の言う「撤退」はなかったと強調した。

8月19日の朝日新聞デジタルは、朝日新聞社が8月18日付で朝日新聞社の名誉と信用を傷つけたとして、産経新聞の東京編集局長と産経新聞に記事を書いたジャーナリストに抗議書を送ったと報じた。

朝日新聞といえば、従軍慰安婦の存在を広めながら、最近になって「確認できなかった」と一部の記事が事実誤認であることを認めたばかり。

その矢先に吉田調書でも大失態を演じたことから、ネット上では「また朝日か」「いい加減にしろ」と大ブーイングが飛び交っている。

事実、慰安婦の事実誤認以降、年間購読している一般購読者の解約が後を絶たないという。

同紙関係者は「一般読者だけでなく、企業も『慰安婦の誤報は許せない』と広告出稿を控える事態になっている。社内でも深刻な問題として捉えている」と話す。

しかも、今回の産経新聞の記事は、政府がお膳立てしなければ成立しない内容。別の関係者によると「吉田調書は安倍政権下のトップシークレット。それが漏れるということは政府が産経に橋渡ししたとしか思えない。政府が朝日新聞を潰そうとしているのでは」と推測する。

慰安婦報道に続き、吉田調書でダブルパンチを食らった朝日に明日はあるのか――。


ソース: 慰安婦報道に続きWパンチ…福島原発「撤退誤認」リーク元は政府か
[2014年08月21日07時15分、東スポWeb]
http://news.livedoor.com/article/detail/9167414/


=============================================================



『捏造TBS』吉田清治の偽証 【必見の捏造証言】

『捏造TBS』吉田清治の偽証「日本軍が数万人の慰安婦狩りをした」「韓国からそんな事実はない... 投稿者 kigurumiutyuujin


朝日が捏造した歴史 南京大虐殺・従軍慰安婦
http://youtu.be/EoAmItpLGuE



朝日が捏造した歴史2 靖國問題の火付け
http://youtu.be/KT-Dj8agc4Y



拡散!朝日新聞を廃刊に追い込む不買運動より効果的な3つの方法!
部数よりも広告企業にクレームを!
http://youtu.be/p7D9cKRiCkU




=============================================================
≪朝日新聞 各本社のお客様窓口のご案内≫

【東京本社お客様オフィス】
ご意見:03-5540-7615
お問い合わせ:03-5540-7616(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)

【大阪本社】
06-6201-8016(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)

【西部本社】
ご意見:092-477-6010
お問い合わせ:092-477-6370(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)

【名古屋本社】
ご意見:052-221-0337
お問い合わせ:052-221-0347(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)

【北海道支社】
ご意見:011-222-5044
お問い合わせ:011-222-5045(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)

=============================================================



朝日が捏造した歴史 慰安婦問題 参考動画【重要】:

アンカー  青山繁晴 140806 #1 朝日新聞 慰安婦報道撤回 【必見・重要】
http://youtu.be/fMi-EJVGpFo

慰安婦問題 世紀のペテン師、朝日新聞と吉田清治(元共産党員)
http://youtu.be/Fvo6O1JQlD0

台湾人の証言 「なぜ従軍慰安婦を志願する女性がいたのか?」
http://youtu.be/U55McjlBIOE

字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレ [2013/7/22公開]
http://youtu.be/ggQaYD37Jm4

朝日新聞が偏向する理由 共産主義者の温床 【元記者の内部告発】
http://youtu.be/XS8pBLslRIw



参考URL:

朝日新聞が作った捏造の歴史
http://ccce.web.fc2.com/d/as.html

朝日新聞の真実
http://asahi.kirisute-gomen.com/

東アジア黙示録
[吉田清治担ぐTBS報道特集…鳥越俊太郎の凶悪デマ]
http://dogma.at.webry.info/201408/article_7.html

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
[朝日「購読者の解約が後を絶たない。企業も広告出稿を控える事態に」]
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5549.html

博士の独り言 II
[津川雅彦氏「朝日」を斬る!]
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2948.html


画像



Link:

朝日元ソウル特派員が告発 「嘘は常識だった」
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_14.html

朝日新聞が創った捏造の歴史
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_10.html

朝日新聞は謝罪と釈明をせよ 櫻井よしこ
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_9.html

諸悪の根源 朝日新聞を廃刊へ
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_7.html

朝日新聞の話をしようじゃないか!
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_6.html

命に関する発言 言って委員会 朝日新聞の取消記事
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_5.html

慰安婦報道 朝日新聞の責任 ミヤネ屋
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_4.html

日本のメディアは外国(中韓)の手先か? 青山繁晴
http://ochimusya.at.webry.info/201408/article_3.html

河野談話検証 青山繁晴 【最終決着・保存版】
http://ochimusya.at.webry.info/201406/article_8.html

「朝日新聞」と「吉田清治」
http://ochimusya.at.webry.info/201403/article_10.html

「強制連行はなかった」 朝鮮総督府元内務課の証言
http://ochimusya.at.webry.info/201309/article_15.html

これでも公共放送か! NHKの実態
http://ochimusya.at.webry.info/201404/article_4.html

NHKに蔓延る反日工作員
http://ochimusya.at.webry.info/201312/article_3.html

日本を蝕む内なる敵 マスコミ編 Part1 【朝日新聞の売国の経緯詳細】
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_13.html

日本を蝕む内なる敵 マスコミ編 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_14.html

朝日が捏造した歴史 Part 1
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_1.html

朝日が捏造した歴史 Part 2
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_2.html

日本解放第二期工作要綱(日本侵略の工作指令書)
http://ochimusya.at.webry.info/201307/article_1.html

日本を侵食する中国工作機関
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_5.html

急増する中韓の反日ロビー工作
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_4.html

NHKに蔓延る反日工作員
http://ochimusya.at.webry.info/201312/article_3.html

日中記者交換協定の愚 [事実上、中共のプロパガンダ機関となるマスコミ]
http://ochimusya.at.webry.info/201209/article_10.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




これでも朝日新聞を読みますか?
ワック
山際 澄夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これでも朝日新聞を読みますか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
ワック
山際澄夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック