資格試験落ちた~ユーキャン死ね!

今年の流行語大賞のトップ10入りした不愉快な言葉が、実は選考審査員が在日と反日思想のど左翼日本人によるヤラセ(自作自演の捏造)の疑いがあるとして、ネットが炎上している。

そして、『資格試験落ちた・ユーキャン死ね!』というカウンター・パンチが、ネット上を掛け巡った。 (お見事!)

NHK名古屋「ほっとイブニング」が街頭で聞いた結果でも、「保育園落ちた日本死ね」を選んだ人は誰一人としていなかった模様だ。


画像



当然ながら、ユーキャンのTwitterアカウントには多くの非難が寄せられており、「日本死ね」に流行語としてお墨付きを与えた選考委員と共に厳しいコメントが相次いでいる。

「ユーキャンの新語流行語大賞おかしいだろ」

「日本死ねとか最低ですけど反日企業ですか?」

「社会に及ぼす影響を考えたんですか?」

「ノミネートだけでも酷いのにトップ10に選ぶとは」

「日本死ねとか選んだことを謝罪すべき」

「お前ら、コトの重大さわかってるのか?」

「日本人の心を深く傷つけたのわからないのか?」

「三流企業さっさと潰れろよ」

「日本人を貶める暴言。看過できない、見解を説明しろ」

「命を愚弄する言葉。正気なんですか?きちんと答えて下さい」

「貴社に学問を扱う資格はありません」

「さよならユーキャン、日本人を舐めるなよ」

「ユーキャンは売国企業なんですか?」


特に、この流行語大賞を選定した反日ど左翼の審査員を忘れてはならない。

2016年版の著者は、佐藤優/木村草太/姜尚中/内田樹/重松清/武田砂鉄/谷川俊太郎/奥田愛基ほか。


ユーキャン「新語・流行語大賞」の選考委員
画像



下方に、いくつかのブロガーによる参考記事を紹介したい。



参考URL:

さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
[日本人の怒りが治まらない!「日本死ね」の謝罪と取り消しが必要だ。]
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34495567.html

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
[「日本死ね」で山尾志桜里が受賞!ユーキャン・前原誠司は祝福・つるの剛士は悲しむ・大量ガソリン]
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6470.html

反日勢力を斬る
[「日本死ね」の流行語大賞なんて止めてまえ!]
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4171.html

パチンコ屋の倒産を応援するブログ
[自分の国への最大級の呪いの言葉を選ぶ異常さ]
http://ttensan.exblog.jp/23686920/



反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします!

人気ブログランキングへ




=============================================================
日本人の怒りが治まらない!「日本死ね」の謝罪と取り消しが必要だ。


画像


画像


画像
NHKの流行語大賞の街頭調査では「日本死ね」は1票もなかった。



流行語大賞で「日本死ね」を表彰したユーキャンが炎上、Wikipediaページを書き換えられてしまう

「新語・流行語大賞」は「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」が正式名称である通り、通信講座で知られるユーキャンの名前が冠されているため、今回「日本死ね」が流行語大賞の一つに選ばれたことに対する批判が同社にも殺到しています。

ユーキャンのTwitterアカウントには多くの非難が寄せられており、「日本死ね」に流行語としてお墨付きを与えた選考委員と共に厳しいコメントが相次いでいます。

またユーキャンのWikipediaページは何者かによって12月2日19時現在、「株式会社ユーキャン死ね」(下画像)に書き換えられており、怒りの激しさを窺わせています。(2016.12.3 buzznews)


画像



「日本死ね」と「山尾しおりの笑顔の受賞」に日本人の怒りは治まらない。

ネットはこれに対する怒り爆発で、Twitterでは「資格試験落ちた。ユーキャン死ね」が大盛り上がりだ。

しかし、報道しない自由のテレビはこのことを報道していないようだ。日本人がこれを知ると日本中が怒り出すからか。

「日本死ね」の選考委員は姜尚中、俵万智、室井滋、やくみつる、箭内道彦、清水均という在日や反日のひどい面々ですが、日本人がここまで怒るとは思っていなかったのではないか。

そしてその矛先は反日のユーキャンに向かっているのは当然ですが、そもそもこの流行語大賞の母体は『現代用語の基礎知識』という反日左翼の本であり、その出版社が反日左翼の自由国民社です。


画像


画像



流行語の選定はこの「自由国民社」が本丸です。

自由国民社はユーキャンの出版物も出しており、『現代用語の基礎知識』には流行語の選考委員も書いている。

ユーキャンも含め自由国民社の本を購入するということは「日本死ね」の反日左翼の資金を支援するようなものだ。買うべきではない。

この流行語は過去には世論を考慮して選考されても却下されたことがあった。

平成7年、オウム真理教の「ポア」や「ああ言えば上祐」が選考されると「テロ容認」と非難されることを考慮して却下、平成12年に選考された「ナマポ」も「差別になる」として却下されているのだ。

しかし「日本死ね」は却下されなかったのです。

なぜか?これが彼らの本心だからであり、ネットの拡散力と日本人をの怒りを甘くみていたのであろう。

日本人の怒りはこのままじゃ治まらない・・・。


=============================================================



Link:

日本を蝕む内なる敵 マスコミ編 Part1
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_13.html

日本を蝕む内なる敵 マスコミ編 Part2
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_14.html

朝日が捏造した歴史 Part 1
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_1.html

朝日が捏造した歴史 Part 2
http://ochimusya.at.webry.info/200910/article_2.html

報道しない権利を行使する護憲派メディア
http://ochimusya.at.webry.info/201603/article_3.html

反安保デモに支那・韓国の情報工作員の影
http://ochimusya.at.webry.info/201508/article_3.html

対日工作に関する指導訓話
http://ochimusya.at.webry.info/201508/article_1.html

支那の偽史文明 (歴史を捏造する中国共産党)
http://ochimusya.at.webry.info/201204/article_13.html

日本を侵食する中国工作機関
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_5.html

急増する中韓の反日ロビー工作
http://ochimusya.at.webry.info/201305/article_4.html

ブログテーマ 「日本人が知らない シリーズ」
http://ochimusya.at.webry.info/theme/57295fd580.html



あなたの1クリックが、
情報の認知度を高めます!

  
人気ブログランキングへ
Thanks for your cooperation!




日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略
高木書房
深田 匠

ユーザレビュー:
国際社会の「大人」の ...
本当は★無限大のはず ...
素晴らしいの一言高校 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



        

この記事へのトラックバック