テーマ:櫻井よしこ シリーズ

民主党政権では日本が持たない 櫻井よしこ

今日は「海の日」、購入したい本があり、最寄駅のいくつかの書店に行ってみたが生憎品切れであった。その本とは、櫻井よしこ著書の『民主党政権では日本が持たない』という本だ。 厚い最中、本屋を梯子するのも疲れるので、ネット通販で購入することにした。 反米を唱え中国に媚を売る愚かな人たち、妄想平和主義と自分さえよければ構わないという平…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

21世紀の脅威は中国 櫻井よしこ

既に、いくつかの政治ブログでもアップされている産経新聞の記事を紹介しよう。 ============================================================= 21世紀の脅威は中国 櫻井よしこ 第253回全国縦断「正論」九州講演会(産経新聞社、「正論」長崎講演会実行委員会…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

中国の問題点 櫻井よしこ

上海万博が開幕して、沢山の日本人が、中国を訪問することになるだろう。 中国の魅力、つまり水墨画のような風景と素朴な国民というイメージを抱いている純粋な日本人は多いが、それは旅行会社と左翼マスコミに洗脳された結果と言える。 中国という国は、本当にまともな国家といえるのだろうか。 一昨年、北京オリンピック直前に、「櫻井よし…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

中国の対日戦略 日本は悪い国?

当ブログ記事、「日本の危機 櫻井よしこ」で、中国の日本侵略に関する国家戦略を紹介したが、生憎肝心のYoutube の動画が削除されてしまった。 今回、新たにアップロードされている動画(一部分)を発見したので、改めて紹介したい。とても重要な内容なので、各個人で各動画をダウンロード保存し、拡散願う。 日本は悪い国なのか?…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

保守待望論

保守再生と鳩山内閣の売国政策に関して、12月20日に放送された、「たかじんのそこまで言って委員会」に、安倍晋三元総理と櫻井よしこ氏が登場して討論している貴重な動画を紹介しよう。 先週、これらの動画紹介記事のアップロードを予定していたけれど、Youtube動画が直前に削除されてしまった。しかし幸いにも、昨夜、別サイトの動画を見つけた…
トラックバック:9
コメント:10

続きを読むread more

日の丸 中川昭一&櫻井よしこ

先日亡くなった日本の国士・中川昭一元財務相が、「愛国心」について、 己の思いを語っている動画を見つけた。 櫻井よしこ氏の「日の丸」のエピソードも、大変深イイお話なので紹介しよう。 日の丸 中川昭一&櫻井よしこ http://www.youtube.com/watch?v=a7aCZfdgGfo 世界…
トラックバック:12
コメント:12

続きを読むread more

憂国の士 櫻井よしこ

テレビ番組、「そこまで言って委員会」が、衆院選前(投稿日 2009年7月10日)に、 櫻井よしこ氏、西村眞吾氏(前衆議院議員)、金美齢氏(台湾人評論家)などの ゲストを招いて、「国防」に関する討論があった。 北朝鮮の核ミサイルの脅威にさらされても、東京の殆どのテレビ局においては、 このような、「国防」という、当たり前の議論す…
トラックバック:5
コメント:9

続きを読むread more

日本の衰退 櫻井よしこ

中国も米国も、自国の国益を最重視した外交をしている。 そんな最中、鳩山政権の「友愛」政策により、中国と米国の狭間で、 日本の安全保障上の問題と経済的な衰退が急速に進みそうだ。 (特に、CO2 25%削減目標は、自殺行為) また、岡田外相が、過去の日米間の「密約」の調査をしているが、全く無意味であり、日本の国益ではなく、…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

日本の危機 櫻井よしこ

以前、櫻井よしこ氏が、日本の危機的状況を訴えていることを、 当ブログ記事、「中国 戦慄の陰謀 3」と「日本人に伝えたいこと」で紹介した。 他にも、櫻井よしこ氏が警鐘している、「日本人が知っておくべき重要事項」が、 多数ネット上に存在しているので、今回は、第3段として紹介したいと思う。 日本人は、自国の防衛も他国(米国や国…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本人に伝えたいこと

戦後64年、日本人は元気が無くなった。  日本人としての自信と正義感と意気までも消沈しているようだ。 特亜3国からのクレイムに苛まされ、 日本は悪い国であったと罪悪感と自己嫌悪に陥っているようだ。 しかし日本人は、本当の歴史を知らない。 戦後、学校教育で使われた教科書は、すべて米国(GHQ)の検閲を受け、米国に都合…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more