テーマ:歴史

靖国神社 74年目の夏

敗戦から74年目の靖国神社の夏。 NHKを筆頭に、反日テレビ局が一斉に自虐史観に浸る8月の終戦記念日。 未だに、GHQによるウォーギルト・インフォメーション・プログラムに洗脳されてしまった日本人が多い中、今年の靖国神社では、麗澤大学 准教授の ジェイソンモーガンさんの演説が素晴らしかった。 ジェイソンモーガン教授の演説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は侵略国家であったのか?

敗戦後の日本で、戦勝国のGHQが徹底した実施したWGI(ウォーギルトインフォメーション)により、日本は侵略国家であったと、歴史が書き換えられた。 そして反日の特ア三国(中国・韓国・北朝鮮)+ロシアが、日本弱体化の為の世論操作工作で、最大限に利用しているのが、日本が侵略国家であったと信じる日本人の自虐史観だ。 先日の人気ブログ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アジアで戦ったのは日本だけ

先日、ブログ『さくらの花びらの「日本人よ誇りを持とう』にアップされた記事を紹介したい。 加えて、インドネシアの独立戦争の際、共に戦った元日本兵が現在もインドネシアの英雄として語り継がれていることが、よく分かる映画も紹介しておこう。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! ========…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

世界最強だった日本軍航空部隊 井上和彦

先日のケント・ギルバート氏の72年ぶりに日本の空を飛んだ「零戦の帰郷(零戦里帰りプロジェクト)」に加え、軍事ジャーナリスト(自称漫談家?)の井上和彦氏による投稿文をアップしたい。  知られざる日本海軍航空部隊の真実が語られている。 この井上氏のコラムは、zakzak(夕刊フジのネット版)に5回連載されたシリーズで、下方には各…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

吉田証言の真実

いわゆる「従軍慰安婦」なるものを捏造し、日本を貶めた歴史に残る超売国奴、吉田清治が、半島の組織KCIAの工作員であったことなどが、その長男によって暴露された。 吉田清治の実の長男が暴露した根拠のある証言に関して、殆どの日本の反日マスコミは取り上げないが、ネット上には、参考になる動画やブログが多数アップされているので下方に紹介したい…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

先人たちのつくり上げた日本国

今年も8月15日向けて、反日マスコミによる毎年恒例の自虐的国民総懺悔の時期がやってきた。 支那の犬HK、テレビ朝日、TBS・・・等々、戦争=絶対悪、日本軍=戦争を始めた悪者、核兵器=持ってはいけない恐ろしいモノ、ということを大前提にした終戦記念番組のオンパレードだ。  毎年、吐き気を催す番組ばかりで、日本の弱体化を目論む支那…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

日本の恩人 ジャヤワルダナ

戦後のサンフランシスコ講和会議に、スリランカの大蔵大臣として出席したジャヤワルダナは、冒頭で「日本に対する賠償権を放棄する」と宣言した。 前回に引き続き、ブログ『さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」』から引用させていただく。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! ========…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

東洋には素晴らしい国がある

『東洋には素晴らしい国がある。それは日本だ。』 これは、1945年5月、硫黄島での戦いの時に第五艦隊司令長官としてアメリカ海軍を指揮したレイモンド・A・スプルーアンス海軍大将が残した言葉と言われている。 ネット上の人気ブログに取り上げられているので、下方に紹介したい。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願い…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本の歴史教科書

昨今、日本の小学生向け教科書教メーカー22社の内、10社が検定中の教科書を教員に見せて謝礼を支払っていた問題があった。 これらのメーカーの歴史教科書では、日本の近代史は、どのように記述されているのだろうか。 正しい日本の歴史(特に近代史)を知ることは、日本の再生の原動力になる。 しかしながら、日本の義務教育では、現在に…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

正しい歴史認識の重要性

日本の左翼、自称平和主義者(妄想的平和主義者)たちは、日本は悪い国であったという、いわゆる自虐史観が根幹にある。 それゆえに日本人なのに、日本が嫌いで、反日的な言動を繰り返す。 まさに反日を国是とするならず者国家、中国(そして北朝鮮、韓国も)の思う壺である。 なぜ自虐史観なのか、その理由は単純明快で、本当の正しい歴史を…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

南京の真実 七人の侍の死

チャンネル桜、水島総監督により製作された映画が、Youtube 動画にアップされた。 元日本軍兵の貴重な証言が、当時の真実を物語っている。 下方に紹介したい。 極東国際軍事裁判(東京裁判)にて裁かれ、従容として死に就いた、いわゆる「A級戦犯」7名。 南京攻略戦司令官として「大虐殺」の責任を問われた松井石根大将をは…
トラックバック:9
コメント:1

続きを読むread more

米軍の脅威であった日本の極秘軍用機 

旧日本軍の戦闘機、および極秘であった軍用機を、米国専門家が高く評価している動画がある。 日本が誇る世界最新鋭のF-3(心神)も含め、下方に紹介したい。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! 【HD】日本の極秘軍用機 SECRET JAPANESE AIRCRAFT OF WW II p…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南京大虐殺 ユネスコに登録された事実無根の捏造話

嘘も100回言えば、「真実」になるという事を実践してきた中国共産党。 ついに嘘で塗り固めた「南京大虐殺文書」がユネスコの記憶遺産へ登録されてしまった。 歴史の捏造を承知の上で、プロパガンダに利用する確信犯だ。 この3連休は、怒り心頭を通り越して、深く重たい心苦しさと、大きなストレスがのしかかってきた。 一体、外務…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

日本が戦ってくれて感謝しています~フィリピン編

ジャーナリスト・井上和彦氏の取材による「日本が戦ってくれて感謝しています」の第五弾、フィリピン編を紹介したい。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています~フィリピン編 Part1[桜H25/12/16] https://youtu.be/nxz…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

日本が戦ってくれて感謝しています~台湾編

ジャーナリスト・井上和彦氏の取材による「日本が戦ってくれて感謝しています」の第四弾、台湾編を紹介したい。 本当の歴史を知らない多くの日本人にとって、今回も、目から鱗の話が盛り沢山だ。 是非とも拡散願いたい。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! 【安全保障講座】日本が戦ってくれて…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

日本が戦ってくれて感謝しています~インド編

ジャーナリスト・井上和彦氏の取材による「日本が戦ってくれて感謝しています」の第三弾、インド編を紹介したい。 これらの動画を見ると、戦後の日本人が、いかに戦勝国の WGIP によって嘘の歴史で洗脳(日本軍=侵略国家)されていたかということに気づく。 下方に関連したリンクを張っておくので、是非とも拡散願いたい。 【…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

日本が戦ってくれて感謝しています~マレーシア編

前回のエントリー、「日本が戦ってくれて感謝しています~パラオ編」に続き、マレーシア編です。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! 【安全保障講座】日本が戦ってくれて感謝しています~マレーシア編 Part1[桜H26/2/17] https://youtu.be/n4XH3matSvY …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本が戦ってくれて感謝しています~パラオ編

今年4月、天皇皇后両陛下がパラオ慰霊のご訪問をされてから、日本とパラオに関するテレビ番組が増えたようだ。 先週(8月11日)も、「ありえへん∞世界 『世界と日本の知られざる絆スペシャル』」でも、「パラオ」太平洋戦争時…900人の命を守った日本軍守備隊(守備隊長:中川州男陸軍大佐)」の事が取り上げられていた。 深イイ話だ。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

インドネシアが親日の理由

昨今、ビジネスの生産拠点として、インドネシアやマレーシアが注目されている。 しかし中国・韓国を除く、東南アジアと日本の近代史に関して、日本人は非常に疎い。 特に、インドネシアにおいて、旧日本軍は英雄的な存在であった事実は、日本が敗戦した為、反日勢力の世論操作もあいまって、タブーとなっているようだ。 最近、かつてのインド…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ヴェノナ計画 日米開戦は米コミンテルンの策略

第二次世界大戦当時、極めて高い機密とされていたソ連の暗号文書、ヴェノナ・ファイル。 これを傍受していた米国は約37年間かけて、そのすべてを解読し、その後、米国国防省は、これを1995年7月に世界に向けて公開した。 端的に言うと、これにより第二次世界大戦、そして日本が真珠湾攻撃に至る大東亜戦争を引き起こした真の黒幕は、ソ連であ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

南京大虐殺 写真の捏造を認めた本多勝一

日本軍の冤罪。その代表的なものが「南京大虐殺」である。 この捏造事件の発端は、朝日新聞が、本多勝一記者(本名が崔泰英と云う在日朝鮮人)の「中国の旅」という捏造取材記事の連載を掲載したことに始まる。 この事件に関して、朝日新聞は、未だにこの事件の訂正を行っていない。 加えて、その朝日新聞の捏造記事を読んだ田辺誠が、また酷…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

南京大虐殺を告白した国民党少尉

しばらく前ではあるが、気になっていた記事があったのでアップしておきたい。 真意の程は定かではないが、漢民族である支那軍は、極悪非道(略奪、強姦、放火は当たり前)、残虐、その卑怯さは鬼畜の如くであるため、信憑性が高いと思われる。 例えば、まともに戦闘をした場合、日本軍にはかなわないので、一般市民を装った便衣兵でゲリラ的な戦闘を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

戦後70年 アジア諸国の声

戦後70年談話を安倍首相が発表すると伝えられてから、日本の多くの左翼マスコミ、反日団体が騒いでいる。 与党である自民党の中にも、反日国家によって捏造され、喧伝された誤った近代史を真じている沢山の自虐史観の持ち主(石破地方創生大臣など)、そして反日左翼であり、親中、親韓であたかも他国の国益を優先しているような与党議員(特に公明党の中…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

日本とパラオの物語

世界3大親日国家と言っても過言ではないパラオ。 簡潔に纏めてある新たな動画を見つけたので紹介したい。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! 日本とパラオ http://youtu.be/aFCAwDhJ2s0 歴史証言8・15 パラオ共和国 故イナボ・イナボさん ht…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

忘れられた激戦の島~パラオ慰霊の旅

ダイバーの聖地である青い海のパラオ。 そしてパラオは、個人的にではあるが、世界3大親日国家だと思っている。(台湾、パラオ、そしてトルコ) 今回は、チャンネル桜の番組で、パラオを取り上げていたので紹介したい。 ≪昭和19年9月に上陸を開始した米軍を日本軍が迎え討ち、2ヶ月に亘る壮絶な持久戦が­展開されたパ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

パール判事は私達の誇り

9月初旬に、インドのモディ首相が来日し、東京裁判で「日本無罪論」を主張したパール判事の事を言及した件、いくつもの動画がネット上にアップされていたので紹介したい。 反日勢力を駆逐する為、”ポチ” っとお願いします! パール判事は私達の誇り http://youtu.be/Yw920e-XA…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

マッカーサーの告白

最近、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官だったマッカーサーが、日本の戦争は自衛であったと証言した内容、およびその告白が、ネット上の動画でアップされている。 2年程前には、日本が対米戦争に踏み切った理由について、マッカーサーが1951(昭和26)年、「主に自衛(安全保障)のためだった」と述べた米議会での証言が、都立高校の教材に掲載…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

歴史を捏造する特亜

社会の教科書に、「竹島」と「尖閣諸島」、および「北方領土」は、日本固有の領土であると表記された事により、歴史を捏造する嘘つき国歌、中国と韓国が、ご多分に洩れずクレームしてきた。 固有領土、子供たちに教えるの当然~文科相 [日本テレビ系(NNN) 4月5日(土)1時44分配信] http://headlines.yaho…
トラックバック:10
コメント:5

続きを読むread more

親日国パラオ ペリリュー島の戦い

アメリカからの独立後も、日本統治時代を懐かしみ、親日である美しいパラオ共和国。 ダイビングのメッカでもあるパラオでは、日本語は話せないが、「太郎」、「花子」など、日本人名をもつパラオ人の若者も多い。 当時の米軍では、パラオは数日で陥落すると思われていたが、実際は大東亜戦争でも屈指の激戦地となった。 『諸国から訪れる旅人…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

ムルデカ 17805

最近、インドネシアが投資先として注目されている。 日本企業の投資先として、反日国家である中国は、シャドーバンキング、不動産バブル、反日暴動、PM2.5など、あまりにもカントリー・リスクが高く、現在は居住することもままならない。 そもそも中国進出した企業で、利益を出せた日本企業はほとんど無く、理不尽な現地の規制により中国から撤…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more