テーマ:政治

人権侵害救済法案、他 本末転倒の民主党

国を想う国会議員達が、国会中継だけでは伝えられない政治の動きを、ビデオレターで国民の皆様にお伝えするシリーズ。 動画の1本目は、宇都隆史参議院議員から、民主党が強硬策に出てきた「人権委員会設置法案」阻止に関し、首相問責決議以来の、参議院の一貫した対応についてお話しいただきます。 2本目は西田昌司参議院議員から、特例公債法案を…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

誰も語れなかった沖縄の真実

誰も気づかない、誰も語らない、沖縄乗っ取りの危機。 既に沖縄では、弾を打たない情報戦争が展開している。 沖縄県知事は中国帰化人(2代続く)、沖縄の反日マスコミ、極左翼化した沖縄県民、日本人としての認識が少しづつズレてきている実態。 前回、当ブログのエントリー、「沖縄独立の危機 中共の工作活動」にて、中共による沖縄乗っ取…
トラックバック:10
コメント:6

続きを読むread more

愚の骨頂を極めた福岡市長

脳内お花畑で蝶蝶が舞っている大馬鹿者による、中国様への献上行為があとを絶たない。 2010年には、中国がレア・アースの日本ヘの輸出量を勝手に制限した際、当時APECに出席していた大畠章宏経済産業相が、「中国とレアアース(希土類)の代替材料やリサイクル技術を共同研究したい」との意向を示したというニュースがあった。 ----…
トラックバック:11
コメント:2

続きを読むread more

民主党 不祥事リスト

結党から9年間、民主党に所属する議員、党員たちの不祥事リストがある。 政治ブログ、「我が国のかたち」で、注目すべきエントリーを見つけたので転載させていただく。 ============================================================= 驚愕・民主党の不祥事リスト  2…
トラックバック:8
コメント:4

続きを読むread more

シリア批判 露中が拒否権

かつてから無法国家・ならずもの国家の悪行(弾圧・虐殺・人権侵害)に、朝鮮戦争という特例を除き、国連は全く機能したことはない。 今回のみならず、戦後の戦勝国クラブ(当初は日本に宣戦布告したことが加盟条件であった)として発足した国際連合は、戦後の世界平和の為の軍事介入で、まともに機能したことは殆どないのが実情だ。 それもその筈、…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

西田氏 野田総理をフルボッコ

参議院議員の西田昌司氏が野田総理の発言をフルボッコにした。 去る1月25日に行われた野田総理の所信表明に対して、不誠実で厚顔無恥と叩き斬る。 加えて、(民主党を擁護する)マスコミの偏向報道にも大きな責任があると指摘している。 不誠実で厚顔無恥、野田総理の所信表明 西田昌司 http://youtu.be/6_…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

野田!お前は馬鹿か!

うんざりするほどデタラメな男、野田佳彦をぶった切る! 西田議員によれば、これは本当に日本の危機、最期の最期の状態、いやもうすでに日本は崩壊しているかもしれないとまで言い切った。 日本の内なる敵、反日売国マスコミが報道しない民主党のていたらく、そして野田首相の馬鹿さ加減を、西田昌司議員が怒りを込めて暴露している必見の動画を紹介…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

野田総理 ぶらさがり会見

野田政権の媚韓・媚米・媚中は、どこまでも続く。 親日国家タイの洪水被害やトルコでの大地震の見舞金は、無きに等しい金額であったが、世界3大反日国家である韓国の金融危機に関しては、自ら進んで日韓間の通貨スワップとして、5兆円もの日本国民の血税を捧げた。 ちなみに東日本大震災の被災地支援は、3兆円に留まっている。 ネットで面…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more

これでもTPPへ参加するのか? 中野剛志

日本政府が明かさないTPPの真意が中野氏により明らかにされた。 最後まで、おちゃらけて話しているが笑えない、衝撃の内容だ。 要は、TPPへの参加は、日本が明治維新のとき、欧米と締結した不平等条約に逆もどりするのと同じである。つまり自らすすんで日本を米国の植民地にしてもらうということに等しい。 何が何でも絶対的にアメリカ…
トラックバック:6
コメント:5

続きを読むread more

TPP参加の是非

日本にとって、全くのデメリットでしかないTPP。 多くのマスコミが報じていないが、結局のところ、TPPの本質は、日米間の自由貿易協定と言っても過言ではない。 しかも米国の企業の利益が優先される日米不平等条約である。 日本にとっての輸出先は失業率の高い米国しかありえず、また米国にとって期待できる輸出先は日本でしかない。 …
トラックバック:16
コメント:2

続きを読むread more

報道されない「TPP アメリカの狙い」

今年の2月に関西テレビのアンカーで、「TPP アメリカの本当の狙い」という緊急特別企画の放送があった。 TPPに加入しなければ日本経済は悪化する、バスに乗り遅れるな!とのたまわる輩は、TPPの根本的なこと、そして米国の策略をも全く理解していない愚者である。 ホントのTPPとは ①日本政府はTPPの本質を隠すために、農業…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

民主党は朝鮮スパイ政党だ 西田昌司

西田議員が赤裸々に語る民主党のていたらくを纏めて紹介しよう。 西田議員によれば、野田総理は、鳩山、菅よりさらに酷くなっていると断言する。 それらの一連の動画を、過去の衝撃的な動画も含めて下方に貼り付けておく。 西田昌司議員が語る 野田総理は鳩山・菅氏よりもひどい!! [超人大陸(平成23年9月19日号)より転…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

犯罪者の政党・民主党

昨今の村井知事に対する暴言で、早々に辞任するに至った松本龍復興担当相。 民主党が政権を取って以来、任命される大臣は、どいつもこいつもろくな人間がいない。 ところで、しばらくまえに、政治ブログ「夕刻の備忘録」で、「犯罪者の政党・民主党」というエントリーがあったので、下方に紹介したい。 ==============…
トラックバック:8
コメント:5

続きを読むread more

弱い国には外交力がない

東日本大震災のドサクサに紛れて、中・韓・露の日本に対する尖閣諸島への威嚇、竹島の要塞化、領空侵犯や北方領土への訪問などが相次いだ。 この日本を小馬鹿にした行為に対して、現・菅政権は、震災のお見舞いをいただいた云々という理由で、強い抗議を怠っている。 戦勝国が侵略国家と決め付け、勝手に作った憲法9条に、正直な日本は縛られ、その…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

正義は遂行されたか?

GWの最中、2日より報道されはじめた、オサマ・ビンラディン殺害のニュース。 殺害後、イスラム教徒のしきたりに習い、24時間以内に水葬されたという。 キリスト教とイスラム教の宗教戦争というイメージを払拭したい米国にとって、イスラム教の教えを尊重して24時間以内に水葬をしたのだろう。 昨今の独裁政権の民主化運動とオサマ・ビ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

What the hell is going on ? 中韓を知りすぎた男

今、いったい何か起きているのか? 政治ブログ・ランキングの上位に君臨している「中韓を知りすぎた男」で、興味深いエントリーを見つけたので、下方に紹介したい。 ============================================================= ソース: 中韓を知りすぎた男 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

産経の阿比留氏 亡国内閣を斬る!

しばらく前に、チャンネル桜のインタビュー番組に、産経新聞・政治部記者、阿比留瑠比氏が登場した。 その話の中で、菅改造内閣の17人の閣僚の中に、平成11年の国旗国家法に反対票を投じた(反日思想)した議員が7名もいると指摘している。 つまり一言で言えば、日本の国旗と「君が代」斉唱を嫌う反日思想の議員が多いということになる。 …
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

これからの日本 平沼赳夫

尖閣衝突事件に関する菅内閣のていたらくのみならず、これからの日本の危機を、平沼赳夫衆議員議員が批判している動画を紹介しよう。 尖閣衝突事件の中国船の乗組員は、中国人民解放軍の工作員である可能性が高い事が判明している。また米情報筋によると中国人の船長は中国人民解放軍の海軍大佐であったという。 それにも関わらず、中国共産党に気遣…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

あっぱれ稲田朋美 気概ある大演説

2010年10月6日、176回臨時国会にて稲田朋美衆議院議員が民主党政権のていたらくを、フルボッコでたたみ掛け、タジタジの菅直人がシドロモドロの答弁をしている動画を紹介しよう。 既に多数のブロガーが紹介しているが、稲田議員は国民の不満をすべて代弁してくれて、とてもスカッとするので最後までお楽しみください。 稲田朋美 …
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

自虐史観で暴走する菅談話

8月15日の終戦記念日が近づくにつれ、毎年恒例の反日左翼マスコミによる「戦争=絶対悪」、「日本軍=侵略者」という自虐史観で日本国民を洗脳するテレビ番組がどの局でも放送され、まさに自虐史観の宴たけなわだ。 何も知らない若い世代は、「特攻隊=無駄死に」、「日本は悪い国」というイメージを過剰にインプリンティングされ、愛国心どころか反日左…
トラックバック:11
コメント:2

続きを読むread more

菅総理 「韓国クラブ・ホステスと隠し子」疑惑

菅政権発足直後に、スキャンダルが露呈した。 週刊誌にはヤラセやガセネタも多いが、「火の無い所に煙はたたず」という諺もある。 「青山繁晴氏のファンサイト」、および「日刊ケボチ」、「ねぇ知ってたぁ?」等の6月19日付のブログ記事で発見した情報だが、元ネタは週間文春のスクープ記事らしい。 女性工作員のハニー・トラップに嵌り、…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more

「救国」 全国国民総決起集会 ダイジェスト

2010年6月9日に、「頑張れ日本!救国 全国国民総決起集会」が開催された。安倍晋三元総理をはじめ、そうそうたる保守勢力のメンバーが集結したようだ。 ○ 安倍晋三 北朝鮮の拉致実行犯シンガンス(工作員)の釈放嘆願書に署名した菅直人(署名したもう1名は、法務大臣の千葉景子)、そして国旗・国家法に反対していた菅直人は確信的な左翼であ…
トラックバック:8
コメント:7

続きを読むread more

鳩山首相の落第答弁

鳩山首相は、普天間問題で福島瑞穂(帰化人)を罷免にしてとり繕い、首相の地位に居座るらしい。 普天間の問題のみならず、中国との尖閣諸島の領有権問題では、毅然とした態度をとるのではなく、「(米国は尖閣諸島の)帰属問題に関しては、日本と中国の当事者同士でしっかりと議論して、結論を見いだしてもらいたいということだと理解している」とのたまわ…
トラックバック:11
コメント:4

続きを読むread more

過去現在未来塾 講演会

以前、当ブログで「過去現在未来塾」の発足をお伝えしたが、去る10日に、発足記念講演会が東京霞ヶ関の日比谷野外音楽堂で開催され、売国・民主党政権の打倒の為、保守勢力の結集を訴えたようだ。 登壇した来賓、講師陣: 第一部 中山成彬塾長、来賓・平沼赳夫、与謝野薫、中川義雄、中山恭子、田母神俊雄、中川郁子。 第二部 中…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

新党 「たちあがれ日本」

新党「たちあがれ日本」の結成にあたり、郵政民営化の際の平沼氏と与謝野氏のポリシーの違いに違和感を感じる有権者も多いようだ。 与謝野氏との合流に関して、政治ブログ、独断偏見妄言録さんが、平沼議員に直接問い合わせを行い、平沼氏からの回答が掲載されていたので、その内容を貼り付けておこう。 売国・民主党を掲げる保守政党の誕生に期待し…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

過去現在未来塾 発足

いつも当ブログを閲覧していただいている心和(cocowa)さんから、以下のお知らせを頂きましたので告知させて頂きます。 ------------------------------------------------------------- 緊急拡散 《「過去現在未来塾」発足記念講演会》 (日比谷公園野外音楽…
トラックバック:10
コメント:3

続きを読むread more

済洲出身? 小沢一郎の怪

しばらくネット閲覧ができなかったが、久しぶりに閲覧していると、小沢一郎幹事長の出自に関する暴露記事を見つけた。 以前より、鳩山内閣(民主党、社民党など)は、韓国、朝鮮、中国に媚を売り、日本国民より特亜3国の利益を第一に考える政権であることは周知の事実だ。そしてその理由の根幹は、鳩山政権には、帰化日本人が多く、小沢一郎氏も朝鮮半島の…
トラックバック:16
コメント:15

続きを読むread more

頑張れニッポン!

去る2月2日に、詐欺政党・民主党の推進する外国人地方参政権付与法案等の「日本解体」を阻止すべく、「頑張れ日本!全国 行動委員会」が結成され、その代表には田母神俊雄前航空幕僚長が就任した。 決起集会の基調講演では、安倍晋三(元内閣総理大臣)、平沼赳夫(衆議院議員)など、層々たるメンバーが連ねている。 既に日比谷公会堂での結成大…
トラックバック:25
コメント:11

続きを読むread more

にんきもの 小沢一郎物語

小沢献金問題も宴たけなわの今日この頃、ネット上のおもしろ動画を拾ってみた。 オザワにんきものを歌ってみた http://www.youtube.com/watch?v=tWZYFlHHxrI オリジナルはこちら http://www.youtube.com/watch?v=ca8FD5nfONA …
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

急変する小沢氏の「対検察」姿勢の謎

18日に国会が開催したが、早々から献金疑惑問題で大荒れの模様だ。 ところで、この献金疑惑の渦中にある小沢氏は、最近不可解な事に、検察に対する発言が二転三転と急変しているようだ。その理由を青山繁晴氏が、1月20日のニュースDEズバリで解説したのだが、その理由に驚いた。 その理由とは、「検察最高幹部が小沢さんとツーカーだから、小…
トラックバック:15
コメント:11

続きを読むread more