テーマ:安全保障

戦うべき時に戦わない国は滅亡する

昨日の産経ニュースで、平和ボケ妄想平和主義国家日本に、渇を入れるかのような正論が掲載されていたので下方に貼り付けておこう。 ============================================================= 【正論】 明治大学名誉教授・入江隆則 日本人覚醒させる「小さな戦争」 …
トラックバック:5
コメント:7

続きを読むread more

岡田外相の愚策

昨夜、NHKのニュースを見て呆れてしまうと同時に強い憤りと日本の危機を感じた。 ニュースの内容は、「昭和47年の沖縄返還をめぐり、本来、アメリカが負担すべき基地の撤去費用を日本が肩代わりする密約が日米間で結ばれていたとされるもの・・・」という趣旨で、長時間に渡り当事者へのインタビューを行っていたのだ。 「過去の密約」の存在に…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

チャイナ・マフィアで治安崩壊

以前、「日本の裏社会 衝撃の実態」で、元公安調査庁の菅沼光弘氏が述べているように、かつての日本の裏社会、いわゆるヤクザとか街宣右翼の構成員は、同和が6割、在日韓国・北朝鮮系が3割、中国系等が1割という比率であった。 しかし最近は、中国人留学生にまぎれ、中共の工作員や中国人マフィアが犯罪目的で来日し、凶悪犯罪が増加の一途をたどってい…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

支那・朝鮮による人口侵略

東京大学元教授の酒井信彦氏による、歴史問題、そして反日教育を受けた中国人、韓国人らが日本へ移住し、容易に帰化している危険性を述べている講演動画を、 ブログ 花うさぎの「世界は腹黒い」で見つけた。 酒井氏は、 「現在の日本は、精神的な白痴国家になってしまった。」と嘆く。 政府もマスコミも国民も過去の事ばかり取り上げ、現在、…
トラックバック:13
コメント:7

続きを読むread more

大計なき国家 日本の末路

数日前、「日本とドイツの戦後を分けたもの」という番組を、ネットで見つけた。 ノンフィクション作家、クライン孝子氏を招いての討論番組であった。 前半は戦後の日本とドイツの違い、後半は今後の日本の政治問題 (民主党政権で、日本崩壊を危惧)を述べている。 前半の趣旨は、2度目の敗戦国ドイツは戦略的思考を持ち、戦勝国の横暴に対して、…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

世界で活躍 中国のスパイ

昨年、米国で中国のスパイが逮捕されたニュースを見たが、 最近、その事件のスパイが有罪判決となったらしい。 その事件を伝える、CNNの動画 ["The trouble with China"]を、 ブログ「祖国雑感」で見つけたので、下方に貼り付けておこう。 事件の概要は、米国籍を取得した中国人スパイ(航空宇宙分野のエンジニ…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

亡国 国防なき外交

今回の衆院選で、国家の根本である、「外交・安全保障の問題」が、 全く争点にならなかった事は、日本が異常な事態であると有識者は言う。 アメリカの一国支配が終わり、これから核保有国である、中国、北朝鮮、ロシア、 インドが対等し、東アジア冷戦時代に突入する最中、民主党の唱える、 「友愛外交」により、日本は完全にアジアでの経済的、政…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

世界の非常識 日本の運命

今月、原爆の日と終戦記念日を終えて、多くの日本人は、改めて核の恐ろしさと核廃絶の大切さ、戦争の悲惨さと、再び戦争をしてはならないという誓いを再確認した。 確かに、その通りだと思う。 しかし、その思いが、反日・偏向マスコミの世論操作により、「日本が永久に平和であり続ける為には、憲法9条を変更せずに、軍備を縮小し、米軍基地も撤廃する…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

民主党 安保政策原案

たった今、民主党が、安保政策原案を提示したというニュースを見つけた。 またしても、不可解で支離滅裂な売国政策のようだ。 要は、世界各国から傭兵を集め、沖縄に「国連警察隊」の本部を設置するとの事。 まだ詳細は分からないが、何故、自国の防衛を、自衛隊ではなく、 他人(国連の新組織)の意思に任せ、他国の傭兵に日本の安全保障をさ…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more